桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その7

先週は、胴丸小袖たんすの引出し周り、衣装盆、小引き出し、引出しを組み立て、底板を打つ所までをお伝えしました。


先週は、底板を打つ所までをお伝えしました。

今日は、その続きです。引出しは底板を打ったら、次は底板、先板、ホテ板の順に仕上げカンナを掛けていきます。ホテ板は、引出しがスムーズに入るように削りながらも、入れては抜き、入れては抜きをしながら、きつくもなく、ガホ(ガホガホ)でもなく、丁度いい具合に入るように、細心の注意を払いながら、何度も出して入れを繰り返して、引出しを入れていきます。


引出しを出し入れしながら、入れていきます。

そして引き出しが入ったら、「こま」と呼ぶ、引出しを入れた際に、裏板に直接当たらないようにする、桐の小さなあてがいを入れてやるのです。それも、きちんと引出しの前面と総面取りの面を取った所とが、ピッタリと合うように「こま」の厚みを計算して引出しの奥に「こま」を付けるのです。


引出しの奥に「こま」をあてがいます。

その後は、観音開きの扉に移ります。扉は、予め入る場所のサイズを図り、それよりも少し余裕を持って、長さ、幅を切ります。そこからは、手かんなで、隙間がないくらいにピッタリと、克つ、スムーズに開け締め出来るように、観音開きの扉を仕込みます。

引き出しも観音開きの扉もそうですが、「はがき一枚の厚さ」が入らないくらいを目安に仕込むのです。そうすると、引出しを一つ入れると、もう一つの引出しが出てくるような、気密性の高い、引出しになるのです。

観音開きの仕込みが終われば、最終的に仕上げカンナで仕上げて観音開きは終わります。


手カンナで観音開きの扉を仕上げます。

衣装盆(丸盆)は、底板を打ち、ハタガネでまとめたら、外側の丸も手カンナで仕上げて、それと同時に、丸盆のカガミ(前)と先(後ろ)ホテ、両側の板を手カンナで仕上げます。

それが終われば、丸盆の上面をルーターで丸く面を取ります。その後、全て水を拭き、桐を増やさせてから、仕上げにペーパーと呼ぶ「紙やすり」を手で掛けて、丸盆の全ての上面を、きれいに丸くしていきます。


丸盆の丸面をペーパーで仕上げます。

そこまで来れば、木地が完成間近。観音開きの扉に召し合せ(扉が合わさるところに定規を召し合せと呼びます)を取り付け、その糊が乾けば木地が完成です。その後は、塗と金具付けの作業のため、塗装職人、石山君に渡します。


木地が完成しました。この後、塗りの工程に入ります。

新潟市までお届けでした。

今日、明日は工場はお休みですが、今日は新潟市まで再生たんすのお届けに行ってきました。

今朝、工場へ行く道中、対向車が雪を屋根に積んで走ってくるのです。まだ、この辺りは雪は降っておらず、ん?どこから来たんだろう?と思っていましたが、朝、奥様から電話で、「長女が新潟市内が雪が積もってるから、スノーブラシ(車の雪を落とすブラシ)持ってきて!との電話が来たとのこと。

えーーー!でした。

昨年、5月にお引取りをさせて頂いた桐たんすですが、ご自宅をご新築のため、今日までお預かりさせていただき、ご新築なので何かあったら困ると思い、奥様にも手伝っていただき、2人でお届けに行ってきました。

新潟市に近づくにつれ、道路脇には雪が積り、その量は段々と増えていきます。ホント、新潟市は結構な積雪でした。
でも、そんな中、無事にご新築の素敵なご自宅に、再生たんす2本と小たんすをお届けさせていただきました。T様、お世話になりましてありがとうございました。


茶色のオイルで仕上げた再生した桐たんす。


焦げ茶色のオイルで仕上げた小たんす。白い壁と合って渋いです。

帰りには、長女のパン屋さんに顔を出し、スノーブラシを渡して帰路につきました。今晩も新潟は雪の予報。明日、起きると白くなっているかも知れません。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その6

昨日は、胴丸小袖たんすの、引出しを仕込み、衣装盆(丸盆)をチューブで固定したところまでをお伝えしましたが、今日は、その先の引出しを組んでいき、丸盆もその先の作業を行っていきます。


丸盆をチューブで固定しました。

まずは、仕込んだ引出しの先板とホテ板の組み立を作ります。昇降盤でホゾ組を取るための切り込みを入れます。そして、カガミ板は、蟻組を取ります。(現在は、蟻組は機械で取ります)


先板、ホテ板は、ホゾ組で、カガミ板は蟻組です。

その後は、引出しを組んでいきます。カガミ板、ホテ板、先板に接着剤を付け、蟻組、ホゾ組のところに入れ込んでいきます。このときは、手で軽く叩き、その後は、打ち当てと呼ぶ、当て木を当てて、その上から叩いていきます。
打ち当てを当てないで、玄能のまま叩くと、傷になりますし、均等に蟻組、ホゾ組に入っていきません。


引出しを組んでいきます。


打ち当てでしっかりと入れていきます。

その後は、引出しの底板を木釘で打っていきます。底板を打つ木釘は、1寸5分(約45mm)でドリルで穴を開けながら、木釘を入れて玄能で叩いていきます。


底板を木釘で打っていきます。

衣装盆(丸盆)は、内側の丸を付けて、その糊が乾くまでは、ストーブの近くにおいて糊が乾くのを待ちます。その後は、衣装盆(丸盆)の底板を木釘で打っていきます。


丸盆の糊をストーブの近くにおいて乾かします。

衣装盆(丸盆)は、底板を木釘で打ったら、全てまとめてハタガネで締めて、一緒にカンナを掛けて仕上げます。こうすると、衣装盆の仕上がりのバラツキもなく、同じ大きさで仕上がるのです。


丸盆は、ハタガネで固定して、一度に仕上げます。

こうして、引出し、観音開きの中の小引き出し、衣装盆の組み立て、底板を打ち終えました。この後は、衣装盆(丸盆)を仕上げ、引出しはスムーズに出し入れできるように仕上げでいく工程ですが、今日はここまで。

明日、明後日は工場はお休み。就業前にはきちんと掃除をして、一週間の仕事を終えます。一週間、お疲れ様でした。来週も全力で頑張ります。


終業時間間近、職人鈴木の向こうで、掃除をする奥様。一週間、お疲れ様でした。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その5

昨日は、小袖胴丸の和たんすの立側(本体)が立ち、次に引出し周りに入っていくところまでをお伝えしましたが、今日は、引出しと衣装盆を作っていく工程です。


引出しと衣装盆の木取りです。

まずは、引出しの木取りから各々の部材をそれぞれの長さに切り、その後は、カンナ掛けです。引出しの底板、衣装盆の底板、先板、ホテ板、そしてカガミ板の内側に入るところをすべて、カンナを掛けて仕上げます。(組んでしまうと内側はカンナが掛けられないですから)


引出し周りの木取りの部材を切ります。

その後は、引出しのカガミ板を仕込んでいきます。「仕込む」とは、引出しが入る所に、カガミ板を当てて、隙間がない位に、引出しがしっかりと入るように合わせていくことを「仕込む」と言います。カガミ板を結構、キツめに入れながら入る場所に合わせていきます。


カガミ板を引き出しが入る場所に当てながら、仕込んでいきます。


カガミ板の幅を引出しの幅に当てながら、墨をしています。

その後は、引出しには行かず、衣装盆に入ります。今回は「丸盆」ですので、接着に時間がかかるため、乾く時間を計算して、引出しのカガミを仕込んだら、衣装盆に行きます。

「丸盆」とは、全てにおいて丸く作られている衣装盆のことを「丸盆」と呼びます。衣装盆は、大きく分けると「丸盆」と「ヘギ」(角盆とも呼びます)、板盆や、前くくり盆などがありますが、多くは、「丸盆」や「ヘギ」(角盆)が一般的です。


外側、内側、上面、全てが丸く作られる丸盆です。

角盆は、外側が角、上面は平ら、内側のみ丸(弊社の場合)に対して、丸盆は、外側、内側、上面すべてが丸く作られている衣装盆です。また、塗装も、ヘギ(角盆)は、前面のみ塗装するのに対して、丸盆は四方全部塗装するので、手間がかかっており、価格もワンランク上の衣装盆です。

まずは、昇降盤で衣装盆のカガミ板、先板、ホテ板を留めに切ります。その後、底板が入る部分をカキます。そして、接着剤を付けて、衣装盆を接着しますが、このときは、弊社では昔から自転車のチューブを使って丸盆を留めに接着していきます。
自転車のチューブはちょうど良く伸びてくれ、縮む作用もあり、丸盆を接着するのにはうってつけの素材です。


留めで合わせた丸盆。美しいです。


留めの部分に接着剤を付け、チューブを回して固定します。

一枚ずつ、チューブで接着すると、留め(45度に合わせること)の部分から接着剤がはみ出ますので、それを刷毛で拭いて、きれいにするのも忘れてはいけません。


接着剤がはみ出たら、刷毛でしっかり拭き取ります。

丸盆のカガミ板、先板、ホテ板、全てにおいて「細かい柾目」を使っていますので、高級感も漂います。今回のご注文は、丸盆が8枚ですので、8枚しっかりとチューブで接着し、今日はこれまで。


8枚の丸盆をチューブで固定しました。積む姿も美しいです。

明日も、全力で頑張ります。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その4

昨日は、福井県T様からご注文いただきました、胴丸の小袖たんすの立側を立てて、裏板を打つところまでをお伝えいたしました。

今日は、裏板を仕上げて重ねの朴の木を打ちます。胴丸という形は、重なる部分に立側と同じように丸くした、朴の木を打ちます。その後は、昨日、切り組み始めた「台輪」を作っていきます。


上台をひっくり返して、地板に朴の木を接着しています。

台輪も立側と同じように、丸く面を取って、台の下の部分に、面を取った朴の木を打ちます。少しばかり強度も増し、畳擦りという意味合いも込めて、桐よりも強度のある朴の木を台の下の部分に持ってきます。


胴丸の台輪に朴の木を打っていきます。

そうこうしている内に、上台の下に付けた重ねの朴の木の接着が乾き、最終的に立側(本体)が完成してきました。ここまでで、やっと立側が完成するのですが、ここで、胴丸の上と下に「胴巻き」と呼ぶ柾板を立側の周りに巻いていくのですが、これも結構な熟練した技術が要ります。


上台の上板に胴巻きを巻きます。


下台の地板にも胴巻きを巻きます。

10月4日のブログ「桐を曲げる」に、動画も交えてアップしていますので、胴巻きを付ける様子を御覧ください。

胴巻きは、接着剤と長バタ(長いハタガネ)、シャコ万(クランプ)で付けていくので、接着剤が乾くまでに時間がかかります。その間に、引出し周りに入っていきます。


引出し周りの木取りです。


引出し周りの各々の部材の長さを切っていきます。

引出し周り、衣装盆の材料などの木取りを出して、長さ切りで各々の寸法に切って行くのですが、今日はここまで。立側が立ち、引出し周りに入っていく段階ではっと半分。完成まで、まだまだ時間がかかりますが、明日も全力で頑張ります。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その3

先週末は、胴丸小袖たんすの立側を立て始めたところまでで終わりましたが、今日は、下台の立側を立てて行くところから始めます。


下台の立側に重ね板を乗せて、長バタで止め、木釘で重ね板を打っていきます。

今回の小袖たんすの下台は、引出し一段のみの小さな下台です。小さな立側を立てて、重ね板を木釘で打ちます。その後は、地板を接着剤で付けて、下台の立側を立てます。

そして、上台、下台の立側が立ったら、裏板を打っていきます。観音開きの上台は高さがあるので、長バタ(長いハタガネ)でしっかりと裏板を止めながら、木釘で打っていきます。打つ木釘は1寸5分(約45mm)の長さ。裏板は面積が広いので、結構な数の木釘を打ち、裏板を止めていきます。


長バタで裏板を止めながら、木釘で裏板を打っていきます。

上台、下台の裏板を打ち終えたら、上板を接着剤で付けて、乾くまで、長いハタガネと、シャコ万(クランプ)締めて乾燥を待ちます。乾燥を待つ間は、本体が乗る「台」(正式には台輪と呼びます)を作ります。


長バタとシャコ万で上板を止めながら、乾くまで待ちます。

今回のたんすは、「胴丸」と呼ぶ、本体が丸く面を取ってある桐たんすですので、台輪も本体に習って、丸くなります。丸くなる部分には、面木を貼って、丸みを作るようにします。


本体が乗る台輪を作ります。


丸くなる部分に面木を当て、丸くします。

そうこうしていると、立側の接着も乾き、立側を仕上げていく作業に入ります。立側本体は、2つに分かれる2つ重ねですので、重なってもピッタリと重なるように、軽い下台を上に乗せて、上下逆さまにして状態で、仕上げていきます。


今回は、上下逆にして、立側を仕上げていきます。

横から見るとよく分かるのですが、どこから重なっているのか、ぴったりすぎて分かりません。そのくらい、ピッタリと重なるように仕上げていきます。本体を仕上げたら、上下をばらして、下台の重ね板を仕上げていきます。


下台の重ね板を仕上げていきます。

そして、裏板を仕上げていきます。最終的には、長いハタガネで再び重ね合わせて、本体の胴丸の丸みをカンナで取り、本体の胴丸の丸みを作ります。


上台の裏板を仕上げていきます。


本体両側を丸く仕上げた「胴丸」の立側。上下分かれるのですが、分かれ目がどこなのか分からないくらいピッタリです。

今日はここまで。
ここまで簡単に写真と言葉で説明してきましたが、これ以上に説明していない工程も多く、時間も見ていただく以上に、かなりかかっています。

そんな桐たんすづくりの工程ブログですが、お客様に実際に見ていただけていると、本当に嬉しくなります。もっと、詳細にお伝えしたいのですが、いかんせん、私も仕事をしながらなので、これが限界。

明日も、全力で頑張ります。

東京まで桐たんすのお届けでした。

週末の新潟は、この季節にはまれな位の晴れ間が覗き、うってつけのタイヤ交換日和。この晴れ間を逃すまいと、私、奥様、娘2人の車、合計4台のタイヤ交換を終え、腰に湿布を貼っている私です。

そんな中、今日は東京まで桐たんすのお届けに行ってきました。起床は午前5時。言わずとも辺りは真っ暗。工場で弟と合流し、6時前に一路、東京へ向けて出発です。

今回は雪もなく順調に走り、鶴ヶ島から圏央道に入り、東名に合流し大井松田で降ります。そこから小田原市に入り、一軒目のお客様のご自宅へ。先回、渋滞にはまり、お届けすることが出来なかった、再生たんすを2本セットでお届けさせていただきました。H様、いろいろとお世話になりありがとうございました。


再生して新しくなった桐たんすです。

その後は、再び東名に乗りを都内へ向けて走ります。2軒目のお客様は、池尻の立派なマンションへのお届けでした。
古い桐たんすの上台だけの再生の依頼でした。天然オイル仕上げで素敵に仕上がりました。S様、ありがとうございました。


素敵なマンションの玄関に置かれた再生した桐たんす。

その後は、数キロ離れた渋谷区富ケ谷へ。今日、最後のお客様は、素敵なマンションの一室に、ブラックチェストをお届けさせていただきました。別注のチェストが完成していくブログもご覧になっていていただき、「もしかして私のかも?」と思ってくれていたそうで、嬉しかったです。S様、本当にありがとうございました。


素敵なマンションの一室に置かれたブラックのチェスト。ホント、素敵なマンションでした。

その後は、都内で用事を足し、夕方、帰路につきました。今日の東京は、曇っていましたが、時折雨がちらつきましたが、暖かな天気でした。帰りの湯沢周辺も、雪はなく、今年は暖冬なのか?と思わせますが、予報では今週末は雪。暖冬予想でも、やはり雪は降ります。

明日からは現場で仕事が待っています。明日も全力で頑張ります。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る その2

昨日は、福井県からご注文いただきましたT様の和たんすの組み立てを、「タイコ」「ゲス板」のところまでをお伝えしましたが、今日は、早くも立側(本体)を立てていくところに入ります。


昨日立てた、中棚、ゲス板、ツカ

タイコ(観音開きの中にある、衣装盆を支えている左右両側の板)には、衣装盆が入るタイコのサンというものを付けるのですが、写真が撮れず。

そして、「隠し箱」という、桐たんすにはどこぞに「隠し箱」や「隠し鍵」が潜んでいます。これは、隠し箱の写真ですが、一枚の板をくり抜き、そのくり抜いた板がフタになります。


一枚の板をくり抜き、隠しはこのフタにします。

そのくり抜いた板の下に、箱を取り付け、フタをきちんと乗せると、隠し箱が完成します。ここではどこの場所にあるのかは、説明しませんが、桐たんす職人の遊びココロと、桐たんすは火事になっても燃えにくいとの、性質をうまく兼ね備えた機能です。


くり抜いた板の下に箱を付けます。

その後、昨日、組み立てておいた、タイコ、ゲス板、ツカと今日は、それから進み、タイコ、ゲス板、ツカ、立側(左右)、上板、地板を組み合わせて、上台と下台を組み立てていく工程です。


タイコ、ゲス板、中棚、ツカを組み立てます。

このたんすの形は、「胴丸」という形なので、本体と上板は「ホゾ組」ではありません。立側(本体)の上に、上板が乗る形で組み立てていきます。タイコに中棚(ツカとゲス板がセットになった)を合わせていきます。(本体に入り込む中身です)

その後、本体にこのセットを入れ込んでいくのですが、ここがとても大切で、しっかりと離れないように接着しつつ、シャコ万(クランプ)でしっかりと止めていきます。そして本体と上板を一緒にシャコ万(くらんぷで)で止めていきます。
その後は、下台にかかります。


シャコ万でしっかりと止めていきます。

今回は、2つ重ねの和たんす。上台は、観音開きのみで、下台は引出し一段のみ。高さを抑えた、小袖たんすと呼ぶ桐たんすです。

その下台は、引出し一段ですから、小さな立側と上板(重ね板)、地板の組み合わせです。立側(本体)に上板(といってもここは重なる所の板です)通称「重ね」と呼びます。重ねを止めるるため、木釘で打っていきます。この木釘は3寸(約9cm)を使います。そして地板を接着で止めていきます。


下台に、木釘で止めていきます。


木釘は3寸。しっかりと打っていきます。

今の季節、気温が低いので、接着剤の乾きが悪く、ストーブの近くに置いて(あまり近くですと、熱で反ったりするので微妙に離します)時間をかけて乾かします。

その間は、段取りで他の作業に入るのですが、今日はここまで。立側が立ち始めると、本番モードで気合が入ります。明日からは12月。天気予報も雪のマークが出てきました。明日はタイヤを交換し、雪に備えます。

桐たんすの組み立て 福井県T様の和たんすを作る 

今日からは、福井県からご注文いただきましたT様の和たんす(胴丸の小袖たんす)の組み立てです。ご注文頂いてから、数週間かけて木取り(部材)を作ってきましたので、今日からは、その部材(パーツ)を使って、組み立てていく作業です。


図面と木取り(部材)一式です。

まずは、図面と部材を一式揃えて、長さ切りで各々の部材を寸法通りに切っていきます。本体の立側には、定規があり、その定規に合わせて立側は切っていきます。


長さ切りで、各部材を切っていきます。

すべてを切り終えたら、その次はカンナ掛けです。切りそろえた部材の一つ一つをカンナを掛けて仕上げていきます。(すべて内側になるところにカンナを掛けます)


裏板の内側になる方をカンナで仕上げます。

そうしてら次に、本体の切り組みです。まずは、上台の地板の入るところを作っていきます。昇降盤で切組を入れたところに、ノミで取っていきます。この部分も、隙間な開かないように細心の注意をしながら、ノミを使います。


本体上台の地板の入る部分を、ノミで取っていきます。

その後は、「タイコ」の入る部分を本体に写していきます。「タイコ」とは、観音開きの中にある、衣装盆を支えている左右両側の板を通称「タイコ」と呼びます。なぜ「タイコ」なのか、私も詳しくは分かりませんが、確か、修行先の和歌山県でも「タイコ」だったような・・・定かではありません。


本体にタイコの幅を写します。

タイコには、中棚と呼ぶ、棚板が2枚入ります。その2枚の中棚が入る事によって、たんすが「かしがらないような」役目も果たしています。その中棚が入る部分に溝を彫ります。


タイコに中棚が入る溝を彫っていきます。

そして次に、観音開きの中に小引き出しが入るのですが、その部分を作っていきます。中棚と「ゲス板」、そしてツカを組み立てます。「ゲス板」とは、地板の上に直接、引出しは乗らないので、一枚、薄い板を敷いて、その上に引出しを乗せるのですが、その敷く板を「ゲス板」と呼ぶのです。


中棚とゲス板、ツカを組み立てます。

今日は、桐たんす業界の専門用語がたくさん出てきましたが、これも地域によっては呼び方も変わってきます。その呼び方だけでも、なぜなんだろう?と興味を持ってしまいます。

写真ではあっという間ですが、実際はここまでで、結構な時間がかかってるので、今日はここまで。明日も、全力で頑張ります。

桐たんすの組み立て 新潟県M様の桐小たんすを作る その3

昨日は、新潟県M様の小たんすの制作ですが、気づいたときには立側(本体)が出来上がっており、引出し周りに入っていた事をお伝えしましたが、今日も、出たり入ったりの状態で、気づいたときには、M様の小たんすは完成しておりました。「時すでに遅し」とは、この事で、今回の小たんすの制作は、ほとんどお伝えすることが出来ませんでした。


気づいたときには、すでに完成していたM様の小たんす

いやはや、小たんすと言えども制作の展開が早く、写真が追いつけない状況と、2日間、出たり入ったりの状態では、何も為す術なしでした。

明日からは、また、新しいお客様の制作に入ります。私も、全力で頑張ります。