2007年 7月 の投稿一覧

10年間のブランク。

  曇りのち、晴れ。   明日は梅雨明けかな?

今週から、仕事が一つ増えた。
今までは、木取り(組み立て前のパーツを作り)と、配達、検品、梱包、
雑用、その他、もろもろをこなしていた。

でも、そこに大事な仕事の一つである、仕上げ(塗装と金具つけ)、
の仕事が加わった。
正直言って、一人の力で出来る限界を超えている。

でも、やらなければならない。

遡ること19年。
私が、桐の蔵(前身は桑原たんす店)に入社した頃、
今の親方にこの塗装を教わって、その後、約10年塗装の仕事を
続けてきた。

でも、その後、塗装は職人・今井君に受け渡し、
私は、木取りを中心に、全般の仕事をするようになった。

でも、今回、今井君の都合により、私が10年ぶりに
塗装の仕事を、受け持つことになった。

10年ぶりといっても、塗装の刷毛の使い方など、体に染み付いている
感覚は、全く問題なかった。

でも、今日、金具付けをやっていたら、所々、感覚が麻痺しているところ
があることに、気づいた。
ちょっと考えると、思い出すくらいのことなのだが、仕事の流れとしては、
少し、止まってしまう。
これが、10年のブランクなのかと、思ってしまった。

うーーーーーん。
10年前のそのままの感覚がよみがえって来るには、あと、数週間
かかるかもしれない。
でも、あっという間だと思うのだが・・・。

だって、今でも、支障なく出来ているんだから・・・。

それよりも、その他の仕事が気になる。
塗装ばかりに集中すると、木取りがおろそかになるから・・・。

でも、体は一つ。
出来るところから、やるしかないのだから・・・。

久しぶりに・・・。

   曇り。  でも気温は25度。もう、8月なのに・・・。

昨日の日曜日は、嫁さんが下の子どもたち3人を連れて、
ウルトラマンを見に新潟市までお出かけ。

そして、私は長男いさみの久しぶりのサッカーの試合の
送り迎えを、痛い腰をさすりながら担当する。
午前中だけの試合だったので、午後からの予定はなかった。

でも、地元の大学でのサッカーの試合を見たい!って、
長男いさみが言うので、またまた、痛い腰を抱えながら
大学まで行ってきた。

試合は、天皇杯の予選を兼ねた新潟県サッカー選手権。
いさみが習っているサッカー教室の選手が出るらしいとのこと。

でも、これが感動だった。
地元のプロチーム「アルビレックス新潟」の試合なんてもじゃなかった。

「ガツガツ行く!」
「必死に・・」
そんな、言葉が感じられるくらい、いいゲームだった。

観衆はと言えば、同じチームの大学生と、マニアックな相手チームの
関係者って言うくらいの、本当に少ない観衆だったが、
今日の仕事中も思い出すくらいの、ナイスゲームだった。

大学生っていい。
なんか、一生懸命で。

私は、大学には行っていないので、生意気なことは言えないが、
ホント、この地元の大学のサッカー部って気持がいい。
たまに、長男いさみをサッカー教室に送っていっても、
きちんと私にまで、挨拶してくれるし、送り迎えの父兄の方、全員に
クラブ員は挨拶する。

その挨拶の仕方がまた、体育会系で、すがすがしく、カッコイイ。
嫁さんも言う。
ここのサッカー部って、気持がいいと・・・。

来週の準決勝は、そのサッカー部同士の戦いになった。
私は、都合で見ることは出来ないが、どちらも頑張って欲しい。

たかが大学生のプレーではない。
感動をもらえる、プレーだと思う。

椎間板らしい・・・。

  曇り時々、雨。  梅雨明けってまだ?

ここ2、3日前から腰の具合が悪い。
いつもの腰の痛みとはちょっと違う傷みだ。

木曜日、何とか我慢して仕事をしていたら、
左の足が、心なしかシビレてきているような・・・。

さすがに気になって、金曜日、何とか仕事の段取りを
つけて、整形外科まで行ってきた。

診察をして、レントゲンを撮る。
レントゲンの写真を担当のお医者さんはジーーーーーーーと見る。
その間の時間は、ものすごく長く感じられる。

何度も何度も、見返して、ふと、「ここ見てください」
「椎間板って言うんですが」と。
その隙間が他のところと違う。

その骨の先の尖ったところが、神経に当たるらしい?
そこに足の神経が通っていて、足がしびれるとか?

続けて言う。
「けっこう、直りにくいですね」と。
付き合っていくかもしれませんね・・・。とまで。

でも、「椎間板ヘルニア」ではないですから・・・。と
少しホッとしたが。

さすがに今は、その時の痛みはないが、まだ腰に
違和感はあるって感じ。
腰って、要ですから、ここが痛いと、
やる気が出ないと言うか・・・。

「仕事はデスクワークが・・・」なんて言うが、
そんな事は到底、無理。
明日から、また、厳しい現場が待っている。

まあ、今日は、出来るだけ安静にしていたので、
明日からも、何とかできるかもしれない。

とりあえず、様子を見ながら付き合っていくしかない。
なんて言っても、健康が一番です。

夜中まで応援したのに・・・。

    雨のち、曇り。   午前中はすごい雨でした。

子供たちが夏休みに入った。
先日もここで書いたが、嫁さんの疲労は日に日に増すばかり。
午前中は工場での手伝い。
そして、その後は子供たちの面倒を見ながらの家事が待っている。

そんな中、昨日、サッカー日本代表の準決勝があった。
私は午後9時頃帰宅。
入浴を済ませ、食事をしながら試合が始るのを待った。

子供たちは(長男いさみは)見たかったらしいが、夜中になるので
寝た。
その後、なぜか嫁さんと2人で見ることに。

普段、サッカーの試合のテレビなんてほとんど見ない
嫁さんが、テレビに見入っている。
そして、なぜか、応援している。
(負けている日本を・・・。)

私は心なしか、この試合ダメかもな?なんて、斜めに試合を見ていたが
嫁さんは違う。
行けーーーーーーー!!!!!と、少年サッカーの応援ばりに
声を上げながら応援していた。
何事も、前向きな嫁さんだ。

私は、仕事の疲労からか、テレビを見ていても限界だった。
さすがに、夜中12時を回ると、体が言う事を聞かない。

そのお陰で、今朝は嫁さんにたたき起こされた。
何とか7時前だった。

でも、今だに、日本代表の敗戦はショックだ。
この話を、まだ、長男いさみとしていないが、
彼は何ていうのだろう。

まだ、若いつもりだけど、夜中の12時過ぎまでテレビ見ていると
翌朝に堪えるね。

今日は、早く寝たい気持です。

仕事もポリバレント。

   晴れ、後、雨。  まだ、梅雨は明けてないのか?

「ポリバレント」
そう、今、サッカーの業界?では、少し前からこの言葉が
しきりに聞かれるようになった。

その言葉を発した本人といえば、サッカー日本代表監督の
「オシム」監督。
その言葉『ポリバレント」の意味は、多様性。
サッカーで言えば、一人の選手が複数のポジションをこなせる
多様性を意味している(合っているのかな?)という。

これを、我々の仕事に置き換えると、限りなく、
親方と私、そして弟の3人は、とてつもなくポリバレントだと思う。

だって、日常は現場でたんすを作り、週末は展示会でお客様と接し、
桐たんすが完成すると、ご自宅までお届けする。

もっと詳しく言えば、桐たんすも、桐チェストも作るし、
古い桐たんすの再生も手がける。
そして、桐米びつから、まな板まで手がける。

これはもう、立派なポリバレントだろう。
仕事での監督がオシムさんだったら、我々は、レギュラー
かも知れない。(笑)

人手不足の零細企業は、当然ながら一人何役も
やらなければならないのだ。

でも、確かに疲れるね。
出来ることだけ、やるしかないのだけど・・・。

さあ、夏休みです。

  晴れ。    梅雨明けは、すぐ、そこまで来ているようです。

あっという間の7月24日。
子供たちは、今日が終業式。
待ちに待った、夏休みが始った。

でも、この長い休みが来ると憂鬱なのが嫁さんだ。
なんってったって、朝ご飯から、昼ご飯、そしておやつまで、
しっかりと用意しないといけないし、常に子供たちが家に
いるので、ゆっくりも出来ないらしい。

そしてこの影響は、私にも出る。
いつも、嫁さんは午前中だけでも、工場で手伝ってもらっているが、
夏休みのお陰で、それも出来なくなってくる。
人手不足なのに・・・。

8月の初めまでは、水泳などの学校行事もあり、
工場に手伝いに来てくれる日は、なくなるだろう。
これから暑くなるのに、まったくだ・・・。

でも、夏休みは一年の十分の一ってラジオで言っていた。
確かにそうだ。(365日の40日は夏休みだから)

だから、昨日、約束した。
夏休みの目標を決めるって。

長男いさみは、サッカー系の目標。
毎日の夕練と、自分自身で決めた○○の練習の目標達成を。
そして、勉強も必ずです。

長女みほは、毎日、2kmのランニング。
出来るんだろうか?
でも、やらねばならない。

あとの2人は目標は作らず、のんびりと・・。
そして私は、仕事に励む。
ただ励むといっても漠然としているが、
体と頭の両方に汗をかくしかない。

この夏の努力は、必ず、どこかで生きてくる(ような気がする)
それは、子供も大人も同じ。

私も、子供たちに負けないように、自分で決めた
この夏の目標を、絶対に、クリアすることを誓います。

蝉の声が・・・。

  晴れ。    でも、涼しい風が吹いていました。

週末の埼玉県所沢市での展示会。
久しぶりに、ゆっくり出来た(お客様が少なかった)展示会でした。

その会場の周辺は、昼間から花火が上がり(なんだったんだろうか)、
うーーーーんって言った雰囲気でした。

関東地方も、まだ梅雨明けせずにムシムシとした天気。
以外にも、この時期に涼しささえも感じた3日間でした。

普通ならば、この頃はもう、工場の気温は40度を越える頃なのに
今年はまだ、一度もない。
今年って、猛暑の予報じゃなかったっけ?

でも、昨日、展示会の片付けを終え、トラックに乗り込んで
さあ、帰ろうとした時だった、「ミーーーーーン」って、蝉の鳴き声が
聞こえてきた。
思わず、今年、初めての蝉の鳴き声に聞き耳を立ててしまった。

残念ながら、新潟ではまだ、蝉の声は聞いてない。
今年は、大きな地震に襲われ、その前には、長雨が続いた。
そんな影響もあり、まだ、梅雨明けどころではないみたいだ。

仕事をするには、今日みたいな涼しい日が最高なのだが、
そうも言ってられないだろう。

夏は、暑くなくては・・・。

蝉の声は聞こえるのだろうか・・・。
確か、昨年の夏も、以外と涼しい夏だったような思い出が、
かすかに脳裏をよぎっています。

久しぶりという感覚。

   晴れ。  暑い。今日は、30度を越えました。

明日からは、埼玉県所沢市での1年ぶりの展示会。
桐の蔵の展示会も、先月の三条市での展示会以来の
約1ヶ月半ぶりの展示会です。

感覚としては、ホント、久しぶりといった感じです。
でも、今回は、新作も取り揃え、多くの方々をお待ちしています。

会場は、結構、マニアック。(HPの展示会情報参照して下さい)
でも、雰囲気もいいし・・・。

どうぞ、埼玉県の方のみならず、首都圏の方も、
以外と近い距離です。

週末の2日間。
所沢市で、お待ちしています。

先を見る眼。

  晴れ。    でもまだ梅雨明けは先みたい・・・。

8月の決算を前に、今日は税理士さんとの月一回の
お話(会議?打ち合わせ?)の日。

当然なのだが、経営者って、ホント、次々とやらなければならないことがある。
ホントは、現場よりも、どこかに閉じこもって、
次の戦略や、その先の計画を立てなければならない事は
重々、承知なのだが・・・。

なんてったって、桐の蔵は人手不足です。
でも、現場にも立ちながら、来期の、そしてその先の
計画を立てることが、私の仕事であるし、
今まで、そうしてきたから。

零細な会社は、甘えてはいられないのですから。

でも、実際、本当にやることは次から次へとある。
これを、「やる時間がない!」などと、言っていては、
「甘い!」と、世間様に言われてしまう。

そんな状態の中でやってこそ、実力が付くし、
そうしなければ、我々の規模の会社では、これからの時代に
付いていけないと思う。

9月からの来期。
桐の蔵は、また、新たな作品を登場させ、
それをもって、一つの柱を立てようと考えています。

それが上手くいくかは分かりません。
でも、そう考えた以上、やるしかないのです。

9月からの来期の始まりは、アップアップの人手不足から
始ること、間違えなし。
でも、それも楽しみたい!と、そんな気持です。

私がよく拝見させていただくブログに、こんな事が
書かれていました。

「人の人生は50%が運命と考え、残る50%が、自らの努力で切り開けると考えている。
あまり関係ないが、芸能界で大成するには、90%が運で残り10%が努力である。」 
 (新座片山FCのブログより)

なんと、少年サッカーの監督がこんなことを言うのである。
決して、宗教系の方でもない。

私も今まで、運やツキに助けられてきたことは数々ある。
展示会の帰りには、よく「今回は運が良かった・・・」なんて
言う事は、しばしばある。

だから、人生は「運」によって左右されている。と言っても
過言ではないかもしれない。(全く分かりませんが)

だから、運が向くように自らの「行い」を
正していきたい。

これ、実は嫁さんから常々言われている。
「お父さんは、行いを改めないと、運が逃げていくね」と・・・。

「運」って本当は、とっても大切なことなのかも知れません。

陽はまた昇る、必ず。

  曇りのち、雨。   今度は雨が・・・。

昨日の地震から一夜明けて、桐の蔵はお陰様で、
何事もなく、無事に仕事を終えることが出来ました。

メールや、電話、そしてコメントで心配していただいた全国のお客様。
本当にありがとうございました。
無事です。

お亡くなりになった方や、今だに避難されている方々には、
心からお見舞い申し上げます。

でも、自然は人間の力では何とも出来ない。と思ってしまいます。
そして今日は、雨が降りだしました。
これからは大雨の予報。

被害に遭われた方々は、どんな気持でしょうか?
私だったら・・・・・。

数年前の新潟中越大震災の傷跡がやっと、
薄れ掛けてきたそんな矢先に・・・。
その時のスローガンは、「がんばろう!新潟」だった。

帰りの車のラジオから流れてくる言葉は
勇気付けられる言葉ばかりが・・・。

「陽はまた昇る」、絶対に。

被害に遭われた方々には、こんな言葉は申し訳ないかもしれない。
ラジオから流れてきたそんな言葉を、これからの自分自身にも
言い聞かせながら家路に着いた。

「がんばろう」
ありきたりだが。

陽の昇らない日なんて、ないのだから・・・。