帯たんす なつめぐ 三代続く桐たんす工房 桐の蔵

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐たんす > 帯たんす > なつめぐ

帯たんす なつめぐ

帯たんす なつめぐ 帯専用の帯たんす 帯たんす なつめぐ 詳細説明

 

帯たんす なつめぐ 側面

本体は上下に分かれる二つ重ね。木目がまっすぐ通った一枚板で制作されています。

帯たんす なつめぐ 裏板

仕上がり9mmの厚い裏板。見えない所こそ、大切です。100年使える理由がここにあります。


伝統技術のほぞ組と斜め45度の留め加工

(画像をクリックで拡大)

本体の角はすべて面が取られた総面取り。伝統技術のほぞ組と斜め45度の留め加工でしっかりしています。

四方の角は鉋で丸くした四方丸

(画像をクリックで拡大)

板厚2cmの無垢板。たんすの四方の角は鉋で丸くした四方丸。台輪には畳ずりが付いています。

板盆のはしぶみ

(画像をクリックで拡大)

手掛けの付いた帯専用の板盆。通常のお盆と違った作りで「はしばみ」となっており、非常に手の込んだ作りです。

板盆

(画像をクリックで拡大)

板盆には、山と呼ばれる奥の板が付いており、帯が落ちないようになっています。板盆1枚に帯が2〜3枚収納できます。

本体の重ね

(画像をクリックで拡大)

桐たんすの本体は2つに分かれる二つ重ね。重ねの部分も丁寧に作られています。

引き出しの中

(画像をクリックで拡大)

帯締め、帯揚げなどのちょっとした小物が収納できる引き出し。あると便利な使用です。

開き戸 金具

(画像をクリックで拡大)

シンプルな帯たんすのデザインに合わせてシンプルな金具を取り付けいたしました。

金具アップ

(画像をクリックで拡大)

シンプルな金具ですが、非常に手の込んだ作りとなっております。

普段、なかなか目にする事のない「帯たんす」
「帯専用のたんすなんてあるの?」と知らない方もいらっしゃいますが、 帯の枚数が増えてきたら、
帯専用の帯たんすはいかがでしょうか?

横幅を帯の寸法に合わせて750mmにて(オーダー可能です)制作されていますので、無駄に大きくなく保管しやすい桐たんすです。
国産桐でしっかり作られていますので高価な帯を、湿気やカビ・害虫から守ります。

たんすの幅が750mmの、引出し1段と観音開きの「帯たんす」です。
全体の板の厚みは20mmの無垢材を使い、四隅を丸くしたシンプルな作りです。

全体は2つに分かれる、二重ね。
観音開きの中は、「帯」がちょうどにしまえる板盆が12枚(オーダーにて減らす事も可能)入っています。
下1段の引き出しには、内寸15cmの深さで、、「帯締め」や「帯揚げ」・「簪」など細かな小物が収納でき便利です。

観音開きの中の衣装盆は板盆
通常の衣装盆とは違い、とても手の込んだ作りとなっています。
1枚に「帯」が3〜4枚が収納可能で、衣装盆だけで36〜48枚の「帯」が収納可能です。
引き出しと違い、浅い盆なので重ねずに丁寧に収納できます。

使用する桐材は新潟県内産。
引出しの中や、衣装盆など平均2cmの無垢板を使い、見えにくい引出しの底や、桐たんすの裏側の背板まで9mmの厚みの無垢板を使い、しっかりと作られています。

塗装は伝統的な「砥の粉」塗装。
お手入れは水分に強くないため、乾拭きでお願いします。

また、高さなどのサイズ変更、引き出しを増やしたり、減らしたり、帯用の板盆を増やしたり、 減らしたり、金具の変更など、あなたのご要望にお答えできます。お問い合わせ下さい。

 

国産桐

新潟県十日町産の桐を使用しています。

桐たんすで、もっとも重要なポイントは良質な桐材です。どんなにすばらしい職人が製作していても、またその会社に 歴史があったとしても良質な材料なくして、良質な桐たんすはありません。

では良質な桐材を使っているかは、どこで判断したらいいのでしょうか?どても難しい質問ですが、一番は直接業者に聞くのがいいでしょう。

またインターネット上では、たくさんの桐たんすが見られますが、材質のところに「総桐」や「桐100%」と書かれているところはやめましょう。

中国桐を使っていたり、日本桐と中国桐を混ぜて使っていても「総桐」ですし、「桐100%」です。

ここが重要です。お客様はよく騙されるところです。

新潟県十日町産の桐を仕様しています。

 

伝統工芸士が手作りで制作いたします。

経済産業大臣指定 伝統工芸士が制作いたします。

一人前になるまで10年以上とも言われる桐たんすの職人の世界。
毎日毎日、繰り返される仕事の中から、職人はその技術を自らの力で身につけていくのです。

職人の一つ一つの作業は、どれをとっても、機械で行う工程はほんのわずか。
すべての工程は、職人の「手」で見極められ、最初から最後まで経験で培った「技術」と「目」によって最高の桐たんすが作りだされるのです。

完成まで40日〜60日かかります。

帯たんす なつめぐ

■桐材:新潟県内産桐
■本体の板の厚み:20mm
■外寸:横幅750mm×高さ1728mm×奥行455mm
■引出し内寸:横幅665mm×奥行396mm×深さ155mm
■衣装盆:板盆 12枚
■衣装盆内寸:横幅610mm×奥行345mm×板厚17mm
■仕様:総面取り
■塗装:砥の粉・ロウ仕上げ
■加茂箪笥協同組合証明証紙
■伝統工芸士名の焼印入り
■金具:金具のご紹介からお選び下さい。
■送料:送料のご紹介をご確認下さい。

価格:¥700.000(税込)


カタログ請求はこちら フリーダイヤル 0120-57-4337

*作り手からの一言

三代目 桑原隆

帯専用の帯たんす。決して贅沢ではありません。
三代目 桑原隆

帯の横幅に合わせてお作りしているので、無駄に大きくなく使いやすい桐たんすです。帯の枚数に合わせてお作りできますのでご相談ください。

 

天童 天童

シンプルな帯たんす

横幅75cm
衣装盆12枚
本体板厚2cm

\630,000

詳しくはこちら
なつめぐ なつめぐ

引き出しのついた帯たんす

横幅75cm
衣装盆12枚
引き出し1段
本体板厚2cm

\700,000

詳しくはこちら
和たんすはこちら
整理たんすはこちら

はじめの一歩
桐たんす用語集

■このページの先頭に戻る

■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com