2018年2月 9日

やっと雪が止みましたが・・・。



  曇り。


立春が過ぎ、暦の上では春が来るのですが、今週は北陸地方を中心に
大変な雪による被害が出ました。


ここ新潟も、約一週間降り続いた雪により、電車は運転見合わせが続き、
桑原家の専門学校生の女子2人は、4日間も学校に行けず、自宅待機。


さすがに痺れを切らして、今日、電車が通っている駅まで、奥様が送り、
彼女たちは、新潟市のお友達の家に泊めてもらい、そこから学校に通うことに。


私は、昨日、日帰りで東京でしたが、燕三条駅周辺の駐車場が雪で閉鎖。
それに加えて大雪で大渋滞。
予定の電車の時刻が迫り、どうしようもなく、ビジネスホテルの駐車場に
無断で駐車。


その後、電話で泊めさせていただいとことをお詫びし、帰りにホテルに寄り
駐車料金を支払い、帰宅でした。


帰り道も、通常30分で帰宅できる距離でしたが、1時間半かかっての帰宅でした。


今週、一週間は朝起きて除雪。
工場に行って除雪。
帰る前に除雪。
帰ってから除雪。


まだ、除雪を請け負う建設業の方からしてみれば、甘々ですが、
今までで、一番、除雪をした日々でした。


今朝、起きたら、奥様の車に雪は10数センチ積もってはいたものの、
日中は雪が振らず、久しぶりに穏やかな天気でした。


予報では明日は気温が上がり、そして雨。
雪を消すにはもってこいの天気ですが、それも束の間、
明後日からは、また寒波の予報です。


このところ約3週間、お休みを頂いていませんでしたから、明日はゆっくりと
お休みさせていただきます。


明後日からの寒波が、大きくないように祈るだけです。
今日も一日、ありがとうございます。




2018年2月 7日

朝日新聞さんの取材でした。



  雪。   もう除雪が充実しています。


今回の寒波は、確かに本物でした。


電車を止めた寒波も凄まじかったですが、今回も、相当な寒波でした。
福井県を始め、相当な雪害が出ています。


毎日毎日、降り続ける雪。
見る見る積もっていく雪。


私が、小学生、中学生の頃は、当たり前のような光景でしたが
今は、暖冬ボケしたからでしょうか・・・。


そんな大雪の中、昨日、朝日新聞さんが取材に来られました。
とっても若く美しい女性の記者さんでした。


しかし、取材を受けていると、「あー優秀な記者さんだな」と
すぐに分かりました。


質問の内容が違いました。
色々な角度で、深く聞いてきます。
さすがだなと思いました。


丁寧な取材でした。
まだ3年目と言っていましたが、日本を代表する新聞社だな~と
感じました。


どんな記事になるかは分かりませんが、この記者さんに任せておけば
安心だなと思います。


K様
色々とお世話になりまして、ありがとうございます。




2018年2月 6日

すごい雪です。



  大雪。


 今年、何度目なんだろうか?
「数年に一度の寒波」とニュースでは言っているけど・・・。


北陸地方を中心に、大雪になっている各地ですが、昨日、帰宅する時は雪もやみ、
こんなものかな?って感じで、帰宅したのですが、今朝、起きてびっくり!


青空駐車の奥様の車の上には、30cmほどの雪が積り、
玄関前は、新雪で覆い尽くされていました。


慌てて除雪。
今回の雪は、やってもやっても降ってくるので、除雪した後から、また除雪。


何とか、自宅玄関前の除雪を終え、朝食をかきこんで工場へ。
「あ~~、しばし呆然」


膝くらいまで雪はあったでしょうか。
今年一番の降りかもしれません。


職人さんたちが来る前にと思い、必死に除雪。
何とか、駐車場前を除雪したものの、職人さんたちの車は入れず。
各自が除雪し、やっと駐車。


午前中はずっーーーと降っていました。
福井の水野さん、大丈夫かな。


当然ながら電車は動かず、2人の専門学校生は自宅待機。
今年、何度目なんだろう。


お昼休みもちょっと除雪し、午後に備えますが、雪は更に勢いを増すかの
ように降り続いていきます。


仕事が終わり、職人さん達が車の雪を払い、帰宅しようとすると、
職人・横山さんの車がハマって出られず。


先日、「何かあったら」と買っておいた、牽引ロープで脱出成功!
こんなに早く使うとは思ってもいませんでした。


これから帰って、自宅の除雪です。
明日も、早起きして除雪だな。


今日も一日、ありがとうございました。



2018年1月31日

毎日、雪かき。



   雪。   降りますね。


雪国に住む宿命か、癖なのか、ニュースでもネットでも、毎日
天気予報を確認し、雪の情報を常に把握してしまいます。


天気予報では、今日辺りから冬型が緩む予報ですが、今朝起きたら、結構な
積雪。緩むどころか、午前中からずっと雪が降り続いています。


こうなると除雪は毎日。
私は、朝6時前に起床し、奥様の車の雪を降ろし、玄関前の雪かき。


そして工場に行き、工場の駐車場の雪かき、帰りには、車に積もった雪を
降ろして、帰ってから、また玄関前の雪かきです。


その間に、家と工場事務所の石油ファンヒーターに灯油入れが待っています。


この灯油も、まだ家に灯油タンクがあるから良いのですが、
ポリタンクを持って、コメリに買いに行かなければ、何てなると、
ホント、大変です。


でも、まだこの辺は良い方だと思います。
雪深い、魚沼や上越地方なんて、想像もできません。


今は寒の真っ最中、今日は一日、電車が動かず桑原家の女子達は、専門学校
に行けず、お休み。


今年は、こんな事がホント、多い日常です。


明日からは2月。
まだまだ、雪との戦いが続くのでしょうが、明けない夜はない。


春はそこまで近づいていると思います。
今日も一日、ありがとうございました。



2018年1月29日

長野県・佐久市まで行ってきました。



  新潟は雪。 長野は晴れ!


昨日までは穏やかな新潟でしたが、今朝、起きれば雪が降り
積雪は約20cmほど。


薄暗い中、奥様の車の雪を降ろし、玄関先の雪かきが日課となったこの頃、
今日は、長野県、佐久市まで行ってきました。


実は、久しぶりにお休みをいただき、長男いさみの就職先が佐久市の病院で、
そこに住むためのアパートを探しに奥様と長男の3人で行ってきました。


昨日までは穏やかだったのに、今朝からはまた雪。
新潟県→長野県ですので、雪から雪へと、これまた緊張の運転ですが
長野県に入ったら雪はさほどでもなく、佐久に入ってからは、雪は
全くなく、肩透かし状態でした。


さすがに今時世代の長男は、事前に目ぼしいアパートを絞込み、
不動産会社さんとのやりとりも、やっていた様子。


現地に着いてからは、話を聞き、いくつかのアパートを案内していただき
スムーズに契約をさせていただきました。


私達も、初めての土地なので不安でしたが、色々とお聞きし、
親ばかですが、安心して送り出すことが出来そうです。


しかし、佐久市って、長野県ですが雪もなく、今日はピーカンの晴れ!
何でも、日本でも晴れの確率がかなり高い街だそうです。


また、景色も浅間山を望み、土地は広く、佐久平駅周辺の新開地と
旧市街地のバランスも良く、ホント、住みやすそうな街だなーと奥様も
言っていました。


アパートの契約と、就職地の病院を見学し、帰路につきましたが、
新潟県内に入ればそこは大雪。


今日は、加茂市に近づくに連れて、雪の量はどんどんと、多くなって来るような
気がしました。


雪がなく住みやすい町と、雪に覆われた新潟県。
しかし、どちらも個性があり、どちらが良いとは言えないのです。


先日の報道ステーションで、新潟県の大雪のニュースの中で、
あるゲストの方が言っていました。


こんな大雪の新潟に住んでいると、ホント、何でここに住んでいるんだろう?
と思うかもしれませんが、春になれば、その辛さを忘れるくらいの春の芽吹きや、
食の宝庫など、新潟の魅力が満載だと語っていました。


今は、東京が首都ですが、江戸時代は、新潟県の人口が日本で一番多かったと
言います。
その証拠に、新潟県は、神社が日本で一番多い県なのだそうです。


でも、まぁ、住めば都ですから。


往復、6時間の長い旅でしたので、久しぶりに長男いさみと、奥様との
3人での充実した時間を過ごすことが出来ました。


3月からは、新天地での一人暮らし。
色々あって当然ですので、自分らしく頑張って欲しいものです。


私達は、いつも応援しています!


今日も一日、ありがとうございました。




2018年1月28日

水道管、破裂しました。



  曇り。   雪は落ち着いてきました。


2週連続の最強寒波から、やっと開放された週末。
雪は、落ち着いてきましたが、相変わらず、気温は上がってこない新潟です。


先週、今週と桐たんすのお届けが続き、現場の仕事が遅れていましたので
昨日、今日と工場で一人で仕事でした。


この時期の工場は、凍てつき、暖房を付けても中々、温度が上がっていきません。
それにも負けず、淡々と仕事を進めるのみでした。


そして今日、やっと出口が見え、帰ろうかと工場のシャッターを降ろしたら、
「シャーーーー」という音が。


「ん、何だろう?」
と周りを見渡すが、何もなく、その音を頼りに近づいて行くと、
そこは工場の前にある水道。
そこから水が吹き出していました。


「水道管破裂」


他人事ではなく、我が社の問題に、すぐに同級生の水道屋さんに
電話していました。


今週、ずっとこの水道は凍っていて水は出ませんでしたから、
少し緩んだ今日、破裂したのでしょうか。


でも、そう言えば、朝、出社した時にも微かに、「シャーーー」という
音が聞こえていたような・・・。


そうすると、朝から漏れていたということ・・・。
この寒波の影響で、水道屋さんは大忙しとか。


明日、直してくださいね。
お願いします。


今日も、一日、ありがとうございました。


2018年1月26日

神奈川県までお届けでした。



  新潟は雪、そして東京は晴れ!


先週の電車を止めた「今年最強の寒波」に続いて、今週は東京で大雪、
そして今度は、「数年に一度の寒波」と、2週連続して大雪に見舞われている
新潟です。


そんな中、今日は神奈川県と埼玉県まで桐たんすのお届けに行ってきました。

実は、東京の首都高速が未だに通行止めが続き、新潟県内でも大雪のため
所々で通行止めが続くという状況で、一度は、今日行くことを見合わせたのです
が、「県境まで。トンネルを超えれば天国」と、自身に言い聞かせ、今日の
お届けを強行しました。


起床は午前5時。
出発は午前5時45分でした。


雪はそんなに積もっていないものの、道路はツルツル。
三条燕から高速に乗り、一路、関東へ、ですが、いきなり、中之島見附から
通行止めで、下道へ。


長岡では渋滞で乗れず、その先の越路から高速に乗って神奈川県まで目指し
ますがそこは雪国。
今日の高速道路は、吹雪と視界不良のため、ホワイトアウト。


前の車のテールランプだけが頼りですが、それも見えにくい横殴りの雪。
そうなると、感だけが頼りというか、久しぶりに緊張の運転でした。


それがトンネルまで続き、そこを過ぎれば「天国」
遅くなった分を、ここぞとばかりに取り返します。


圏央道から東名、保土ヶ谷バイパスを通り、横浜横須賀道を通って、
一軒目のお客様、K様のご自宅に到着したのが午後11時半でした。
約5時間半の長旅でした。


K様、お世話になりましてありがとうございました。
その後は、昼食を取り、二軒目の埼玉県久喜市まで。
来た道路をそのまま戻り、圏央道で久喜市まで。


路肩には、関東の大雪の名残が所々にあり、あー結構、降ったんだな。
と思わせます。


2軒目のA様のご自宅の前にも、残った圧雪と、ツルツルの道路が
その雪の量を物語っていました。
A様、お世話になりまして、ありがとうございました。


その後は、関越道を一路、新潟に向かって戻りましが、トンネルを超えれば
そこは「雪国」


この季節、何十回と経験していますが、「あーーー」って感じです。
帰りの魚沼も凄まじい雪。
高速道路は、ところどころ事故があり、私達が高速を降りてから、
「長岡→中之島見附」間は通行止めになりました。


今年は大雪の予報が出ていましたが、ホント大当たり。
昨年は、電車が止まることも、高速がこんなに通行止めになるとこも
少なかったような・・・。


まだまだ1月。
この先、どんなことが待っているのでしょうか。


今日も一日、本当にありがとうございました。



2018年1月22日

家族経営。



   雪。  またまた降ってきました。


週の始め月曜日ですが、関東地方は大雪警報が出て、高速道路も
通行止めなど、各地で大変みたいです。


都会では、少しの雪でも大変な被害が出てしまいます。
どうぞ、安全に過ごして下さい。


今日、仕事中、「桐の蔵は家族経営だな」と、ふと、思いました。


今日の私は、「棚板」という部材を制作し、その後ろで、奥様が
ホットプレスという「桐板」の歪みや反りを取るための作業を行い、
弟は、古い桐たんすの修理に励んでいました。


そして3人の職人さんたちは、塗装、組み立てと、それぞれの仕事に専念して
くれています。
半分は引退した親方を除き、私、奥様、弟の3人と、職人さん達3人を合わせて
6人の小さな工場。


中小零細なんて規模ではなく、それよりも小さな家族経営。


昭和22年に創業して、1999年に社名を桑原たんす店から、「桐の蔵」に変えて
からもずっと、このような人数の家族経営。


3人の職人さん達も、もう何十年も一緒に働いてもらっている家族のような存在。
誰が抜けても、成り立たないくらいの人たちです。


良い時は分け合い、厳しい時は励まし合う。
そして何かあった時の判断も、瞬時に変えることが出来る、小回りの良さが特徴です。


目指すところは、大きい小さいではなく、桐の蔵らしく行きたいと思います。
いつまでも家族経営で。


今日も一日、ありがとうございました。