静岡県N様の和たんすを制作する5

静岡県N様から御注文頂きました和たんすの制作ですが、下台の立側と地板のホゾを組んでいきます。ホゾとホゾを組み、打ち当てを当てて叩きながらホゾを組んでいきます。

下台の裏板を木釘で打つ前に、釘を打つ位置をあらかじめ、鉛筆で印を付けていきます。

下台を固めて、立側をカンナで仕上げていきます。

下台と台輪を繋ぐ「足」の部分を作っています。

予報通り今日は雪。一時、結構激しく降っていました。明日は積もるのでしょうか・・・。

静岡県N様の和たんすを制作する4

静岡県N様から御注文頂きました和たんすの制作ですが、棚板の前の部分を面取りカンナで面を取っていきます。

ホゾを取った上板。タイコが入る溝を掘っています。

中棚とゲス板にツカを立てます。そしてその前面をカンナで仕上げています。

その中棚とゲス板をタイコに組み入れて固めていきます。

そしてタイコを上台の立側に組み入れ、長ハタガネとシャコ万で固めていきます。

今日は曇りから雨へ。そして明日からは大雪とか・・・。

静岡県N様の和たんすを制作する3

静岡県N様から御注文頂きました和たんすの制作ですが、タイコのサンをカンナで仕上げ、角を斜めに削っています。

タイコに中棚が入る溝を掘ります。

タイコにサンを打っていきますが、タイコのサンの幅をカンナで微調整しながら合わせていきます。

タイコのサンを木釘で打って止めていきます。

下台の立側に棚板が入る溝を掘り、ノミできれいに取っていきます。

お正月休み明けの数日間でしたが、明日からまた3連休。やっと慣れてきたのにまたお休みです。

静岡県N様の和たんすを制作する2

静岡県N様から御注文頂きました和たんすの制作ですが、地板の立側に入る部分をケヒキで取っています。

ケヒキで取った部分を、地板に線を引いていきます。

立側の地板が入る部分をノミで取っていきます。

地板が入る部分をきれいに取り除いた立側の上台

タイコをカンナで仕上げていきます。

加茂周辺は昨日、今日と雪が降りませんが、東京は雪とか。気を付けてお過ごし下さい。

静岡県N様の和たんすを制作する

新年最初の桐たんすの制作は、静岡県N様から御注文頂きました和たんすの制作をお伝えします。

まずは、図面を渡して、この図面一枚で和たんすを制作していきます。

木取り(部材)を出して、長さ切りでそれぞれの長さ、幅に切り分けていきます。

各部材をカンナで仕上げていきます。

上板、地板、立側のホゾを取り、留めを留め型を当てながら、ノミで作っていきます。

小箱作っています。

今日から仕事始め。以外にも加茂市周辺は雪が少なく、今のところは助かっています。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年はお世話になりまして、ありがとうございました。

今年も宜しくお願い致します。

今年の加茂市は、思ったほどの雪もなく、比較的、穏やかな新年を迎えました。

毎年の恒例として、子供たちが書いた書初めを掛け軸として掛け、新しい年を迎えました。

初詣は弥彦神社へ。

行列になる前の早い時間に行き、おみくじを引き今年一年の運勢を占います。今年も「小吉」

私にはこれくらいが丁度いいかも。

そして、神主様に桐の蔵の工場に来ていただき、新年のお祓いをしてもらい今年一年がスタートしました。

どうぞ、今年も一年、宜しくお願い致します。

今年一年、ありがとうございました。

新型コロナの影響は今年も続き、緊張と我慢の一年だったと感じています。

桐の蔵の展示会も二年間中止せざるを得なく、多くのお客様にご迷惑をおかけ致しました。

しかし、そんな中でも全国各地からご注文を頂き、今年は「長崎県」、「山口県」、「和歌山県」など、

遠方まで桐たんすをお届けさせていただきました。

このコロナ禍の中でも、私達、桐の蔵の桐たんすをご支持頂き、心待ちにしておられるお客様が、全国各地にいらっしゃる事、本当にありがたく「感謝」の一言に尽きる一年でした。

2022年も皆様にとりまして良い年でありますよう、桐の蔵・職人一同、心からお祈り致します。

良いお年をお迎えください。

新潟市まで桐たんすのお届けでした。

今日は新潟市まで桐箪笥のお届けに行って来ました。

お届けさせていただいたのは、再生タンスです。

以前、整理たんすをお求めいただき、その後、古い桐たんすの修理のご依頼を頂きました。鉄金具がたくさんついた時代たんすです。

チョコレート色に仕上げ、金具もさびを落とし再塗装して仕上げました。

少々、大変な仕事でしたがきれいに仕上がりました。T様、ありがとうございました。

これで今年の桐たんすのお届けは全て終わりました。本当にありがとうございました。

東京まで桐たんすのお届けでした。

昨日は、東京と埼玉県まで桐箪笥のお届けに行って来ました。

天気予報では、昨日から大雪の予報でしたが、行も帰りも幸いにして大雪に見舞われずに行ってくることが出来ました。

一軒目は、東京のK様。再生たんすのお届けでした。写真右の家具のような色合いにしてほしいとの事で、同じようなカラーリングに。二つ重ねの和たんすを分けてお使いになり、下台には4本脚を取り付けました。

K様、ありがとうございました。

二軒目は埼玉県まで。大丸の和たんすのお届けでした。今年は、この大丸の桐たんすが人気で、本当にたくさんのご注文を頂きました。とても素晴らしい大きなご自宅に、ピッタリと収まりました。

M様、ありがとうございました。

関東地方は快晴!

関越トンネルを抜けると、そこは雪。

今日も外は雪。ここからはずっと雪の予報です。

東京都Y様の整理たんすを制作する3

東京都Y様から御注文頂きました整理たんすの制作ですが、本体を固めていきます。

立側と上板を組み、地板を入れ込んで長ハタガネで締めていきます。

裏板を木釘で打つ前に、棚板が平らになっているかを定規を当てて確かめています。

棚板の後ろに風穴を開けます。

長ハタガネで締めながら裏板を木釘で打って止めていきます。

本体を固めたら、上板の両角をカンナで丸く削っていきます。

今日はクリスマス・イヴ。明日から新潟県は大雪とか・・・。