桐たんすの組み立て 神奈川県S様の和たんすを作る

今日からは神奈川県S様からご注文をいただきました和たんすの制作をお伝えします。

まずは図面を渡してこれを元に制作をしていきます。

長さ切りで木取りをそれぞれの長さや幅に切り分けていきます。

それぞれの木取り(部材)をカンナで仕上げていきます。(これは裏板をカンナで仕上げていきます)

タイコをカンナで仕上げていきます。

上板と立側のホゾを取り、留め型を使って留めをノミで作っていきます。

中棚のタイコに入る部分をケヒキで引いていきます。

上板にタイコに入る溝を溝切りカッターで掘りました。

タイコの面を面取りカンナで取っていきます。

今日の私は、またまた「柾」を切ります。明日も全力で頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル無料カタログ・プレゼント

桐の蔵の商品をいつでもどこでもゆっくりとご覧になりませんか?
桐たんすの違いや仕様まで、わかりやすく細かく説明しています。

・桐たんす・桐チェスト 全74竿掲載
・A4版 全95ページのボリューム
・豊富な写真と細かな説明でわかりやすい

お申し込み後、1週間ほどでお届けいたします。
ぜひ、あなた様の桐たんす選びにご活用して下さい。


無料カタログ請求

コメントを残す

*