桐たんす用語集 か行

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337

桐たんす用語集 か行

桐たんす用語集

か行

額戸(がくど)

【額戸(がくど)】

観音開きの扉の呼び名のひとつ。

扉の周りが額のようになっている観音開きの事。一般の扉よりも高価である。

含水率(がんすいりつ)

【含水率(がんすいりつ)】

含水率とは、木材に含まれる水分の%です。

水分が多いと割れ・収縮が起こり、少ないと膨張したりします。
当社では16%ほどまで乾燥いたします。

観音開き(かんのんびらき)

【観音開き(かんのんびらき)】

中央から左右対称に開く構造の扉で主に和たんすの扉の事を言う。

観音菩薩像を納めた厨子(ずし)の造りと同じことから付けられた。

鉋(かんな)

【鉋(かんな)】

桐たんすの表面仕上げを行うために使う道具。

桐たんす職人ではもっとも重要な作業で、これができたら一人前と言われる。

木裏(きうら)

【木裏(きうら)】

木裏とは板材の断面を見て、年輪の中心に近い方を指す。

無垢材の板は必ず木表側に反る。

木表(きおもて)

【木表(きおもて)】

木表とは本の1本の木を板にした場合、断面の年輪を見て木の外側となる面のこと

無垢材の板は必ず木表側に反る。

木釘(きくぎ)

【木釘(きくぎ)】

桐たんすに使用される釘。

打った後、鉋で表面を整えられる。素材はうつぎ。大きさも様々で、各部にあったサイズを使う。

木地(きじ)

【木地(きじ)】

仕上げの塗装をしていない状態のモノ

一般の人はほとんど目にする事はないと思うが木地の状態を見れれば、そのたんすに使われている材料の良し悪しがわかる。

木取り(きどり)

【木取り(きどり)】

製材された材料から必要な大きさの寸法、数量を歩留りがいいように割り振りして裁断すること

とても重要な仕事である。

桐(きり)

【桐(きり)】

日本国内でとれる木材としては最も軽い。また、湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴がある。

また桐は発火しづらいという特徴もあるため、金庫などの内側にも用いられる。

削りなおし(けずりなおし)

【罫引き(けびき)】

材面に沿って、一定の距離に直線(罫線)を引く工具。

桐たんす作りには、かかせない道具のひとつ。

間箪笥(けんだんす)

【間箪笥(けんだんす)】

たんすの間口が一間(1m80cm)もある横幅の大きい桐箪笥。

大正から昭和初期にかけて、主に西日本で流行った。

木口(こぐち)

【木口(こぐち)】

材木の切断面、切り口の事をさす。

小袖箪笥(こそでたんす

【小袖箪笥(こそでたんす】

桐たんすの呼び名・種類のひとつ。

主に、引き出しだけの背の低い桐たんすの事をさす。最近では人気の高いモデルである。

0120-57-4337

カタログ・プレゼント

カタログ請求

オリジナル・カタログを無料にてプレゼント。A4版 全95ページのボリュームです。詳しくはカタログ請求からどうぞ。

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.