2015年6月30日

山形市までお届けでした。



     晴れ。   山形は涼しかったです。


今日は、山形市内まで桐たんすのお届けに行ってきました。


今回のお客様は、3月に、わざわざお電話をいただき、桐の蔵の
ショールームまでお出かけいただき、和たんすをお求めいただきました。


3尺8寸(幅1150mm)の胴丸という、和たんすでしたので、
少々、お時間をいただき、本日、職人・石山君と一緒に
お届けに行ってきました。


出発は、午前6時半。
日本海東北道を新潟亀田から乗り、胎内で降りて、国道113号を
山形に向ってひたすら走ります。


磐越から東北道、そして山形道を通って行っても約3時間。
下道で行っても約3時間なので、今回は下道で行くことに。


でも、さすがに下道は行っても行っても着かない感じです。
それでも、南陽を過ぎれば、バイパスになっているので、
そこからは、比較的、スムーズにいくことが出来ました。


お届けさせていただきました、S様のご自宅は、立派な大きな
ご自宅でしたので、2階にも、スムーズに上げることができました。


帰りも、スムーズに帰って来ることができ、途中、石山君お勧めの
ラーメン店でお昼を食べ、午後1時過ぎには、工場へ戻ってくることが
出来ました。


その後は、たっぷりと仕事もできました。
S様、今日は、ありがとうございました。



2015年6月25日

東京までお届けでした・・・。



    曇り。  東京は蒸し暑かったです。


梅雨入りした新潟ですが、今年は今のところ雨が少ないです。


雨が少ない、なんて言うと、サッカー少年の次男たくみにとっては
好都合なのでしょうが、桐たんす屋さんにとっては、少々、頭が痛いです。


この梅雨時期の暖かい雨が、桐の板の渋を抜くには、うってつけの雨なのです。
だから、梅雨前に「板干し」を終え、梅雨の雨に当てさせて、渋を抜き
夏の天気で、板を乾かす。その繰り返しで、桐の板の渋を抜き、
使えるようになるのです。


今年の板は、順調に渋が抜けるのでしょうか。


今日は、東京と埼玉県まで、桐たんすのお届けに行ってきました。
出発は午前5時半。
職人石山君と二人で出発。新潟在住の石山君は、午前4時半起床とか。


でもこの時期は、午前5時なんて、もう明るい。
そんな中を一路、東京まで。


一軒目は目黒区の素敵なマンション。
小袖たんすの和たんすをお届けでした。
T様、ありがとうございました。


次に向かったのは、埼玉県蓮田市。
首都高から東北道を走ること1時間。
埼玉スタジアムを横目に見ながら、結構な距離を走りました。
埼玉県って、結構、広いのですね。


お届したのは、胴丸の和たんす。
2階に設置でしたので、また腰が出ないか心配でしたが、
何とか上げることが出来ました。
K様、ありがとうございました。


その後は、東北道から北関東道(?)を走り、高崎まで出て、
帰路につきました。


帰ってきたのは、午後3時前。
それから一仕事出来ました。


東京は、蒸し暑い気候で、気温は約30度。
梅雨、真っ盛りでした。



2015年6月19日

仙台での展示会です。



   曇り。   


先週の火曜日に出してしまった「腰」ですが、2度の
神経ブロック注射と痛み止め、座薬のお陰もあり、何とか、
楽になってきました。


今回は、結構な重症で、仕事もままならず、配達も変わってもらったりで
何かとご迷惑をおかけしました。


しかし、全快ではない腰ですが、明日から仙台での展示会のため、
今日の午後、仙台に向けて出発します。


仙台まで、片道、約3時間の運転と、その後の搬入。
桐たんす屋さんの仕事は、結構、腰にくる仕事です。


当然ながら、湿布と座薬を携えて、仙台まで行ってきます。
どうぞ、仙台のお客様、東北地方のお客様、
お時間をお作りいただき、お出かけいただければ幸いです。


心からお待ちしています。



2015年6月12日

やってしまいました・・・。



   雨、時々、曇り。


先週末は、東京・代官山での展示会でした。
久しぶりの東京での展示会でしたし、良い出会いも、
たくさんいただくことが出来ました。
本当に、お出かけいただきましたお客様、ありがとうございました。


日曜日の展示会を終えてから、工場に着いたのが夜9時過ぎ。
そこから、桐たんすをトラックから降ろしてから帰宅しました。


翌朝、目が覚めると、何だか「腰」が痛い。
それも、結構な、痛み。


そこで昼食を食べてから、嫁さんから聞いた
「整体・あんま・マッサージ」へ行ってきました。


意外と楽になり、午後もそのまま仕事が出来たのですが、
翌朝、お茶碗を取ろうと屈んだら、「・・・」
そのまま、崩れ落ちました。


その後は、どうすることも出来ず、寝たまま。
寝返りも打てず、身動きひとつ出来ないまま、時間が過ぎていきます。


嫁さんと親方は、救急車を呼んだ方がいいと言いますが、
そんな「腰」で救急車なんて!と、這いつくばり、痛みに耐えながら
必死で、嫁さんの車で整形外科まで行きました。


そこからは、もう、車いす。
レントゲンのベットにも上がれず、やっとで上げてもらい、
その後は、注射と患部を温めて、痛み止めと座薬をもらい、帰宅でした。


でも、車から降りることも出来ず、またまた、嫁さんに
手伝ってもらい、這いつくばりながら、やっとで家に入る事ができました。


私、約10年程前に、腰を出してから、その後も何度か、
お医者さんのお世話になっているのですが、今回は、その比ではない
過去最高の「腰」をやってしまいました。


家に帰ってきても、トイレにも行けず、何も出来ない。
今から思うと、救急車を呼んで、ちょっとの間、入院させてもらった方が
良かったかも知れないくらいでした。


思い出すと、「腰」の出る伏線はありました。
5月末には、大阪まで12時間の一人での運転と、桐チェストのお届け、
その後、工場の団地の「どろ上げ」が続き、そして、今回
代官山の展示会で、トラックの運転と、搬入・搬出と
腰を使う場面が多くありました。


火曜日にお医者さんに行って、今だに、痛みが引かないので、
今日、またお医者さんに行って、痛み止めの注射を打ってもらいました。


明日は、東京まで桐チェストのお届けですが、弟と石山君にお願いして、
私は、安静です。


この後も、山形市と再び、東京へのお届け。
そして、仙台市での展示会も控えています。


それまでには、何とか直して、復帰しなければ。
今週末は、静かに、休養しています。



2015年6月 6日

東京・代官山にて・・・。



   曇りのち晴れ。 


東京は、梅雨入り前のすがすがしい天気です。


昨日の早朝に新潟を経ち、午前中に準備を終え、
午後から代官山・ヒルサイドテラスにて、桐の蔵の展示会を
開催しております。


昨日、今日と、本当にありがたいことに、お客様に
お出かけいただき、感謝しております。
明日は最終日、お時間をお作りいただき、お出かけいただければ幸いです。


さて、明日は、桑原家の次男・たくみの所属するサッカークラブが
神奈川県の湘南へ、日帰りで遠征です。


新潟出発は、早朝4時。
なので、加茂市にある桑原家出発は、午前3時。
自ずと、嫁さんの起床は、午前2時半とか・・・。


湘南では、一日、試合でもまれ、午後4時半頃に、
新潟へ向けて、出発する予定とか。


全てにおいて、日帰りの遠征は、初めての経験。
選手も監督もご父兄も大変だと思いますが、どうぞ、お気をつけて
行ってきてください。


私たちも、明日、新潟に帰ります。



2015年6月 4日

東京・代官山での展示会です。



   雨のち曇り。   肌寒い日です。


ここ数日、暑かったり、肌寒かったりで、気温差が激しく
体調管理が大変です。


さて、明日からは東京・代官山にて、桐の蔵の展示会を
行います。


会場のヒルサイドテラスは、私が若かった頃からの建物ですが、
まだまだ、代官山での存在価値は、いまだに健在です。


そして、今は、「代官山・蔦屋書店」がシンボル的な存在に
なっているのでしょうか。


いずれにせよ、落ち着いた大人のまちでの展示会です。
毎回、都内をはじめ、近県からもお出かけいただける展示会です。


どうぞ、お時間をお作りいただき、お出かけいただければ
幸いです。


皆様のお越しを、心よりお待ちしています。




2015年6月 1日

南魚沼市までお届けでした。



    晴れ。   今日も暑かったです。


週末の土曜日は、職人・石山君と大阪市内まで桐チェストの
お届に行ってきました。


お届は午後でしたので、出発は午前7時。
新潟から通う、石山君にとっても、やさしい時間でした。


高速道路を順調に西へ走ること、約6時間。
渋滞もなく、無事に到着しました。
で、その新築のご自宅を見て、「びっくり!」
素敵な3階建ての新居は、玄関の扉からして「ブルー」の
どのお部屋も、光が差し込み、坪庭のグリーンが素敵なご自宅でした。


心配していた3階への運び込みも、ギリギリでしたが、何とか
上がり、これまた素敵な和室の、桐チェスト専用に作られた場所に
ぴったりと2本、ブラックのチェスト置かれました。


さすがに和室にも合う、ブラックの桐チェスト。
1m72cmの高さのチェストが2本。
1000幅と800幅の2本が、ホント素敵でした。
Y様、ありがとうございました。


そして今日は、新潟県の米どころ、南魚沼市まで石山君と
桐たんすのお届けに行ってきました。


今回、お届したのは、まだ、雪のある2月に桐の蔵まで
来ていただき、打ち合わせをさせていただき、やっと完成した
特注の掛け軸たんすです。


幅が1300mm、奥行きが880mmと、ちょっと他ではないサイズ。
奥行きに至っては、普通のたんすの約2倍の奥行きです。


このたんす、木取りも大変でしたが、組み立ても、色付けも大変!
組み立ては、私も弟も横山さんと一緒になって、3人で組み立てました。


で、お届けでしたが、2階へ!(汗)と言われ、上がるのか
不安でしたが、これも何とか上がり、事なきを得ました。
S様、ありがとうございました。


日曜日を挟みましたが、連続で大きなたんすと、運び入れの難しい
場所で、神経を使いました。


この後も、製作の現場では、大きなたんすが続いています。
暑さも続き、体力の消耗も激しくなってきますが、仕事後の
冷たいビールを楽しみに、この暑さをしのぎたいと思います。


2組のお客様、本当にありがとうございました。