2016年2月27日

千葉県までお届けでした。



   東京は晴れ。  もう春ですね。


先週の日本橋での展示会を終え、小池さんの告別式に参列し
悲しみと慌ただしい一週間を過ごして、今日は、千葉県習志野市まで
桐たんすのお届けでした。


ここ数日は、たいしたことはないのですが、雪が降り、
少しずつ道路には積もった雪がある日々が続いていました。


今朝も、早朝、5時半には、少し積もった雪の中、
千葉県へ向けて高速道路を走りました。


なぜか、長岡市周辺は少し雪はあるものの、本来ならば
雪の本場、湯沢町周辺は、ホント、雪はありませんでした。
やはり、暖冬なのでしょうか・・・。


それを横目に、いつもの三芳インターで最初の休憩をとり、
その後、外環を走り習志野市を目指すのですが、高速道路の渋滞表示板が
美女木からの首都高が渋滞を表示していたため、次の川口JCTから入る
ルートに変更したのです。


しかし、それが裏目に出て、全く車が動かない大渋滞に巻き込まれました。
それも、葛西JCTまで、ずっと。
これ、ディズニーランド渋滞でした。


その後は、高速を降り、下道を進むのですが、なぜか、スムーズに進まないのです。
千葉県、船橋市周辺の道路は、いつもこんななのでしょうか?
お客様からの電話も頂き、早く向かいたいと焦るのですが、
一向に、車は進まないのです。


予定時間を大幅に過ぎ、やっとのことで、S様宅に到着。
新築の素敵なご自宅の二階に、和たんすをお届けさせていただきました。
S様、ありがとうございました。


その後は、東京・日本橋に向けて車を走らせるのですが、
なかなか、船橋市から抜け出せないのです。
ホント、この街の渋滞は、何とかならないのでしょうか・・・。


何とか、京葉道路に乗り、一路、日本橋に向けて走ります。
やはり、高速道路はスムーズですね。
約30分で、日本橋に到着でした。


そこで、大きな再生たんすを素敵なマンションにお届けし、
今日のお届けは終わりました。
N様、ありがとうございました。


その後は、首都高に乗り、いつものように三芳SAの「まい泉」で
遅い昼食を取り、帰路に向かいました。


工場に着いたら、午後4時を回っていました。
それから、残務作業をこなし、今日の仕事が終わりました。


ホント、今日一日、ありがとうございました。


明日は、久しぶりにお休みをいただけます。
少し、ゆっくりしたいです。



2016年2月26日

名職人・逝く



   雪。  まだ、降るのか・・・。


このブログは、書こうか、どうしようか、とても考えました。
桐の蔵の職人さんのことであり、悲しいことでしたので、悩みましたが、
記憶だけに留めず、記録にも残しておいた方がいいかなと・・・。


今週、日曜日早朝、東京・日本橋での展示会の最終日でしたので、
まだ、ホテルの部屋で就寝中でした。


着信は見慣れない携帯番号。
ちょっとびっくりしたので、一度出たのですが、そのまま切ってしまいました。
その後、弟から電話があり、小池さんが亡くなったと・・・。

小池さんとは、桐の蔵の大切な職人。
伝統工芸士の称号を持つ、腕利きの大切な職人さんでした。


ちょうど、一年前の2月に、目の上のあたりが何か変だと、近くの病院へ行き、
MRIを撮ったら、大きな病院へ行った方が良いと言われたといいます。


その後、その病院から大学病院を紹介され、大学病院を受診。
その後は、しばらく様子を見ていた日々が続いたのですが、
検査日に診察を受けたら、即入院。
6月に手術を前倒しして行い、その時は大事には至らなかったのです。


その後は、放射線治療などでリハビリを続け、本人も、一日でも早い、
会社への復帰を願っていましたし、度々、奥さんと一緒に会社に顔を出してくれて、
元気な姿を見せてくれていました。


それが12月に入り、急激に体調が悪化し、歩くことが出来なくなり、
食事も出来ず、お見舞いに行っても、分からないほどでした。


その後は、緩和病院へ移り、2月21日早朝。
家族に看取られ、天国へ召されました。
享年60歳。


思い起こせば、桐の蔵で働いていただいた13年間。
たくさんのいろいろな事が思い出されます。


良いことも、良くなかったこともあったと思います。
しかし、一切の愚痴も言わず、怒ったことなど見たこともない、
穏やかで、真面目な小池さんでした。


職人としての最大の仕事は、数年前に京都の、ある有名なお寺へ納めさせて
いただきました、収納たんすだったと、奥様が話してくれました。


それは、それは、本当に大変だった仕事で、ミリ単位の指示、畳三畳ほどの大きさ
細かな細工、どれをとっても、本当に気が狂いそうな仕事でした。
それを小池さんは作り上げ、私が京都までお届けしたのでした。


本当にたくさんの思い出がありますが、ただ、今は、ゆっくりと
休んで下さいと言いたいです。


小池さん、本当にありがとうございました。
合掌



2016年2月19日

東京・日本橋で展示会です。



    東京は晴れ。  とても暖かいです!


雪の新潟を離れ、今年最初の桐の蔵の展示会が
今日から始まりました。


まずは、東京・日本橋での展示会です。
場所は、日本橋・三越の真向かいにある、「ブリッジにいがた」で、
今日から日曜日までの三日間開催です。


今回は、新作のチェストも登場し、さらにグレードアップしました。
どうぞ、お時間をお作りいただき、お出かけいただければ幸いです。


皆様のお越しを、心よりお待ちしています。



2016年2月11日

東京までお届けでした。



   晴れ。   東京は快晴!


今日は建国記念日の祝日。
ハッピーマンデーではない、週の半ばの祝日は、久しぶりに新鮮でいいですし、
ちょうど疲れも取れていい感じ。昔のように、こういう祝日も増やしてほしいです。


今日の一軒目は、神奈川県逗子市。
この街、とってもいい感じの街並みで、隣の鎌倉と共に、好きなんです。


そんな、街の住宅街にある一軒家に焼き桐仕上げの「和たんす」を
お届けさせていただきました。
お話を伺えば、お嬢様のお嫁入りのたんすだったのですが、
新居には、置く場所がなくて、ご実家に置くことになったそうで、
ご実家にお届けでした。


この「新唐草」という焼き桐の和たんす。
実は、以外と人気のある作品で、一年に何度も作ります。
前面に「板目」を使い、その板目をそろえるのは大変ですが、
それがまた、「味」になっていい感じなのです。
Y様、ありがとうございました。


その後は、都内に入り、再生たんすを2本セットで
お届けさせていただきました。
O様、ありがとうございました。


都内のマンションは、車を玄関前に止めてお行けない場所が多く、
今回も、一旦、たんすを降ろしてから、車をコインパーキングを探して止めて、
それからお届けって、いうパターンでした。


コインパーキングがなかったり、路上駐車できなかったりで、
結構、苦労する場合が多々あります。
これも、都会だなぁ~って、感じます。


今日は、新潟も久しぶりに晴れて、気持ちのいい一日だったようです。
行き帰りの高速道路も順調でした。


さて、明日は、弟の鈴木が、一人で佐渡まで桐たんすのお届けです。
気を付けて、行って来て下さい。



2016年2月 2日

東京までお届けでした。



    東京は晴れ。   暖かかったです。


週末、京都へのお届けから帰り、一日おいて、今日は、
東京まで桐チェストのお届けに行ってきました。


今日は、午前中に2軒行かなければならないため、午前5時半出発。
久しぶりに緊張を持って起床し、東京へ向けて高速を走りました。


今朝の高速道路は、一部雪はあったものの、問題なくスムーズに
走れました。


お陰で、一軒目のお客様のマンションには、午前9時過ぎに到着。
素敵なマンションに、ブラックシリーズに再生した、洋服たんすと
和たんすをお届けさせていただきました。
I様、ありがとうございました。


その後、車を大田区に走らせ、昨日、お引越しを済ませたばかりの
ピカピカのマンションに、アンバーシリーズのチェストを2本セットで
お届けさせていただきました。


ご夫婦の寝室に2本並んだチェストは、室内の色と雰囲気に
ぴったりと合い、ホント、カッコよかったです。
W様、ありがとうございました。


その後は、環八をひた走り、三芳SAのいつもの「まい泉」で昼食を取り
午後3時には、工場に到着でした。


その後も、しっかりと仕事ができ、充実した一日でした。
実は、明日も、柏崎市まで、桐チェストのお届け。
毎日のように、お届けが続きますが、ホント、ありがたいことです。


今週末は、ちょっと、ゆっくりしたいです。