2009年 6月 の投稿一覧

半年が過ぎました・・・。

    雨のち曇り。      以外と涼しかったです。

九州地方は、記録的な大雨が続いているようです。
被害は大丈夫でしょうか?

新潟県は、梅雨に入っているものの、今年は、何だか
雨が少ないようです。
昨晩から、少しづつ雨が降り、今朝も、雨が残って
いたのですが、どうも長続きしないのが今年の
傾向のようです。

日常生活上は、雨が降らないのはいいのですが、
仕事上、桐の板の渋が雨で流されないのが、ホント
心配です。
少しは、雨が続いて欲しい。そんな心境です。

で、今日で、早いもので今年も半分が過ぎました。
毎年の事ですが、時日が経つのは、ホント、早いものです。

明日からは、もう、7月です。
今年も、後半戦の始まりです。
さあ、頑張って行きましょう!!!

まだまだ、長い道のりです・・・。

     暑い!!  毎日が30度を越えています。梅雨は?・・・。

この週末は、私も嫁さんも、ホント待ちに待っていたと言うか、
何とか?なるだろう?と、思っていた、長男いさみのサッカーの
試合が土日の2日間あった。

ここで何度も書いてきたのですが、試合中に競り合い
救急車で病院に運ばれてから、もう、一ヶ月以上が過ぎ、
先週の期末テスト休みで、何とか休養し、テスト休み明けには
部活動にも復帰できたはずなのですが・・・。

昨日の土曜日。
はるばる、1時間以上もかけて新潟県・新発田市まで応援に
行ったら、練習中なのに何だか様子がおかしい。

12番のユニホームを着て、ビブスを付けているにも関わらず、
練習に混じっていないのです。

嫁さんと2人で「どうしたんだろう?」
「また、痛みが出たのかも?」と、いろいろな
不安がよぎった。

それなのに、Aチームの試合が終わり、Bチームの試合が
始ったら、出ているのです。いさみが・・・。

帰ってきて、嫁さんが聞いたところ、「練習中に痛みが出た」
との事で、休んでいたら楽になってB戦に出れたみたい。

でも、やはり、まだ無理でした。
試合中の最初は良かったものの、最後には、また、痛みが
出たとの事。

帰宅してからは、また、元の痛みの頃に戻ったみたいでした。
で、今日の試合は、当然ながら見学に・・・。

先日、診てもらっているカイロの先生から、「骨に異常があるかも・・・」
と言われたのでした。
一ヶ月以上経っても、痛みが消えない。
「もう一度、病院でMRIを撮ってもらった方がいいかも・・・」と。

明日、もう一度、専門の病院へ行ってきます。
正直、本人も、我々も、ここまで長引くとは思っても
いませんでした。

まだまだ、復帰までの長い道のりのが続きそうです。
明日からは、長男いさみの復帰までの第2ラウンドの
始まりです。

気温30度オーバーの影響は・・・。

   晴れ。   いやーーー暑い!!

梅雨入りしたのに、新潟県は、なぜか?雨が降らない!
天気予報を見ていると、新潟県はこの先も、ずーーーーと、
晴れの日が続くみたい。

他の地域は、結構、雨が降っているようですが・・・。
この梅雨の時期に雨が降らないと、たんす屋さんは、
結構、辛い。

春先に仕入れた桐材は、この時期の雨で、
桐の渋を洗い流すのが、基本ですから。
まずは、それが、本当に心配です。

そして、今日は、午後からは工房の二階は
気温が30度を越えた。(みたい・・・)

で、その影響が、弟の仕事である古い桐たんすの
修理・再生の仕事に出た。

古い桐たんすは、所々、板が割れているのです。
その場所を、一つ一つ、桐で埋めていくのですが、
気温が高いと、埋めた後から、「パキ!!」って、
また、割れていくのです。

隣りで仕事をしている職人・小池さんは、
「今日だけでも、何回、割れたかな?」と言うくらい。
ホント、せっかく直したのに、また?って感じだろう。

古い桐たんすは、余計に乾燥しているから、
少し暑くても、割れやすいのです。

これからの季節は、修理にとっては、辛い季節ですね。
でも、一生懸命、直しますよ!!

暑さになんて、負けていられませんから!!

初めてのカイロ体験。

   雨、のち、晴れ。    でも、たんす屋としては雨降って欲しい。

長男いさみが、サッカーの試合で腰を痛めてから
早いもので一ヶ月が過ぎる。
その間、親も子も、何とか早く治して現役に復帰して欲しい!
との思いの元、整骨院ヤ、カイロプラクティックに通っている事を、
先日、ここでも書かせてもらった。

で、そのカイロプラクティックが、思いの他良かったらしく
嫁さんが、私に言う。

「お父さんの腰も、先生に見てもらう?」と・・・。

実は、私、数年前に「ギックリ腰」を出してから、
ずーーーーと、腰の調子が悪い。
整形外科に行ったら、「ヘルニヤ一歩手前ですね」とまで、
言われてしまうありさま。

そんな状態のまま、騙し騙し、今まで過ごしてきた。
そんな時に、いさみのカイロプラクティックだったので、
思わず、私も行って良いかな?と嫁さんに頼んでしまった。

で、今日。
仕事を終えての午後6時30分。
初めてのカイロプラクティックが始った。

意外にも、痛くはない。というか、予想よりは、
ホント、ソフトだった。

職業柄の腰のねじれや、首のねじれがあるらしい。
首のねじれを取ってもらうときは、ちょっと!ビックリしたが!!
腰のねじれや、全体を見てもらった後の、体の軽さは
初体験の軽さでした。
(これが、本当の人間の軽さです。といわれました)

右側の反動が左側に来ているのだと思う。
いろいろ見ていただいて、結構、良かったと思う。

また来週なのでですが、月一くらいは、見てもらったほうが、
いいと思う。

先生いわく、「40歳過ぎると、維持することに気を掛けたほうが良いです」と。
私、維持よりも、向上したいと思っていたものですから・・・。

今日、私のからだの骨は、ベストの状態だそうです。
でも、何だか、ギクシャクしている感じです。
それほど、現状は、良くなっかのでしょう。

新緑の仙台と、産業フェアの搬出と・・・。

   仙台は雨。そして、帰ってきたら相当な暑さでした。

昨日から始った、地元の産業フェアでの展示会は、
予想外の暑さ。
今の時代にそぐわない、私が生まれる前からあったという、
地元の体育館が会場のため、冷房なんてない!

そこには、気持開けられた窓から入る、本当に、気持の
天然の風のみ!!
だから、昨日は、もう、サウナの中にいるような暑さでした。

何てったって、昨日の新潟県はこの時期では最高の30度を
越えた。暑いはずです。
そして、昨晩は、その暑さのお陰で、寝苦しい夜でした。

今日、私は、この産業フェアを弟に任せ、職人・横山さんと
仙台まで桐たんすと桐テレビ台のお届けに。
今日の仙台は、雨。
その中、3軒のお客様のご自宅にお届けさせて頂きました。

何ていっても、地元の産業フェアの搬出の時間までには
帰らなければならなため、お客様には、無理をいい
申し訳ありませんでした。

一軒目の太田様は、ほんと、素敵なご自宅でビックリしました。
その中で、こだわりの小袖たんすをお届けさせていただきました。
太田様、ありがとうございました。

2軒目は、最高級の和たんすをお届けさせて頂きました佐藤様。
こだわりの下ニと呼ぶ、衣装盆が多いタイプ。
素敵なマンションでした。
佐藤様、ありがとうございました。

そして、最後の三軒目は、以前に桐チェストを2本
お求めいただきました山田様。
今回は、薄型テレビを置くテレビ台を焼桐にて製作
させていただきました。
山田様、本当にありがとうございました。

今回の仙台へのお届けは、ホント、寝苦しかった夜のお陰で
生き返りの運転は、眠さとの戦いでした。
あくびをするたびに、助手席の横山さんに怒られていました。

いやーーーでも、ホント、無事に帰ってこれてありがとうございました。
今日、お届けさせて頂きましたお客様。
本当にありがとうございました。

お陰様で、産業フェアの搬出にも間に合い、
汗だくで、搬出を終える事ができました。

今日の、ビールは最高でした!!

産業フェアに出展。

    晴れ。  今日は30度近くまで上がったみたい。暑かった!

地元の加茂市で、2年前から地元・商工会議所主催で
産業フェアが開かれている。
どうやら中越沖地震の震災復興の補助金が
出てるお陰で、こういう産業フェアを行う事が出来るみたい。
(どうやら今年が最後だとか・・・)

まあ、理由がどうであれ、地元の商工業者が、体育館に
集まって、一堂に会して小さなブースで各々の、自慢の
品を販売している。

今回、初めて参加の桐の蔵も、午後から搬入・準備を
行ってきた。
ホントは、午前中に準備だったのですが、どうしても段取りが
付かず、午後から搬入にいったら、他は、ほとんどが終わっていた。

桐の蔵も小さなスペースなので、多くの作品を展示する事は
出来ませんが、それでも出来る限りのことはさせていただきました。

市内の、商工業者さんて、結構、あるのですね!
建具屋さんや、屏風屋さんなど、多くの木工品の業者さんを
始め、衣料品、食料品、おもちゃまで。

初めてなので、どうなるのか?全く分かりませんが、
明日は、頑張ってきます。
地元ですからね。

アリナミンVドリンク〜桐の蔵編〜

     雨のち、曇り。   梅雨なのに雨は少ないです。

実は、先日、新潟県のBSNというTBS系の放送局から
突然、電話があった。
その時はちょうど接客中だったため、後でお願いできますか?
と、電話切った記憶が・・・。

その後、改めて電話がかかってきたのですが、その
内容は、「アリナミンVドリンク」の宣伝に桐の蔵の
職人さん達に、声の出演お願いできませんか?(こんなだったかな?)
というような、内容だったと思う。(不安)

で、今日、その収録が工房で行われた。
BSNからは、キャスターの美しい女性が一人で来社。
一通りの打ち合わせのあと、5人の職人さん達との
インタビューが始った。

さすがに手馴れたもので、キャスターのYさんは、
本当に、乗せ上手でした。

この放送は、午前7時45分からの数分。
7月7日、9日、13日、15日、17日と
5回シリーズで、桐の蔵の職人が一人ずつ出演します。

この時間、聞くのは大変ですが、出勤途中の車の中の
周波数を1116mhtに合わせて、お聞きいただければと思います。

お土産に山ほどの「アリナミンV」ドリンクを頂きました。
これを飲んで、明日も頑張りますね。

Y様。ありがとうございました。

追いまくられてます・・・。

      晴れのち、曇り。   風は少し寒かったかも。

以前にも書いた記憶があるが、ここ最近は、
作っても作っても、桐たんすの「棚板」や、引出しの「底板」、
そして引き出しの側板(ほて板)が、勢いよくなくなっていく。

これは、引出しの多い桐たんすのご注文が多い証なのですが、
それにしても、ホント、木取り職人としては、追いまくられています。

常に、私としては、桐たんすの部材の有る無しをチェックしている
つもりなのですが、今日、衣装箱のふたの板がなくなったのに
気がついた。

急遽、板を切り、段取りを始めたのですが、今日の製作の段取りが
予想に反して多かったため、衣装箱のふたの板が、なくなってしまった。

こうなるとちょっと、ピンチ!
今までやっていた仕事をやめ、急遽、衣装箱のふたの部材作りに
仕事切り替える。

そこは何とかなったのですが、もっと、余裕を持って
しなければ!といつも思うのですが・・・。

いやーーー、今日も、充実した仕事でした。
次から次へと、自分で考えた段取りを進めるのですが、
そこに急に入ってくる仕事と同時進行で進める、この
緊張感!

これは、緊張感と言うよりは、充実感ですね!!

明日も、これやって、こうして、その次は・・・。と。
組み立て職人さんの足を引っ張らないように、
私も、○○ないよ!と、言われないように、
明日も、頑張ります!!!

新作の写真撮影。

       晴れ。     雨は降りませんでした。

久しぶりというか、数年ぶりに桐たんすの写真撮影を
行ってきた。
数年前までは、結構な頻度で、写真撮影を行ってきたのだが、
ここ最近は、少しご無沙汰だったから・・・。

それも、新作の登場にも伴い、これは撮っておきたいという
桐たんすがあったので、一緒にプロのカメラマンに撮ってもらいました。

でも、写真撮影って言っても、梱包を解いて、きちんと並べ、
写真撮影中は、「その角度よりも、もっとこうして!」など、
一つ一つチェックさせてもらい、私がこう使いたいという
イメージの元、一つ一つ撮ってもらうので、ほんと、
時間がかかってしまう。

今回は、5本を撮ってもらったのだが、終わった後は、
何だか、ヘトヘトになってしまった。

それだけ、一生懸命に撮ってもらうのです。
だって、プロのカメラマンって、結構、いい値段です。

今では、デジタルカメラの普及で、ある程度の写真は、
自分で撮れる時代。
でも、あえて、プロのカメラマンさんに撮ってもらう意味は、
最終的に、その写真を使う時に現れるような気がするのです。

でも、今日撮ってもらった写真を使うのは、多分、数年後。
その時まで、成熟させて待つのです。

新作も、表に出るまでは、数年間の時間がかかります。
今日の写真も、それと同じ過程を踏むのです。

RooKIES〜卒業〜

     晴れ。    朝方は雨でしたが・・・。

久しぶりにお休みの今日は、以前から、
嫁さんに「絶対行きたい!!!!!」といわれていた
映画「ROOKIES〜卒業〜」を見に、家族で出かけた。

「今日だけしかないの!皆の都合の付く日が」というだけあって、
前日に前売り券を買い込むほど、気合が入っていました。

午前中は、これからの季節に備え網戸の修理や、
ホームセンターでの買い物の後、出かけてきました。

さすがに宣伝活動が多い、人気作品。
ホント、小学生から高校生、そして家族連れまで、
多くの方々で賑わっていました。

内容は!
もう、ここでは触れませんが、最後は涙と感動の作品です。
私の隣りのお父さんは、ハンカチを持って、ずーーーと泣いていました。
もう、青春感動映画でした。

その帰り、いきなりお店によって主題歌であるグリーンのCDを
買ったのには参った。
さすがに影響されやすい家族です。

でも、これを見て何だか長男いさみのサッカーと
ダブってしまった。
映画の中でも怪我で予選に出れない場面が、
まるで我が子とダブってしまうのです。

でも、それを乗り越えて・・・。
いやーーーー、いい映画でした。
久しぶりに感動しました。