2018年5月19日

週末です。



雨のち曇り。


ここ数日続いた、真夏のような天気も一段落し、今日は、肌寒い一日です。


4月18日の大阪への桐たんすのお届けの帰りに、我慢できない痛みに襲われ
滋賀医大病院に緊急入院してから、早いもので一ヶ月が経ちました。


無理を言って、4日間で退院してからは、なかなか体力の戻らない日々が続きましたが、お陰様で今では、順調に生活が出来ています。


しかし、ゴールデンウィーク中の5月4日。
長男からの突然の連絡で、千葉の病院に緊急入院した事を知らされました。


出先で緊急入院。
それも腹痛で。


病名こそ私と同じではありませんでしたが、他は同じケース。
それも、私が退院してすぐの出来事。


ただ単に、偶然なのか、何かあるのか。


今回の出来事が起きた約1ヶ月の間は、次から次へと、予想外の出来事が起き、
体も心も何だか休まらない日々が続いています。


お陰様で、今週や火曜日に長男は退院出来ましたが、
その後の体調や、長い間お休みを頂いた職場のことなど、
心配が尽きませんね。


気分的には、やっと来た週末、少し、ゆっくりと休みたいと思っています。




2018年5月 9日

「親子」



  雨のち曇り。   肌寒い一日でした。


ゴールデンウィークも終わり、すぐに日常が戻ってきた感じですが、
今年は最長9連休だったとか、お正月休みよりも長いお休みです。


私はと言うと、5月2日まで桐たんすのお届けが続き、連休後半にゆっくり
しようと思っていたのですが、入院中の遅れを取り戻すべく、3日、4日は
工場で仕事。


そして、5日、6日をゆっくりしようと思っていたのですが、
5日、自宅の二階で就寝中でしたが、深夜2時頃、一階の電話が鳴っている
ような・・・。


その日は、次男を長岡駅まで送るため午前4時に起床。
4時45分出発の前になって、奥様が長男からのラインを見て驚きの声を。


「深夜に腹痛で救急搬送されたって」
それも千葉県で。


えーーーー。


すぐに次男を長岡駅まで送り、帰ってきたのが午前6時半。
そしてすぐに、長男の入院している千葉市の病院まで車で出かけました。


・県外の知らない病院への緊急入院
・腹痛


先日の私と全く同じケース。
こんな所まで似なくてもいいのに・・・。


病名は、私のように急性虫垂炎ではありませんでしたが、
病院に着くまでの長い道のりの間、あーでもない、こーでもないと、
いろいろな事を考え、ゴールデンウィーク中の渋滞の中、
やっとで病院に到着しました。


そこには、点滴をし苦痛に顔をしかめながらベットに横たわっている長男
がいました。


その日は、救急車を呼んでくれた友達にも会え、お礼を伝えて、
病院を後にしました。


そして昨日、担当のお医者さんとのお話ということで、再び千葉へ。
病名と、経過報告、今後の予定などを聞き、帰路についたのですが、
詳しい原因は、分からないとのことでした。


入院して4日間は点滴のみの生活。
やっと昨日から水分が許され、今日からは重湯が出たようです。
日に日に回復しているようですが、無理は禁物です。


そして、4月から長男がお世話になっている佐久病院の皆様。
ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございません。


まずは、安静にして一日でも早く元気で、退院出来るように
努めていただきたいと思います。



2018年3月22日

長女の引っ越しでした。



   雨のち曇り。   比較的暖かな日でした。


なごり雪にしては、結構な雪が降った関東地方ですが、
昨日の新潟も寒く、まだまだ、冬物が手放せない気温でした。


先週から続く、配達、引っ越し、配達と続き、
昨日の祝日に、長女の引っ越しに行ってきました。


その前に、奥様のお友達からご依頼いただいた、修理・再生した桐たんすを
お届けに五泉市へ。S様、本当にありがとうございます。


その後、ダッシュで家に帰り、ハイエースに引っ越しの荷物を積み、
これまたダッシュで新潟市内へ。
12時10分過ぎにベットが届くとのことで、急いでアパートに到着し、
荷物を降ろしていたら、すぐに業者さんのトラックが到着でした。


長女が選んだ部屋は思ったよりも広くてきれい。
長男の部屋同様、今の子供は、きれいで快適な部屋に住みますね。
これでは、疲れも癒せます。


この日から研修の長女には会えませんでしたが、この部屋も自分仕様に変えて
いくことでしょう。お仕事、頑張って下さい。


人生は一回。
自分の人生ですから、やりたいように進んで下さい。
応援しています。


しかし、昨日の夕食は奥様と2人。
急に寂しくなったような・・・。
自ずと、私達2人だけの生活が、コツコツと近づいてきます。




2018年3月18日

長男の引っ越しでした。



  新潟も長野も快晴!暖かな一日でした。


昨日の、東京までの桐たんすのお届けに引き続き、今日は、
長野県まで長男いさみの引っ越しに行って来ました。


しかし、その前に次男が新発田市でサッカーの練習試合があり
午前5時に起床、5時半出発で新発田市まで送迎。


ダッシュで帰り、奥様を乗せて、先に出発したいさみを追い、
いざ、長野県まで車を走らせました。


今日の引っ越しに行けるかどうか体調を心配していました奥様でしたが
完璧ではないものの何とか回復し、一緒に行くことに。
それは長男の事が心配なはずです。


高速道路も全く順調で心配なく、住居地の長野県佐久市まで。
先月、住まいのアパートを決めに来た時は、新潟は大雪でしたが
佐久市は快晴!今日も佐久市はいい天気でした。


不動産屋さんに寄って鍵を借り、いざアパートへ。
今風のおしゃれなアパートで、意外にも広い部屋。
これなら仕事の疲れも取れそうです。


その後は、必要な家電を買い、いろいろな買い物も済ませようとしたのですが
なにせ、今週は卒業式から始まり、研修、そして最後のアルバイトまで入り、
お疲れモードの長男。


「ゆっくりしたいんだなと」、感じましたので、奥様の希望もよそに、
早めに帰宅させていただきました。


私達も初めての引っ越しで勝手がわからず、いろいろと不手際もありましたが
それも経験。


長男も、もう大人ですから、自分で出来ることは自分でするでしょう。


お互いに気を使った一日でしたが、貴重な経験でした。
明日からは、もう研修が始まります。


いさみ、自分なりに頑張って下さいね。
新潟から応援しています。



2018年3月15日

長男、卒業しました。



  晴れ。   工場の二階は暑いくらいでした。


今週に入り春らしい天候が続き、工場の窓から望む桜のつぼみが、
心なしか、赤く色づいたような気がしています。


本日、長男いさみが四年間お世話になった大学の、卒業式が行われました。


4年前の入学式には、真っ更のスーツに身を包んで、入学式会場の前で
友人二人と撮った写真が思い出されます。


そして今回、奥様と一緒に参加しようと話していた卒業式でしたが、
昨日から奥様の体調が悪化、今日、それでもと、行きかけたのですが
途中まで行き、「やっぱりダメだ・・・」と断念しました。


私達夫婦の初めての子供であり、生まれたばかりに受けた大きな心臓の手術や、
中学生時代、サッカーの試合中に負った腰の大怪我など、本当に心配なことが
多かった長男でしたが、無口な上に弱音を吐かない性格で、中学生の頃から
「理学療法士」になるという夢を、本当に実現した長男に「卒業おめでとう!」
と言わせていただきます。


中学、高校と同じ大学に通う親友も多く、友達にも恵まれた学生生活や、
4年間続けた引っ越しのアルバイトで得た、多くの経験もあったことでしょう。


今となれば、たくさんの事が思い出されますが、22年間、よく頑張りました。
小、中、高校でのサッカー、そして就職試験の時期や、先月の国家試験に望む勉強は、見ていても、ホント、感じるものがありました。


今日の卒業式の余韻を引きずる暇もなく、明日は、就職先の研修で長野まで。
そして、週末は引っ越し、週明けからは早くも研修勤務が始まります。


中学、高校、そして大学で得た、多くの宝物を持って社会人としてスタート
して下さい。


長野県に行っても頑張って下さい。
応援しています。


いさみ、「卒業、おめでとう!」




2018年2月26日

長男、国家試験に行く。



  晴れ。  久しぶりに晴れました。


三寒四温の日が続き、少しずつ、春が近づいていることを実感する
今日、この頃です。


先週、先々週と新潟にいるよりも、東京にいる方が多く、新幹線で帰ってくると
確実に、雪の量が減っているなぁと感じました。


週末は、東京・日本橋での展示会でしたが、最終日は東京マラソン。
昨年もこの日に、展示会を行っていましたが、展示会場の前が、マラソンコースと
言うこともあり、商売どころか、マラソンに見入ってしまうし、道路は封鎖されて
いるので、開店休業状態。


しかし、そんな状況の中、桑原家の長男いさみは、理学療法士の国家試験に
前泊で東京へ。そして、昨日の日曜日に、国家試験に望んできました。


私も東京でしたし、今朝も会っていないので、どんなだったのかは
聞いていませんが、大学生活4年間の集大成。
この国家資格を取らないことには、就職も出来ないのでは?と思うほどです。


でも、確かに勉強はしていました。
毎日、奥様手作りのお弁当を持って大学へ。
年末年始も、土曜、日曜もずっと行っていたような・・・。


大学の卒業式は3月14日。
翌日、15日は就職先の研修で長野へ。
そして引っ越しが18日と、バタバタとした日々が続きます。


大学卒業と就職、そして引っ越しと、長男ということで私達も、この一連の行事を
初めて経験しますが、大丈夫なんだろうか?と不安になったりもしますが・・・。


本人は、思った以上に大人ですので、佐久市での仕事と、一人暮らしを
充実した日々にしてほしいと思います。


国家試験、ご苦労様でした。




2018年1月29日

長野県・佐久市まで行ってきました。



  新潟は雪。 長野は晴れ!


昨日までは穏やかな新潟でしたが、今朝、起きれば雪が降り
積雪は約20cmほど。


薄暗い中、奥様の車の雪を降ろし、玄関先の雪かきが日課となったこの頃、
今日は、長野県、佐久市まで行ってきました。


実は、久しぶりにお休みをいただき、長男いさみの就職先が佐久市の病院で、
そこに住むためのアパートを探しに奥様と長男の3人で行ってきました。


昨日までは穏やかだったのに、今朝からはまた雪。
新潟県→長野県ですので、雪から雪へと、これまた緊張の運転ですが
長野県に入ったら雪はさほどでもなく、佐久に入ってからは、雪は
全くなく、肩透かし状態でした。


さすがに今時世代の長男は、事前に目ぼしいアパートを絞込み、
不動産会社さんとのやりとりも、やっていた様子。


現地に着いてからは、話を聞き、いくつかのアパートを案内していただき
スムーズに契約をさせていただきました。


私達も、初めての土地なので不安でしたが、色々とお聞きし、
親ばかですが、安心して送り出すことが出来そうです。


しかし、佐久市って、長野県ですが雪もなく、今日はピーカンの晴れ!
何でも、日本でも晴れの確率がかなり高い街だそうです。


また、景色も浅間山を望み、土地は広く、佐久平駅周辺の新開地と
旧市街地のバランスも良く、ホント、住みやすそうな街だなーと奥様も
言っていました。


アパートの契約と、就職地の病院を見学し、帰路につきましたが、
新潟県内に入ればそこは大雪。


今日は、加茂市に近づくに連れて、雪の量はどんどんと、多くなって来るような
気がしました。


雪がなく住みやすい町と、雪に覆われた新潟県。
しかし、どちらも個性があり、どちらが良いとは言えないのです。


先日の報道ステーションで、新潟県の大雪のニュースの中で、
あるゲストの方が言っていました。


こんな大雪の新潟に住んでいると、ホント、何でここに住んでいるんだろう?
と思うかもしれませんが、春になれば、その辛さを忘れるくらいの春の芽吹きや、
食の宝庫など、新潟の魅力が満載だと語っていました。


今は、東京が首都ですが、江戸時代は、新潟県の人口が日本で一番多かったと
言います。
その証拠に、新潟県は、神社が日本で一番多い県なのだそうです。


でも、まぁ、住めば都ですから。


往復、6時間の長い旅でしたので、久しぶりに長男いさみと、奥様との
3人での充実した時間を過ごすことが出来ました。


3月からは、新天地での一人暮らし。
色々あって当然ですので、自分らしく頑張って欲しいものです。


私達は、いつも応援しています!


今日も一日、ありがとうございました。




2017年11月19日

タイヤ交換しました。



   雨。  雪の予報でしたが・・・。


昨日は、次男たくみのサッカーの送迎で刈羽まで行ってきましたが、
その後、帰ってきたら奥様が「雪の予報が増えたよ・・」と。


昨日の時点で、新潟の天気予報の雪マークは、日、月、火の
三日間になっていました。
最初は、日、月の予報だったのに。


で、今日は長岡まで行く予定があったので、急遽、昨日
私のハイエースのタイヤを交換しました。
そして、今日、奥様のタイヤも交換し、いつでもOKの状態に。


例年ですと、タイヤの交換は、12月に入ってからが多いのですが、
11月中旬に替えるのは、ちょっと早い。


後は、長女の車のタイヤ交換を残すのみ。
長男は自分で交換してもらうので、今年から私は3台担当。
これって、腰にくるんですよねー。


でも、雪国に住む宿命ですから。
安全には代えられませんからねー。


お陰さまで、2日間、ゆっくり出来ました。
ありがとうございました。