2008年7月29日

整理整頓は、一人前の条件。

キリモニ6段

   晴れ。     でも、今日は涼しかった。

7月も残すところ今週のみ。
すでに子供達は、夏休みに入り、お休みモードが漂っている。


今日は、午前中に新潟市まで、桐チェストと、再生の桐たんすの
お届けに行ってきた。
今日のお客様は、ご自宅の新築を待ってのお届けだった。


到着すると、そこには、新築で素晴らしいご自宅。
そして、中に一歩踏み入れると、きれいなリビングダイニングと
その奥には、ご夫婦の寝室が続いていた。


最近の新築のご家庭には、必ずといって良いほど、
大きな、とっても大きなテレビが、ドン!!とあって、
その存在感を漂わしている。


思わず、いいな~って思う。
でも、それはそれ。
その後は、工場に戻って、現場の仕事に追われた。


現場での仕事中、職人・横山さんが私に言う。
一つの仕事が終わったら、掃除する。
そして、もう、使わないと思ったらそれを片付ける。


確かに、私も修行中に言われた。
整理整頓が出来ない人の仕事は、そんなものだと・・・。
本当に、一人前の職人は、その仕事の現場は絶えず、きれいだし、
汚い中で仕事をしているようでは、いい仕事なんて出来ない。


いつも、私は忙しさにかまけて、出しっぱなしにして
横山さんに片付けてもらっている。
だから、いつも、横山さん言われてしまう。


これも、直さなくては・・・。


「整理整頓」
単純な事ですが、これが基本。
これをきちん出来れば、自ずと、仕事もきちんとできるように
なると思うのです。


自分自身に言い聞かせながら・・・。



2008年7月28日

ROOKIES(ルーキーズ)と、スクールウォーズ

ルーキーズ


雨のち、曇り。   朝方の雨はすごかった。各地で被害も出てるみたい・・・。



土曜日の夜、桑原家の子供たちと、嫁さんは待ちに待っていた。
なんてったって、「ルーキーズ」の最終回だ。


この番組、一人の熱血教師が、不良野球部少年たちと格闘しながら
甲子園を目指していくという、青春ドラマだ。


私は、子供たちがワイワイといっている中、途中から見出したのだが、
馬鹿にしたものではない、すぐにハマってしまった。
とかく、根が単純な人間だから、こういう熱い物語にはめっぽう弱い。


途中、バレーボールの特番があったりで、なかなか毎週見ることが
できなかったが、(そのつど嫁はブツブツ怒っていたが)、
先週の最終回前編からは、マジで、見入ってしまっていた。


土曜日の最終回後編は、展示会で埼玉県所沢市にいた。
展示会を終え、弟と居酒屋での夕食を終えて、ホテルの部屋に戻ったのが
午後8時過ぎ、すでに「ルーキーズ」は、半分を終え、ここから後半に
入るくらいのところだった。


コンビニで買った缶ビールを片手に、一人さびしくホテルのテレビに
見入っていた。
でも、いいね!!青春ドラマは。


思わず、見ながら私の青春時代がフラッシュバックする。
私はちょうど、「スクールウォーズ」世代。
男子校のラグビー部で、毎日、必死になって楕円球を追っていたから、
今でも、このドラマの事を思い出してしまう。


「ルーキーズ」は、GReeeeNの「キセキ」、そしてスクールウォーズは麻倉未稀の
歌う「ヒーロー」だった。


この曲がよかった。
単純な私は、今でもヒーローが流れると思わず、反応してしまう。


スクールウォーズは、京都の伏見工業高校であった、本当のお話だから、
余計に感動した。
この高校、今でも、高校ラガーマンにとっては憧れの高校だし、
このラグビー部を率いた山口監督の話を、私も何度か聞くことができたが、
本当に、熱い監督さんだった。


いやーーー、この話になるときりがない。


野球とラグビー。
熱い青春ドラマにはぴったりのスポーツだが、
ことサッカーとなると、この路線から少し外れるような・・・。


今度は、サッカーでも青春ドラマを見てみたいものです。
そして、ルーキーズのDVD、嫁さん買うかな~。




2008年7月27日

ただ今、帰りました・・・。



    晴れ。    埼玉も暑かった。   でも、帰りは雷雨でした。




今週末は、約2ヶ月ぶりの展示会で埼玉県・所沢市まで
行ってきた。
行く前の金曜日に、ブログを更新したのだが、何かの
手違いで保存されず、消えてしまったし・・・。


今週末は、全国的に猛暑だった。(みたい・・・)
所沢の展示会場は、大きな森の中にあるような、
環境に恵まれた中にある。


だから、一息つきたいときには、外に出て、
森の中を散歩したり、そこでジョギングや、サッカーを
している少年を見たりして過ごす。


でも、外にいると息が詰りそうなくらいな熱風と
湿気が私を襲う。
だから、クーラーの効く部屋に引っ込んでしまう。(無理は無いか・・・


お陰様で、久しぶりの展示会でしたが、
終わってみたら、本当にありがたかった。
「ついている」
そんな言葉が、ピッタリと当てはまる展示会だった。


わざわざ、山梨県からお出かけいただいた「H様」
そして、隣町からお出かけいただいた「K様」
本当にありがとうございました。


出発した日は、長男の中学校のサッカー部の県大会の初日。
気が気ではなかったが、嫁さんのメールで、初戦、敗れたことを知った。
残念だったが、とっても良い試合をした。と、ミクシーで知った。
頑張ったね。


で、そして今度は、私の番だ。
中学校のサッカー部に負けないくらいに、私もビジネスで
頑張らなくてはいけない。


でも、結果は、本当に恵まれた。
今回の展示会にお出かけいただきました、多くのお客様。
本当に、ありがとうございました。




2008年7月24日

テスト

111.jpg

MT4 投稿テスト

2008年7月23日

祝・県大会と甲子園と・・・



   晴れ。  今日も暑い。   明日は雨だとか・・・。




まずは、長男いさみの所属する中学校のサッカー部が
地区予選を2位で勝ち上がり、明後日からの県大会に
出場する。


創部3年?(4年?)での県大会出場は、昨年に引き続き
なのだが、毎日の練習場所も事欠く中で、毎週末は、
必ず、練習試合に出向き、試合をこなしてきた。


上級生の皆さんの練習の賜物と、それを支えてきたご父兄の
縁の下の力、そして、顧問の先生方、そして、コーチとして
ずーーーと見守っていただいた、地元大学のサッカー部のコーチ
のお陰だと思う。


まだまだ、一年生の長男は、どう思っているのか?分からないが
三年生の先輩方は、ホント、カッコいい。
これぞ、スポーツマンって感じだ。


何てったって、挨拶が素晴らしいし、キャプテンは気合が入っていて素晴らしい。
長男いさみも、そんな三年生になってほしいものです。


明後日からの県大会は、強豪がひしめく中、
思う存分、頑張ってもらいたいものです。
その後は、初めての2泊3日の合宿、そして、
高円宮杯と続く。


夏休みは、サッカー一色だ。
これが青春だ!!!って、感じ!
頑張ってほしい。


そして今日。
高校野球の新潟県代表を決める決勝戦が行われた。
決勝戦で、新潟県代表校に決まったのは、隣町の
「県央工業高校」だった。


私の頃は、三条工業と言い、とってもやんちゃな高校で有名だった。
そんな高校が、甲子園に行くとは・・・。


今年は、いろんな大会で旋風を巻き起こしていたのは
知っていた。
でも、最後の、最後に決めたのは、さすがだった。


私の友人も、この学校のOBだ。
新潟県代表は初。
頑張って欲しい。


多くの学校は、明日が終業式。
通知表を持って、帰ってくる子供達は、長い夏休みが待っている。
その始めとして、県大会と、甲子園が待っている。


真夏の大会はいい!
これが青春だから。


良い報告を待っています。



2008年7月22日

「暑い」と、「疲れた」・・・。



   大暑どおり、暑かった。




三連休開けの今日は、大暑の暦どおりの天気。
工場の二階は、毎年のように、35度を越えて
猛暑の日が続く。


今日の朝礼では、横山さんが「暑い」の連続。
思わず、「暑い」は、禁止にしようと口走った。


実は、桑原家では、「暑い」と、「疲れた」は禁句。
それは、以前にも書かせていただいたかもしれないが
その二言だけは、言語道断である。


確かにそれは、私自身に言い聞かせている
事でもあるし、子供達に言って聞かせていることでもある。


「疲れた」は、私の父が、私に、「俺は言ったことが無い」と
言ってくれた言葉だったし、「暑い」は、長男いさみが、
地元の大学のサッカー部のコーチから絶対言わない。
と教えらえた言葉だった。


そのふたつの言葉の共通する意味は、多分、「言っても仕方ない」
だと思う。
確かに言いたい。「疲れた」、と「暑い」も。
でも・・・、言ったところで、どうにもならない・・・。


だから禁止です。桑原家は。
そして、桐の蔵でも。


これからが夏本番です。
暑いと言わずに、どこまで過ごせるのか。
今年の夏は、それに挑戦したいと思っています。




2008年7月18日

夏と、汗と、コーラ。



   曇り、時々雨。    まだ、梅雨明けしないみたいです。




今日は、職人さん全員で、桐の柾板の板入れ作業を
行った。(柾板とは、桐たんすの扉や引出しの前に使う大切な板)
数日前から、親方の号令で、柾板を入れるぞ!!と
命令が下されていた。


昨日までは、真夏を思わせる天気だったが、今日は一転、
曇りから雨の予報。
案の定、板入れに出発したら、雲行きが怪しい。
でも、やらねばならぬ・・・。


何とか午前10時くらいまでは騙し、騙し出来た。
しかし、午前10時過ぎに、降ってきた。雨が・・・。


こんな時って、蒸し暑さと、雨で、もう、どうしようもない
位、体からは汗が噴出してくる。
そんな時に欲するのは、なんと言っても、「コーラ」だ。


ペプシだろうが、コカコーラだろうが関係ない。
外仕事、それも肉体労働の後に、なぜか欲するのは
炭酸飲料のコーラなのだ。


今日は、Tシャツ3枚を着替えた。
午前中は、雨のため、午後からは汗で。
そして、その後、仕事をして。
久しぶりだ、一日で着替え3枚なんて。


そして、外仕事の柾板を入れる作業の休憩中には
なんってったて、炭酸のコーラを飲んだ。


昔、子供の頃は、コーラなんて絶対飲んではいけない
飲み物だった。
でも、大人になった今だから、何となく飲んでみたいし
夏の声を聞くと、あの炭酸と、あの味が麻薬のように
私を呼んでいる。


でも、外仕事は、ホント、相当な汗をかく。
今日、一日で、相当な汗をかいたはずだ。


それが夏の過ごし方だと思う。
新人の石山君は、初めてのことだったにもかかわらず
本当に、汗だくになって、頑張ってくれた。


それは、他の職人さんも同じだ。
一つのことを、みんなでやる。
それって、会社やチームが一丸となる証です。


今日は、本当にお疲れ様でした。
明日からは、3連休です。
ゆっくり、夏の暑さを癒してください。




2008年7月15日

もう、ちょっとなんだけど・・・。



      晴れ。   心地よい暑さ。




実は、嫁さんが最近、必死に頑張っていることが
あるらしい。
朝は、次男のたっくんを保育園に送ってからは、
ウォーキングを数十分こなし、その後、工場へ来て
現場で頑張ってくれている。


でも、夜になると、「もうちょっとなんだけど・・・」を
繰り返している。


そう、さすが女性だけあって、夏が来るせいもあり、
お肉のダイエットに励んでいるらしい。


そういう私も、最近、何だかお腹のお肉が付いたような
気がしてならない。
私は、なくそうと思えば以外と容易になくなるのだが、
今回は、以外に、なくならない。


これも、あともう、ちょっとなんだけどな・・・。


今、これを書いているときも、後ろで、嫁さんが
「あと、もうちょっとなんだけどな・・・」と言いながら、
自分で作ったケーキを食べていた。


まあ、これじゃ、無理だね。
もう、ちょっとではない。


桐の蔵も、来月は決算。
これも、実は、もうちょっとなんですが・・・。




2008年7月12日

お父さん、久しぶり。  です・・・。



    曇り、時々雨。    まだ梅雨は明けません。




今週は、仕事後に会議が連続し、その後、懇親会なども
あって、帰宅が遅い日が続いた。


そして、昨日から地元で始った、桐たんすの展示会。
昨日は、初日であり、展示会終了後、地元の居酒屋さんで
お祝いが行われた。


そのせいも合って、今週は、子供達が寝てから帰って、
起きる前に、仕事に行くという、全く、子供達に会わず、
会話も出来ない日々が続いた。


交わした会話といえば、深夜に帰って、嫁さんの
「遅かったね」、「ごめん」という会話くらい。


そして、極め付きは、長女「未帆」ちゃんが、言った一言だった。
「お父さん、久しぶり・・・」


この言葉って、とっても複雑だった。
桑原家では、お父さんは帰りが遅い、とみんなが思っている。
だから、何かの用事があって、午後7時くらいに帰ると
「お父さん、今日はどこかに行くの?」と言われる。


そのくらい、お父さんはいないと思われているのだが、
さすがに、今週はいなかったのだろう。


「お父さん、久しぶり!」は、ちょっと申し訳ないと思った。
でも、嫁さんに言わせれば「亭主元気で留守がいい!!」
そのものだ。


まあ、数日、父親がいない方が、子供達にとっては、
うるさくないし、その方が、いいのだと思った。


嫁さんも、全くその通り。(だと思う)
明日は、地元での展示会の最終日。
明日も、帰りは、夜。


子供達が寝静まってからの帰宅になるのは間違いないかな。
でも、明日一日、頑張ってきます。




2008年7月 9日

佐藤君へ。



    晴れ。かな?    朝方は雨だったかも・・・。




今日のブログは、ある特定の人に向けての日記です。
本当に申し訳ありませんが、お付き合いいただければ幸いです。


2日続けての会議。
この時間は、わたしにとって未知の時間ですが
今日、あなたの言った一言が忘れられないので
この時間にこうして日記を書いています。


しかし、こんな私のブログを読んでいる人って
いるんですね。


あなたが毎日、私と弟の日記を読んでいるとは
思いも寄りませんでした。
思わず、ありがとうです。


今日は、あまりにも遅い時間ですので
この辺で終わらせてください。


続きは、後で書かせていただきます。



2008年7月 8日

関西とのご縁。



   雨。  特に、関西は午前中は大雨でした。




先週も関西に桐たんすのお届けに伺わせていただいたが
今日も、関西まで桐たんすのお届けに行って来た。


しかし、今日は全国的に雨。
行きは、新潟は曇っていたが、西に近づくに連れて
雨足が激しくなる。
一時は、車のワイパーも効かないほどだった。


雨の中、何とかH様のマンションに到着。
この時の雨は、もう、すごい!を通り越して
激しかった。


今回のH様の桐たんすは、別注の洋服たんすと、
これも別注の整理たんす。


特に、洋服たんすは大雨の中、どうして降ろしたらよいのか
迷った。
でも、その中、意を決して決行。何とかなるものです。
その後は、次第に晴れ、最後には晴れ間が広がった。


そして今日のH様
本当に、お心遣いを頂きましてありがとうございました。
はるばる、和歌山からお越しいただきましたお母様にも
お褒めの言葉を頂き、嬉しかったです。


どうぞ、今後とも、お付き合い宜しくお願いいたします。
帰ってから、某青年団体の会議があり、
この時間に書いてしまいました。


H様。
ありがとうございました。




2008年7月 5日

震災後の杜の都は・・・。



    曇り。   蒸し暑さ、最高です。




今日は、杜の都仙台まで、弟と二人で別注の桐チェストを
お届けに行って来た。


実は、先日の「岩手・宮城内陸地震」の当日、実は
弟と職人・横山さんの二人で仙台市内まで、桐たんすの
お届けに行っていた最中に、この地震に出くわしたのだった。


私は、ある用事で行けなかったのだが、親方からの携帯電話で
その地震を知った。
しかし、そんな時の携帯は、当然ながら繋がらない。


そんな時に限って運悪く、携帯の電波が入らない場所にいるし、
なかなか、電話が使へない状況に置かれている。


でも、そんな時は、公衆電話。
ずっと前の中越地震の時も、京都で展示会中だったが、
その時も同じだった。
携帯は使えず、公衆電話は、問題なく通じたかた、
今回も、公衆電話を探し、電話を掛けた。


お陰様で、その時は無事に桐たんすをお届けし、
帰って来てくれた。
今日は、そんな思いもあったが、久しぶりに入った
仙台市内は、何事もなかったように、平穏を
取り戻していた。


でも、そこに住む方々は、相当な揺れを感じていて
その体験は、そうそう、忘れないだろうと感じた。


今日、チェストをお届けさせていただいたK様の
お住まいは、素敵なマンション。
引っ越されたばかりだというお部屋は、おしゃれで、
桐チェストの3本セット(素晴らしい出来です)は、
畳の敷かれた和室に、ピッタリと納まった。


こう言う時、本当にカッコイイ!と思う。
本物の桐を使って、デザインされた桐チェストは、
和と洋のコラボレーションだ。
多分、桐チェストの御客様のページに紹介されると
思いますので、是非、ご覧下さい。


でも、この季節は、蒸し暑さ最高です。
新潟は、梅雨入りから、雨が少なく、桐たんす業界は
どうやら明日も、雨は降らないような・・・。


K様。
本当に、ありがとうございました。



2008年7月 2日

期末テストという関門。



    晴れ。    暑い!  まだ梅雨明けしていないのに。




昨日、仕事を終えて家に帰ったら、空気が違っていた。
その場には長男いさみと、嫁さんが、何かあったな!という
感じを醸し出していた。


長男いさみは、そそくさと夕食を食べ、嫁さんは、怒り心頭。
長男は思わず涙目だった。
その場に私が帰って来たのだった。


最近の嫁さんは、怖い。
年々、強くなってくる感じがする。


その不穏な雰囲気は、何となく分かったが、
何が原因かは、二人の口から直接聞くことは
出来なかった。


そして今日、工場で嫁さんの口から、昨日のことを
聞いた。


原因は、長男いさみの期末テストの結果だった。
数学のテストの点数が、あまりにもひどかったらしい。


毎日、サッカー部の朝練、夕練で疲れているのは分かる。
でも、それが中学生だから。
テスト休み中も、勉強しないで、テレビを見ていたと
激怒していた。


やれば出来るのに、やらないから・・・。と
私が怒られているようだった。


私は言った。
でもさ、我々、中学生の頃って、そんなに勉強したかな?って。
私は、中学の最初のテストでは、後ろから数えたほうが早かった。
でも、そのお陰もあって、勉強はしたが、それほど勉強した
記憶は無い。


だから、目くじら立てて、勉強って言わないほうがいいかな?
って思ったりもする。


本当に勉強できる子って、言わなくてもするから。
だから、言わないとしない子は、そんなもなのだと思う。


でも、だからって将来は分からない。
中学の勉強が出来る子が、将来も有望なんて
そんな事はない。


私の少ない経験からすれば、学生時代の勉強は、
社会人になってからは、ほとんど活用しない。


学校の先生や、公務員(?)は例外かもしれないが、
一般的に言えば、中学、高校の勉強なんて、国語と数学が
少し分かればどうって事は無い。


でも、それを今の本人には決して、伝えられない。
だって、中学、高校生は勉強が仕事だから・・・。


今日も、私が午後9時前に帰ってきたら、夕食を終えて
机に向かっていた。


その脇で、私は夕食を食べ、ビールを飲んでいたから
彼には、申し訳ないと思った。


授業と部活、そして帰ってからの勉強と、
若干13歳ですが、思わず同情してしまう。


でも、それも経験だと思う。
今は、辛いかも知れないが、その努力はいつか、
花が咲くだろう。


咲かなくても、努力したことが、後々、自らの
糧になってくる。それだけは必ずだ。


中学生になったばかりで、学校生活に、部活動に、
テスト勉強に。今が、一番辛いときかもしれない。


でも、そうしてみんな経験していくのだ。
負けないで。大丈夫です。
みんなが通る道ですから・・・。