長崎県Y様の整理たんすを制作する4

長崎県Y様からご注文頂きました桐たんすの制作ですが、桐たんす本体の立側に、棚板が入る溝を掘り込み

ました。

棚板にツカを立てるため、棚板の上からツカに木釘を打って止めてきます。

立側に棚板が入る溝を掘り、ノミできれいに取っていきます。

整理たんす本体を固めていきます。

立側から棚板に向かって木釘を打って止めていきます。

長崎県Y様の整理たんすを制作する3

長崎県Y様からご注文頂きました整理たんすの制作ですが、上板の前の部分にケヒキで線を引いていきます。

棚板の立側に入る部分をノミで取って作っていきます。

上板にツカの入る溝を、溝堀カッターで掘っていきます。

定規に当てながら、溝堀カッターで掘っていきます。

ツカを棚板に立てていきます。

今日は晴れ!来週からは雨が続き、気温もぐっと下がって来るらしいです。

長崎県Y様の整理たんすを制作する2

長崎県Y様からご注文頂きました整理たんすの制作ですが、上板のホゾの部分を、玄翁で叩いて、木殺しをしていきます。(ホゾとホゾが組合やすく、かつ、組んだ時に抜けにくくするために木殺しを行います)

地板の全面を、面取りカンナで面を取っていきます。

小箱を付けるため、胴付きノコで、切っていきます。

立側の内側に、棚板の溝を掘るため、シラガキで溝の位置を印を付けて行きます。

昨日からの雨も上がり、少しの間、晴れ間も覗きました。明日も晴れそうです。

長崎県Y様の整理たんすを制作する。

今日からは長崎県Y様からご注文頂きました整理たんすの制作をお伝えさせていただきます。Y様からは、お嬢様のご結婚に際しまして、小袖の整理たんすと胴丸の和たんすのご注文を頂きました。Y様、ありがとうございます。

まずは図面を渡して、この図面1枚で整理たんすを制作していきます。

木取り(部材)を出し、長さ切りでそれぞれの部材を、各々の長さ、幅に切り分けていきます。

部材(棚板)をカンナで仕上げていくと同時に、平らになっているかを定規を当てて確認していきます。

棚板をカンナで仕上げていきます。

ホゾを取った地板。

昨晩からの雨が午前中に止みました。今週末は再び雨で、一気に寒くなるとか・・・。

新潟市F様の桐チェストを作る7

新潟市F様から御注文いただきました桐チェストの制作ですが、引出しをカンナで削り、調整しながら本体に入れていきます。

カンナで削っては入れて確認し、また少し削って入れて確認する。を何度も繰り返して、引出しを入れると他の引出がすーーっと出てくるような気密性の高い、引出しになります。

引出しをひっくり返して中に台を入れ、引出しの底板をカンナで仕上げていきます。

生地が完成し、塗装と金具付けを行って完成しました。今回のF様のこだわりが詰まった桐チェストになりました。今週末、お届けとなります。F様、ありがとうございます。

新潟市F様の桐チェストを作る6

新潟市F様から御注文いただきました桐チェストの制作ですが、本体を横に寝かせ、立側をカンナで一気に仕上げていきます。

本体の四隅の角を、カンナで丸く仕上げていきます。

引き出し周りに入って行きます。引出しのカガミ板(前板)を仕込んでいます。仕込むとは、引出が入る場所にカガミ板を当て、隙間なくぴっちりと入るようにすることを「仕込む」と言います。

引出しの底板を木釘で打って止めていきます。底板の木目が美しいです。

大引き出しの先板をカンナで仕上げていきます。

昨日のバタバタがやっと落ち着いた感じです。明日は週末です。

新潟市F様の桐チェストを作る5

新潟市F様から御注文頂きました桐チェストの制作ですが、引出しのカガミ板の丸の部分をノミで取っていきます。

引出しのカガミ板(前板)を仕込んでいます。仕込むとは、引出が入る場所にぴったりと引出が収まるように隙間なく入れるための作業を「仕込む」といいます。

引出しの枠をホゾ組と木釘で固めていきます。

大引き出しの枠を木釘で固めていきます。

引出しの枠を先に固めます。

今日はバタバタとした一日でした。F様、もうすぐ完成です。

新潟市F様の桐チェストを作る4

新潟市F様から御注文いただきました桐チェストの制作ですが、本体が組み上がり、棚板の風穴を開けていきます。

桐チェストの裏板を木釘で打って止めていきます。

引出しの底板をカンナで仕上げていきます。

本体の裏板を木釘で打ったら、四方の角をカンナで丸く仕上げていきます。

今日は、昨日よりだいぶ気温が下がり、平年並みに戻りました。これから秋が深まっていきます。

新潟市F様の桐チェストを作る3

新潟市F様から御注文いただきました桐チェストの制作ですが、立側の内側に、棚板が入る溝を溝堀カッターで掘っていき、ノミできれいに取っていきます。

棚板にツカを立てていきます。

棚板の上からツカに木釘を打ってツカを止めていきます。

立側に棚板とツカを入れ込んで本体を固めていきます。

桐チェストの本体が組み上がりました。ツカはハタガネで固定して、少しの間、置いておきます。

今日はすがすがしい天気でした。でも、ホント、日が短くなりましたね。

新潟市F様の桐チェストを作る2

新潟市F様から御注文いただきました桐チェストの制作ですが、ツカに棚板を入れるので、寸法を測っています。

ホゾを取った立側。

棚板に小引き出しの寸法を測っています。

小引き出しの棚板にケヒキで入りの部分を取っています。

今日は予想気温が30度とか。もう10月なのになかなか涼しくなりませんね。