2012年3月29日

地元・新潟市での展示会です。



    晴れ。 今日は暖かい一日でした


今日は、やっと春らしい天気になりました。
明日からは、地元、新潟市での桐の蔵の展示会が
始まります。


今年は、雪が多かったお蔭で、冬の展示会をあきらめ
今週末の開催となりました。


新潟県内、または近郊にお住いのお客様。
どうぞ、お時間をお作りいただき、お出かけいただければ
幸いです。


ご来場を、心からお待ちしています




2012年3月27日

感謝。



   雪のち、曇り。   晴れ間ものぞきました。


今朝起きたら、またまた雪が積もっていました。
ここの所、ずーーーと、雪。
ホント、もう、怒りさえ覚えてきます



今年はいつになったら暖かくなるのでしょうか?
昨今は、地球温暖化だったのではなかったのでは?
いつから氷河期になったのでしょうか・・・。


昨日は、子供たちの学校の離任式でした。
この発表が載る新聞は、一年に一度、じっくりと
目を皿にして見る記事です。


長男いさみの高校のサッカー部の顧問の先生が転任。
そして、何と言っても、私の母校であり、いさみもお世話になり、
現在、長女、次女がお世話になっているK中学校のサッカー部顧問の
S先生が6年間のK中での職員生活を終え、転任になりました。


S先生、ホント、K中サッカー部では伝説の先生だったのでは
ないでしょうか?


まだK中にサッカー部がなかった年に赴任。
当時は、同好会として活動していたと聞いています。
しかし、赴任してサッカー部の顧問となった直後、生徒に
「毎週試合がいいか、休みがいいか、どっちだ!」と
聞いたといいます。


それを聞いた子供たちは、「試合がいい!!」と堰を切ったように
言ったといいます。
その後、S先生の指導は厳しいと同時に結果をも出していくのです。


赴任2年目の長男いさみが入学した年の中越地区大会。
中越地区4位ながらも県大会出場。


そしてその翌年。
何と!中越地区大会「優勝!」で、県大会出場!


そして、翌年、長男いさみが三年生の年。
郡市大会で得失点差負けながら、前年の先輩たちのお蔭で
2位で中越大会出場。


中越地区大会3位ながら、やっとで県大会出場を決め、
これで、3年連続、県大会出場という快挙。


そして県大会では、並み居る強豪と接戦を繰り返し、
決勝進出!!
決勝では敗れたものの、北信越大会出場の伝説を残していただきました


それも、すべてS先生のお蔭だと思うのです。
思いっきり厳しい先生でしたが、その裏は、本当に
優しく素晴らしい先生でした。


新聞で転任が発表された後、お世話になった、数々の
先輩方が、K中のS先生のもとを訪れ挨拶をしていったといいます。


長男いさみも、昨日、同級生達、全員と最後の挨拶に行って来ました。
ホント、私も、素晴らしい先生でしたし、素晴らしい顧問(監督)
だったと思います。


同好会だったサッカー部を引き継ぎ、
次から次へと、大会で結果を残し、最後には
北信越大会まで連れて行ったいただいた先生。
本当にありがとうございました。


子供たちの心の中には、永遠に残る先生でしょう。
S先生、本当にありがとうございました。




2012年3月23日

つかの間の晴れ間を見つけて・・・。



  曇りのち雨。   すっきりとしません。


ここのところの新潟は、お彼岸を過ぎたというのに
雨や雪がまだまだ続き、晴れ間が全く覗けません。


今年は大雪だったのですが、それがここまで長引くとは
思ってもいませんでした。


3月の初めにつかの間の晴れ間を見つけて、干してある板を
倉庫に入れたのは、ちょっと前。
そうすると、板干場が空き、その後、昨年末に製材してあった
新潟県津南町産の桐を、いつ干そうかと、待ちわびていました。


私としては、ここ最近は気温も上がらず、雨ばかりでしたので、
晴れ間が続いてから、と思っていたのですが、
今日、職人・横山さんが、「今日、板、干そう!」というのです。


確かに今日は、予報よりも暖かい!
そして午前中は曇りで板も乾いている。
でも、午後からは雨の予報。それも以降、ずーーと雨。


今日しかなかったです。
午前9時を過ぎてから、急遽、決定!


全員で板干し決行でした。
しかし、今回の新潟県津南産の桐。
素晴らしいです!!


大きく、太い桐が多く、最高の立側の板が取れそうです。
思わず、干していて惚れぼれしました。


私が、午後から新潟市内に再生箪笥のお届でしたので、
午前中だけ頑張ったのですが、午後から帰ってきてからも
まだまだ、みんなが頑張っていたので、ホント、ありがたかったです。


そして、午後2時過ぎに板干し終了。
それを待っていたかのように、雨が降ってきました。


確か、数週間前の板入れの時も、入れ終わったら
雨が降ってきましたから、ホント、ついています。


何でも、今週末は、また雪とか・・・。
今年は、いつまでこんな天気なのでしょうか?
もう、お願いしますよ・・・と言う感じです。


新潟の春は、少しずつ、少しずつみたいです・・・。



2012年3月16日

名古屋での展示会です。



    名古屋は晴れ。   暖かいです。


正午に新潟を出発して、先程、名古屋に到着しました。
名古屋は、さすがに暖かいです。
でも、明日からは雨とか・・・。


明日からは、名古屋市での展示会です。
遠方からお越しいただける連絡も多く、本当にありがたいです。


どうぞ、名古屋の皆様、近郊の皆様、お時間を
お作りいただき、ご来場いただければ幸いです。


心よりお待ち申し上げます。




2012年3月12日

1勝4敗



   雪。   ホント、予報通り降ってきました。


10日の土曜日、次男たっくん所属のKFcの
U-8(2年生以下)のグ○ン○ナカップという試合に行ってきました。


2年生以下と言いながら、Kfcは、2年生3人、
一年生4人の計7名の構成です。


何でも予選というか、最初の試合は2月11日にあり、すでに決勝?へは
進めない我がKfc。
その時は、いつものように大敗が続き、全敗だったと言います。


さて、今回はどうなるのか?
楽しみに行ってきました。


一試合目は、雪深い魚沼からのチーム。
試合が始まると、なかなかスピーディーに動くチームです。
しかしながら、今回から2年生に新たにT君という
大型新人が加入したお陰で、何と!接戦が続いています。


このT君、身長も大きく、明るく、冷静なので、
将来が楽しみです。
そんなこんなで、試合は1-4(?)で敗戦。
しかし、いつもの敗戦とは内容が違います。


そして2試合目は、新潟市内のM池さん。
この試合も、結果としては負けましたが(スコアは不明)、
先行きが明るい負けでした。


そして3、4試合目は同じく新潟市内のM浜さん。
強豪相手ですが、良い試合でしたが、結果は負け。


そして最後は、柏崎市のチーム。
何でも2月に行ったときは、ずーーと負けていたチームだそう
ですが、今回は、何と!3-2(?)で勝利!!


こんな大会で勝つのって初めてではないでしょうか?
2年生以下の試合なので、みんな相手は2年生。
一年生が入っても、1~2人と言う感じですが、
我が、Kfcは、半分が1年生。
そんなメンバーで、良く戦いました。


いやー、一人の心強いT君の加入で、こんなにも
変わるんですね。


さてさて、そろそろグランドの雪も少なくなってきて
外でのサッカーが気になります。
早く、外でサッカーがしたいものです。



2012年3月11日

3月11日



    晴れ。   でも予報では明日はまた雪とか・・・。


あの忘れもしない、昨年の3月11日から今日で1年。
昨年は、長男いさみの高校合格発表の日。
まだかと、首を長くして電話を待っていたその時間、
「グラグラ」っと、大きな揺れを感じたのでした。


私は、中越地震を経験していないので、その揺れの大きさに
少しビックリしましたが、その揺れはかなり続いていた記憶があります。


その後、ラジオとテレビから流れる報道からその被害の
大きさが伝わってきたのでした。
その時、電話で長男いさみの高校合格の一報を堺に
電話が通じなくなったのでした。


その後は、高校合格祝いどころではなく、仙台に住む
姉家族の安否確認が取れないまま数日。
やっと避難所に身を寄せていた姉家族の安否確認が出来たのでした。


今日のテレビは、そんな報道番組でいっぱい。
たまたま付けた朝のテレビ番組「ボクらの時代」で、
歌手・吉川晃司が「3月11日は、明治維新と同じくらいの日本を変えた
出来事」と言っていました。


他ブログより
この1年間、僕は日々の中で被災地のことを忘れて大笑いしたことや大騒ぎをしたことが何度もありますので、今日だけ急に被災地の方向に目をやるなんてこと、できませんし、そのつもりもありません。
だから、先週まではオセロ中島と霊媒師一色だったテレビが、昨日今日だけ右向け右の震災特集に変わることにも嘘っぽさを感じますし、SMAP様を筆頭にしたジャニーズアイドルの方々の、現地での"いたたまれない"表情にも、身震いするほどの薄っぺらさを感じます。
願わくば、こんな日のこんな特集番組ですら、実はテレビ局内では視聴率を気にしていたり、現地のロケバスの中でアイドルの方々が「次はどこでどんな顔すりゃいいの?」とマネージャーに聞いてないことを祈ります。

2012年3月 9日

「板入れ」決行!



     曇りのち、雨。  夕方から雨でした。


ここ数日の新潟は、比較的暖かな日が続き、時折、
日も差す、穏やかな天気が続きました。


そうなると、一年間、干し続けてきた「桐板」の
板小屋への板入れが気になってきます。


少し前までは、板干し場には雪がびっしりとあったのですが、
ここ数日の気温で解け出し、そして板入れを頭に入れてからは
除雪までして、板入れの準備をしてきました。


そして昨日、天気予報と相談しながら、今日の「板入れ」の
作業を決めました。
でも、今日の天気予報は何でも午後からは「雪」だとか・・・。


朝8時の始業から、トラックに板を積み、板小屋へと
運ぶ作業を、次から次へと続けます。


乾燥して乾いた「桐板」は軽くて、作業ははかどりますが、
それでも、外仕事は時間が経つと、冬の間、なまっていた
体には、ずっしりときます。


午前中である程度の先行きは見えて、昼休みへ。
そして、午後からは板小屋の2階へ板を運ぶ、重労働へ突入です。


でも、何とか、午後2時には、すべての作業を終え、
桐板を小屋へしまうことが出来ました。
今回の、桐板は、いいですね~。
さすが、新潟県津南町産です。


そうこうしたら、雨が降ってきましたから、
ホント、天気も味方してくれました。


今度は、昨年末に仕入れ、製材してある津南町産の桐板を、
干す作業です。
今度は、もう少し、暖かくなったらですね。
職人の皆さん、ご苦労様でした。