桐まな板 よくいただくご質問

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337
桐まな板 オーダーメイドもできる軽いまな板

桐まな板 よくいただくご質問

Q. 他の木のまな板との違いはなんですか?

A.  水切れが早くカビにくい。軽い等いろいろあります。

他の木のまな板と比べ、桐は圧倒的に軽く、また水切れがとても速いためカビませんのでいつまでも衛生的に使用できます。

硬い木のまな板は使用していますと、包丁が刃こぼれしてしまいますので、ご自分で包丁を研ぐ方はいいのですが、 一般の主婦のように包丁を研がない方は、食べ物の断面がつぶれ、料理の味も落ちてしまいます。

桐のまな板ならば、包丁の刃先が、すっと入り込むために、刃こぼれする事はありませんので、包丁も長持ちいたしますし、 料理の味も落ちることはありません。


Q. 食器乾燥機などは使用できますか?

A. 申し訳ございません。使用できません。

桐のまな板は他の天然木のまな板と違って乾きがとても早いので、食器乾燥機などで乾燥する必要はありません。 食器乾燥機を使うと、反りや変形が起こるおそれがありますので、使用しないで下さい。


Q. 桐まな板のサイズオーダーは出来ますか?

A. もちろん可能です。お好きなサイズでお造りします。

お客様の希望のサイズでお作りすることは可能です。ご希望の寸法をご連絡下さい。


Q. 魚などを下す時はどのような点に注意が必要ですか?

A. 水に濡らしてからお使いください。

肉や魚などを切る時に、まな板の表面が乾燥していましたら、まな板を濡らし水の膜をはってから お使いになると、色素などが付着しにくくなります。表面を濡らしてからお使い下さい。


Q. 漂白剤は使ってもいいですか?

A. 使用しないで下さい。

漂白剤等の使用はなるべく避け、、酢かレモンの残ったものなどで拭いておくだけでも、漂白・除菌効果があります。


Q. お手入れはどうすればいいでしょうか?

A. 使用後の保存は、風通しのよい場所に置いてください。

使用後は下にお手拭きなどを置いた上に立てかけておくと良いでしょう。


Q. 重さはどれくらいでしょうか?

A. とても軽いので女性にお勧めです。

大きいまな板で、約600グラム。小さいまな板で、約230グラムになります。


桐まな板 オーダーメイドもできる軽いまな板 0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.