2018年1月19日

鳥取県までお届けでした。



  新潟は晴れ。  久しぶりの晴れ間です。


今週の初めまでは雪の日が続いた新潟も、その後は高気圧に覆われ
ずいぶんと穏やかな日が続き、あれだけ降った雪も、跡形もなく
消えていきます。


そんな穏やかな天気の中、今年最初のお届けは、鳥取県まで桐たんすの
お届けに行ってきました。


18日(木)
起床は気合の午前3時半。
工場を午前4時半に出発です。


穏やかな天気を見計らっていたため、高速は少しの雨でしたが、
道路に雪もなく、順調に走れました。


今回は、中国道→鳥取道→山陰道というルートで走ろうと思い、
高速地図を見ていたら、中国道へは名神ではなく、敦賀から舞鶴若狭道という
ルートが有ることに気づきました。


距離にして、名神ルートよりも30数キロ短いのですが、それ以上の情報はなし。
どんな高速なのか分かりませんでしたが、一度、走ってみるか、とのことで、
敦賀から舞鶴若狭道へ。


走ってわかったのですが、途中の綾部までは1車線の対面通行。
長距離のトラックや遅い車がネックで、なかなか走れません。
「あー失敗したー」と思ったのですが、綾部をすぎれば、そこは2車線。
いつも通り、飛ばせます。


そして、中国道から鳥取道(これも対面一車線)、そして、所々、
開通していない山陰道を走って、お客様の鳥取県琴浦町に着いたのが
午後1時でした。


実に8時間半の長旅でした。
その後は、別注の「総盆和たんす」を、和室にお届けし、お茶とお土産まで
いただき、お客様のご自宅を後にしました。
M様、本当にお世話になりましてありがとうございました。


その後は、山陰道→鳥取道→中国道から、行きと違い名神に入り北陸道に入って
宿泊地、鯖江のホテルで一泊しました。


中国道へは舞鶴若狭道が早いと思うのですが、山陽道や四国へ行く場合は
どうなんだろう?名神ルートの方が早いのかな?(わかる方教えてください)


そして今朝、鯖江を出発し、正午前に工場へ到着でした。


今回の鳥取県までは、山陰道が所々、繋がっておらず下道を走ったりで
思いの外、時間がかかりました。


しかし、行きも帰りの雪がなかったお陰で、全く順調に走れました。
2日間、疲れましたが、無事にお届け出来てありがとうございました。
感謝です。