2017年11月19日

タイヤ交換しました。



   雨。  雪の予報でしたが・・・。


昨日は、次男たくみのサッカーの送迎で刈羽まで行ってきましたが、
その後、帰ってきたら奥様が「雪の予報が増えたよ・・」と。


昨日の時点で、新潟の天気予報の雪マークは、日、月、火の
三日間になっていました。
最初は、日、月の予報だったのに。


で、今日は長岡まで行く予定があったので、急遽、昨日
私のハイエースのタイヤを交換しました。
そして、今日、奥様のタイヤも交換し、いつでもOKの状態に。


例年ですと、タイヤの交換は、12月に入ってからが多いのですが、
11月中旬に替えるのは、ちょっと早い。


後は、長女の車のタイヤ交換を残すのみ。
長男は自分で交換してもらうので、今年から私は3台担当。
これって、腰にくるんですよねー。


でも、雪国に住む宿命ですから。
安全には代えられませんからねー。


お陰さまで、2日間、ゆっくり出来ました。
ありがとうございました。



2017年11月14日

次女、インターンシップへ行く。



    曇りのち雨。  でも、暖かな一日でした。


週末は、新潟市内で今年最後となる桐の蔵の展示会を行いました。
足をお運びいただきましたお客様、本当にありがとうございました。


長男、長女が、ありがたいことに就職の内定をいただき、
親としてはホッ、としているのも束の間、日曜日に、
次女ゆうちゃん(18歳、専門学校1年生)が、東京へ
インターンシップに出かけました。


ゆうちゃんは、長女みほと同じ、製菓系の専門学校なのですが、
学科が違い、「カフェ学科」という学科を専攻しているのです。


私も詳しいことはよく分からないのですが、製菓から調理まで
結構幅広く学ぶみたいです。


インターンシップの期間としては、約2週間。
都内の結構な場所に、ウィークリーマンションを借り、
悠々自適な一人暮らしの生活を満喫かもです。


性格は奥様に似て、天真爛漫な彼女。
どんな経験を積んでくるのでしょうか。


専門学校って、2年間だからあっと言う間。
頑張って経験して、良い就職先を見つけてください。
ゆうちゃん、がんばってねー。


今日も一日、ありがとうございました。



2017年10月22日

加茂中学校70周年合唱コンクール



雨。   台風が接近しています。


日本列島に台風が接近し、新潟県は明日にかけて
大荒れの天気とか・・・。


そんな中、今日の午前中は、奥様と投票にいき、国民としての務めを
果たしてきました。帰りには、「朝日新聞ですー」という、出口調査初体験!
タブレットに答えていくという、今どきの出口調査でしたが、質問事項が多く、
結構、絞り込んでるなーという感じでした。


そして、今日は、次男たくみの通う、加茂中学校の合唱コンクールの日。
本当は、サッカーのクラブチームの公式戦の最終戦で、「どうしても行きたい!」
と言う事で、合唱コンクールは欠席(怒)だったのですが、この台風の影響で
昨日、中止が決定し、合唱コンクールに参加できることになりました。


今年は、私も卒業した加茂中学校の70周年の記念合唱コンクール。
いつもは半日なのですが、70周年ということで、いつも以上に
充実した内容での開催でした。


4人の子供たちが通った加茂中学校の合唱コンクールですが、私が聞いたのは
過去に一度だけ。今思えば、もっと行っておけば良かったなーと後悔。


各組みの合唱が一通り終わり、PTAの合唱と続き、今年は70周年記念と
いうことで生徒、父兄、先輩など、加茂中学校とご縁がある方々が一堂に会し、
卒業式には必ず歌っていた、加茂中学校の伝統合唱「ハレルヤ」の大合唱でした。


加茂文化会館の大きなステージに乗れるのかと思うほどの大人数。
そして、その人数での大声量での「ハレルヤ」は、もう、鳥肌でした。


加茂中学校の卒業合唱「ハレルヤ」ですが、数年は歌う年がなく、
昨年からまた、復活したみたい。
これは、是非、伝統として毎年、歌い続けて欲しいと思いました。


その後は、加茂中OBの方々の演奏や、先輩の歌などが続き、充実した内容で
締めくくられました。


来年は、最後の3年生。
私達も、最後の子供なので、出来る限り、お世話になった学校に
協力したいと感じました。


接近中の台風で、明日の市内の学校は休校を決めたみたい。
台風に注意しながら、明日からまた一週間、頑張ります!


今日も一日、ありがとうございました。




2017年10月16日

かぐや姫



    曇りのち雨。  寒い朝でした。


昨日までの上越市での展示会を終え、お疲れモードで帰宅し、晩酌をしながら
新聞を見ていたら、BS-TBSの番組に目が行きました。


「熱唱 昭和フォーク」
毎週、火曜日の午後9時からBS-TBSで放送している番組も、昭和フォーク
なのですが、昨日は日曜日。特別番組かな、と思い、見ていたらまずは
「かぐや姫」の特集でした。


実は私、「かぐや姫」が好きです。
きっかけは、私が小学5年生の頃。
2つ上の姉がカセットに録音した「22歳の別れ」を私に聞かせてくれたのが
始まりでした。


1968年生まれの私は、1971年に結成した「かぐや姫」の全盛期は
知りませんが、リバイバルしてきた頃に、姉が聞いたのだと思いますが、
「22歳の別れ」をきっかけに、「神田川」「赤ちょうちん」「妹」などの
ヒット曲を聴き、「かぐや姫」を好きになっていくのでした。


ただ、気づいた頃には解散もしていて、その歌う姿は過去の映像からしか、
見ることができませんが、「あー、昭和だったなー」といい時代を
振り返っています。


「かぐや姫」の後は、「井上陽水」「吉田拓郎」と特集が続いたのですが、
昭和のフォークっていいですね。


私も、20代の頃、先輩に連れて行ってもらったスナックで、「かぐや姫」や
「井上陽水」「吉田拓郎」を歌っていた頃を、懐かしく思い出しました。


今回の歌手も、全盛期は全く知らないし、映像も過去のものしか、
見たことがないですが、何かいいんですよね。


お陰で、展示会で疲れた体と頭に、安らぎを得て、眠りに就くことが出来ました。
また一週間が始まりましたが、今週も頑張っていきましょう。
ありがとうございました!




2017年9月30日

あと、三か月ですね。



  晴れのち雨。  夕方はすごい雨でした。


ついに9月も今日で終わり、カレンダーもあと3枚だけになってきました。


今日は、久しぶりに嫁さんと次男たくみ(中2)のサッカーの送迎と
応援?に行ってきました。

次男たくみは、中学校の部活ではなく、クラブチームと呼ぶ長岡市にある
サッカーチームに所属しています。小学校から中学に上がる段階で、
行きたいクラブチームがあったのですが、諸事情いろいろあり、
今のクラブチームにお世話になることになったのです。


毎日、学校が終わるとダッシュで家に帰り、少し早い夕飯をダッシュで食べ、
午後5時過ぎの電車で練習のため、長岡市に向かいます。


午後8時半まで練習があり、午後8時55分の帰りの電車に乗るために、
ダッシュで自転車をこぎ、駅に向かいます。
時々遅れて、帰宅が10時半になることもしばしば。


そして、そこから勉強をしなければならないのですが、これが・・・。


毎日がダッシュのような生活を、早1年半過ごしてきましたが、
サッカーは・・・。
地域の強豪選手が入るチームのため、1年生の時は、ベンチにすら
入れずベンチ外。公式戦は、出た記憶がありません。


そんな彼も2年生になり、体も少しずつ大きくなってきたようで、嫁さんの
伸長を越してきました。


私も嫁さんも、最近はたくみのサッカーの観戦もあまりしなくなり、
もっぱら送迎に徹していましたが、今日は、久しぶりに時間が取れたので、
送迎と共に、試合も観戦してきました。


新潟県の2部リーグという公式戦なのですが、当然ながらベンチスタート。
一級下の一年生がスタメンという、厳しい世界です。


いつもは公式戦には出場なしで、B戦と呼ぶ、その後の練習試合に
出場するのですが、今回は、監督の温情か、人数がいなかったのか、
ラスト10分位から出場させてもらえました。


ホント、久しぶりだったのでビックリしましたが、最初は次男か
どうかも気づかず。
私も、嫁さんも?って感じでしたが、やはり次男。
走るスピードが少し早くなったような・・・。


ベンチ外でも、スタメンじゃなくても、何だかんだ言っても、
本人が「楽しい!」ってやってるのが一番。と感じた一時でした。


中学2年生になり、親の私たちが思う以上に、辛いことも、楽しいことも
経験させていただいている事、本当に感謝です。


久しぶりに、じっくりと次男と向き合えた一日でした。
今日も一日、ありがとうございました。




2017年8月29日

長男、病院実習終わりました。



  曇り。  時々、雨も降りました。


7月の中旬から、インターンシップとして長野県の総合病院へ
理学療法士の実習に出かけていた、長男いさみが、約1か月半の実習を終え
一昨日、帰宅しました。


私は、途中、桐たんすの配達のついでに会いに行き、食事をしたので、
そんなに久しぶりではなかったのですが、嫁さんと兄弟三人は久しぶりの
長男でした。


一か月半もの間いないと、けっこう長く、いない感じなんですが、
そこは口数の少ない長男、何事もなかったように帰ってきました。
帰ってきた時は兄弟四人が久しぶりに揃い、通常の桑原家がやっと戻ってきたな、
という感じでした。


嫁さんは、彼の帰宅に合わせ、好きなおかずを作り、夕食の準備を
していましたし、彼も、久しぶりに母の料理を黙々と食べていました。


しかし、帰ってきたのも束の間、翌日はスーツで登校。
何事かは聞きませんでしたが、8月末から就職モードと言っていましたから。
まさに、休む間もないです。


後は、就職試験と国家試験だけです。
その関門クリアを目指して頑張ってほしいものです。



2017年8月 1日

8月です。



   曇り時々、雨。   突然降ってきます。


今日から8月。
まだ、新潟は梅雨明けしていません。
今日も晴れるのかと思ったら、午後、雲行きが怪しくなり
突然、雨が降ってきました。


ここまで梅雨明けが遅いと、海の家とか、影響ありそうです。


さて、8月に入り桑原家の長男は相変わらず長野県で病院実習。
長女、次女は同じ専門学校に通い、学校が終わればアルバイトで
帰りは夜。


そして中学2年生の次男は、サッカークラブの合宿で長野県へと、
それぞれが、さまざまな生活を満喫し、家に帰れば、自ずと
私と嫁さんの2人。


いつもは6人家族で、ワイワイガヤガヤ言いながらの食卓も
昨日は2人だけ。いつもと何か違う夕食でした。


この先、皆が成人し、就職し、家を出ていくとなると、
老後って、こんな感じなのだろう。


嫁さんは、寂しいねーとつぶやく。
いつも誰かしらいる、子供達が一人もいないのだから、
確かにちょっとさみしい感じです。


でも、完全に子供達への手が離れるまでは、あと5~6年位か。
それまでは、ケンカしながら子供達がいる生活を満喫したいものです。


お盆休みまであと少し。
最後のラストスパートで明日からも頑張ります。
今日も一日、ありがとうございました。




2017年6月21日

長男、病院実習へ。



 雨のち曇り。  やっと梅雨入りした新潟です。


桑原家の長男いさみ22歳。
現在、新潟市内の医療系の大学4年生。
来春の国家試験、そして就職を決めるべく、今週から長野県の総合病院へ
実習に出かけて行きました。


目指すは、「理学療法士」


それを目指すキッカケは、彼が中学時代に負った怪我から、そこで出会った
理学療法士さんが、彼をそうさせたのかも知れません。


実は、いさみは、小学校1年生から地元のクラブでサッカーを始め、
その友達が、そっくり加茂中サッカー部へ繰り上がったという年でした。
先輩も同様、みんなが厳しいなりに気心知れた仲間でした。


そんな中、いさみが中学2年生の5月でした。地区大会を控えた時期に、
新潟市内で某中学校との練習試合で、相手とヘディングで競り合い、
体勢を崩して、頭と腰を強打し、救急搬送されたのでした。


その日、私は桐たんすの展示会中、嫁さんは小学校の運動会で役員として
関わっており、長男の試合には、二人とも行っておらず、嫁さんの携帯に
連絡が入ったのでした。


連絡を受けた嫁さんは、新潟市内の救急病院へ。
手当てを受けて出てきた長男いさみは、車いすだったと言います。


幸いにして頭は何ともなかったものの、腰を強打しており、そこからが
長い腰の怪我との戦いが始まったのです。


いろいろな病院や、マッサージ、整骨院などにも通いましたが、
改善は見られず、「どうやら、あの病院の整形外科が良いらしい」と、
たまたま耳にした新潟市内の病院へ行くことに。


そこで、名医と理学療法士との出会いがあったのです。


その後は、約5か月ほど通ったでしょうか。
診察を受け、その後、リハビリを行う部屋で、担当の理学療法士さんと、
付きっきりで30分以上、ストレッチなどのリハビリを行っていくのです。


その担当の理学療法士さんが、優秀でした。
早くサッカーがやりたい長男の焦る気持ちと、現状の体の状態を
見極めたアドバイス。


まだ痛みがある場所から、どこが痛んでいるのかを見極める感覚というか、
診察。


この怪我を負ったことで体験した、理学療法士さんという職業に、
彼はあこがれたのでしょう。


中学を卒業する時の、卒業アルバムには、将来の夢はすでに
「理学療法士」になる!と、書いてありました。


その後は、中学校3年の時に、加茂中サッカー部は、新潟県大会で準優勝、
北信越大会に進み、加茂中サッカー部の歴史を塗り替えました。


高校へ進学した後も、彼の夢はずっと、理学療法士だったのでしょう。
嫁さんから聞いた話によれば、高校3年生の担任は、彼が受けた大学は、
推薦もしないし、絶対無理です!という話だったらしいです。


彼は、ホント無口で、家に帰ってからも私たち親にあれこれ、話をするような
タイプではないので、私達も、どうなるのかホント、不安でした。


それが、ふたを開けてみれば、合格!
その後は、夢に向かって一直線でした。


昨年は、群馬県の総合病院に3週間の実習体験。
そして、今回は、長野県の総合病院に、約3か月の実習体験です。


病院の近所にアパートを借りての実習だそうです。


親としては、あれこれ心配になりますが、もう22歳。
私達も子離れして、彼の夢を見守りたいものです。


来春の国家試験にパスしないと、就職も実現しないようです。
自身の夢に向かって、頑張ってほしいものです。