和たんす 春桜

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337
日本全国送料無料

和たんす 春桜

和たんす 春桜 横幅が4尺(1m21cm)の幅が広いモデル。4cm厚の板を使用した「大丸」と呼ばれるモデルで額戸と漆金具が美しい桐たんすです。有名百貨店や家具店では、まず見る事のできないトップクラスで最高級の和たんすです

和たんす 春桜 詳細説明

和たんす 春桜

普段はあまり目にする事のない裏側。人間で言うと背骨にあたる大事な部分です。仕上がり9mmの厚い板を使用。見えない所こそ大切です。幅の広い板でしっかりと作られています。

本体は3分割。観音開きの中は「丸盆」が5枚あり、お着物が10枚~15枚収納可能です。また上台は引き戸になっており移動式の棚板と小物用の小引き出しが2個ついています。

違い引き戸は額縁を取った「額戸」と言われる加工。一手間かかる仕事は最高級クラスの証

違い引き戸は額縁を取った「額戸」と言われる加工。一手間かかる仕事は最高級クラスの証

中台の観音開きの扉は額縁を取った「額戸」。材料・技術ともに最高級クラスの証

中台の観音開きの扉は額縁を取った「額戸」。材料・技術ともに最高級クラスの証

4cm厚の無垢板を使い、全面・側面共に丸く仕上げた大丸という最高級の作り

4cm厚の無垢板を使い、全面・側面共に丸く仕上げた大丸という最高級の作り

一番下の台輪と呼ばれる部分は10.5cmと普通より高め。鉋で丸く仕上げた曲面は一手間掛けた仕事

一番下の台輪と呼ばれる部分は10.5cmと普通より高め。鉋で丸く仕上げた曲面は一手間掛けた仕事

外側・内側・上部も全て丸くした「丸盆」は上品な仕上がり。「お着物」は2~3枚入ります

外側・内側・上部も全て丸くした「丸盆」は上品な仕上がり。「お着物」は2~3枚入ります

引き出しの組み手は「蟻組み」と呼ぶ釘を使わない高度な職人技

引き出しの組み手は「蟻組み」と呼ぶ釘を使わない高度な職人技

引き出しの側面には手掛けがついていますので、引き出した時に持ちやすく安全です

引き出しの側面には手掛けがついていますので、引き出した時に持ちやすく安全です

引き出しの側板と、先の方の板「先板」が同じ厚みで45度で組まれる「先留め」という技術

引き出しの側板と、先の方の板「先板」が同じ厚みで45度で組まれる「先留め」という技術

引き出しは内寸がかなり広いため、たとう紙に入れた着物もゆったりとしまえます。ご安心下さい

引き出しは内寸がかなり広いため、たとう紙に入れた着物もゆったりとしまえます。ご安心下さい

観音開きの中の衣装盆は「着物」がかなり余裕で入る大きさで、重ねず丁寧に収納できます。

観音開きの中の衣装盆は「着物」がかなり余裕で入る大きさで、重ねず丁寧に収納できます。

制作を担当した伝統工芸士の名前が焼き印で入ります

制作を担当した伝統工芸士の名前が焼き印で入ります

観音扉の上下には、扉止めがついています

観音扉の上下には、扉止めがついています

良質な新潟県内産の桐材を使用しています

良質な新潟県内産の桐材を使用しています

伝統工芸士が手作りで制作しますので、サイズオーダーも可能です

伝統工芸士が手作りで制作しますので、サイズオーダーも可能です

オーダーメイドでお造りします

なかなか見る事が出来ません。職人の魂が宿る最高級モデルの和たんす

桐たんすの横幅が1m21cm。横幅の広い引き出し3段と観音開き・引き戸の付いた3重ねの「和たんす」です。

全体の板の厚みは4cmのとても厚い無垢材を使い、両側・天板共に大きく丸みをとり、四方も丸くし全体的に丸みを持たせた大丸と言う最高級モデルです。

全体は3つに分かれる3重ね。観音開きの中は「着物」が幅・奥行ともにゆったりと収納できるサイズの衣装盆が3枚と、大切な着物をより湿気から守るふた付きの深盆が1枚入っています。

衣装盆は内側・外側・上部も全て丸く加工した丸盆。手触りはやさしく使い勝手も満足感が感じられる最高の作りです。

また衣装盆、1枚に「着物」が2~3枚が収納可能、ふた付きの深盆には3~4の着物が収納可能です。衣装盆だけで9~13枚の「着物」が収納可能です。浅い盆なので重ねずに丁寧に収納できます。

下3段の引き出しには、内寸12.7cmの深さで「着物」なら5~6枚、セーターなどの普段着もゆったりしまえます。

また引き出しの幅が広いため、引き出しの両脇には手かけをつけ、持ちやすくしました。引き出しの両側の板は、2.4cmもの厚みがあり、湿気から大切な衣装を守ります。

観音開きの扉、引き戸共に、額縁をとった「額戸」。手を掛けた手仕事は一層の高級感が漂います。

また引き出しの組み手は蟻組みと言う、釘を使わない組み手。引き出しの先の方も45度の留め加工と言う技術の高い手作業で作られています。

取り付けられている金具は「桐の蔵・オリジナル」の金具になります。他では見る事の出来ない上品で豪華な金具は本体が漆にて塗装され、貝を桜の花の形に埋め込んだ螺鈿仕上げとなっています。

使用する桐材は新潟県内産。 引出しの中や、衣装盆など平均2cmの無垢板を使い、見えにくい引出しの底や、桐たんすの裏側の背板まで9mmの厚みの無垢板を使い、平均して3枚から4枚の幅の広い板を使ってしっかりと作られています。

また幅や奥行き、高さなどのサイズ変更、引き出しを増やしたり、減らしたり、着物用の衣装盆を増やしたり、減らしたり、金具の変更など、あなたのご要望にお答えできます。お問い合わせ下さい。

和たんすを購入していただいたお客様

和たんすを購入していただいたお客様

お好きな金具をお選び下さい

お好きな金具をお選び下さい

人気の金具 51種類をご用意いたしました

桐たんすは、金具を変えただけで、ガラッと雰囲気が変わります。 人気の金具 51種類をご用意いたしました。ごゆっくりお選び下さい。 詳しくは金具一覧からどうぞ。

新潟県内産 桐材を使っています

新潟県内産 桐材を使っています

新潟県十日町産の桐を使用しています

桐たんすで、もっとも重要なポイントは良質な桐材です。どんなにすばらしい職人が製作していても、またその会社に歴史があったとしても良質な材料なくして、良質な桐たんすはありません。

中国桐を使っていたり、日本桐と中国桐を混ぜて使っていても「総桐」ですし「桐100%」です。ここが重要です。お客様はよく騙されるところです。

伝統工芸士が制作いたします

伝統工芸士が制作いたします

経済産業大臣指定 伝統工芸士が制作

一人前になるまで10年以上とも言われる桐たんすの職人の世界。毎日毎日、繰り返される仕事の中から、職人はその技術を自らの力で身につけていくのです。

職人の一つ一つの作業は、どれをとっても、機械で行う工程はほんのわずか。すべての工程は、職人の「手」で見極められ、最初から最後まで経験で培った「技術」と「目」によって最高の桐たんすが作りだされるのです。

桐たんすがメディアに取り上げられました

桐たんすがメディアに取り上げられました

当社の桐たんすはたくさんの「テレビ」「雑誌」「新聞」に取り上げられています。詳しくはメディア 紹介記事からご覧ください。

日本全国送料無料

和たんす 春桜

和たんす 春桜 支払い方法

■桐材:新潟県内産桐

■本体の板の厚み:40mm

■外寸:横幅1212mm×高さ1760mm×奥行470mm

■引出し内寸(上台):横313mm×奥396mm×深112mm

■引出し内寸(下台):横1080mm×奥396mm×深127mm

■衣装盆:丸盆 4枚(1枚はふた付き)

■衣装盆内寸:横幅1030mm×奥行385mm×深さ44mm

■仕様:総面取り・引き出し蟻組・棚板通・隠し箱・忍び鍵

■塗装:砥の粉・ロウ仕上げ

■加茂箪笥協同組合証明証紙

■伝統工芸士名の焼印入り

■金具:金具のご紹介からお選び下さい

■送料:全国・送料無料

■納期:オーダー後、40~60日

■価格:¥1.780.000(税込)

購入個数

カタログ請求はこちら

0120-57-4337

和たんす 商品一覧

すずらん

すずらん

¥880,000

梅

¥990,000

笹竹

笹竹

¥950,000

彩

¥880,000

弥生

弥生

¥1,180,000

新唐草

新唐草

¥1,380,000

花車

花車

¥960.000

菊

1,280.000

葛葉

葛葉

¥990,000

撫子

撫子

1,450,000

春

¥1,550,000

姫菊

姫菊

¥1,520,000

春桜

春桜

¥1,780.000

紬

¥850.000

黒梅 総盆

黒梅 総盆

¥1,180,000

花車 総盆

花車 総盆

¥1,350,000

玉虫

玉虫

¥3,300,000

南天

南天

¥660,000

八雲

八雲

¥550.000

あんず

あんず

¥630.000

綾波

綾波

¥750,000

楓

¥680,000

和たんすはこちらからご覧下さい
整理たんすはこちらからご覧下さい
洋服たんすはこちらからご覧下さい
帯たんすはこちらからご覧下さい

カタログ・プレゼント

カタログ請求

オリジナル・カタログを無料にてプレゼント。A4版 全95ページのボリュームです。詳しくはカタログ請求からどうぞ。

はじめての桐たんす選び

はじめての桐たんす選び

桐たんすの違いわかりますか?

金具のご紹介

金具のご紹介

お客様のお好きな金具を付けさせていただきます。

桐たんすのお手入れ方法

桐たんすのお手入れ方法

桐たんすのお手入れ方法のご紹介。

0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.