2011年12月29日

一年間ありがとうございました。



     曇りのち雨。     時々雪も降ります。


今、仕事のあとの大掃除を終え、職人さん達が
帰った事務所で、これを書いています。


今年一年間の桐の蔵の仕事を終え、
(私は明日、新潟市まで桐たんすのお届けがありますが・・・)
毎年の事ながら、こうして一年間を振り返りつつ、
このブログを書くのが年末の一つとなりつつあります。


今年は大震災、そして新潟では大水害があり、被害に遭われました
多くの方々には、心からお見舞い申し上げます。


今年の桐の蔵は、県内外はもとより、遠く、県外からも
多くのお客様にお出かけいただきまして、ご縁をいただ
くことが出来ました。
本当に、ありがとうございました。


2012年の桐の蔵は、一人一人のお客様との出会いを
大切にし、そしてしっかりと向き合い、喜びを
分かち合えるものづくりに全力で向かいます。


桐の蔵は、明日30日から1月4日まで、
お休みをいただきます。
新年は、1月5日からの営業になります。


最後に、2012年もあなた様にとりまして、
良き年でありますよう、心からお祈りいたします。



2011年12月27日

新しい年に向かって。



    曇り時々、雪。  青空も覗きました。


クリスマスも終わり、年末、そしてお正月を迎える
この日々。


ワクワクしたクリスマスが終わると、すぐにお正月を
迎える準備なのですが、それまでのこの数日間、
華やかな時間が終わって、新年を向かえるまでの
この数日間が、何とも言えず好きです。


桐の蔵は、実質、明日、明後日の2日間だけなのですが、
それをしっかりと勤め上げて、一年間を終えたいという
思いと、最後までしっかりと勤め上げたいという義務感が
交錯して、最後まで、しっかり仕事をしよう!という感じです。


これは、毎年の事なのですが、この新年を向かえるまでの
数日間が、何とも言えず好きなのです。


まだ、今年、一年を振り返るには少し早いようですが、
それでも、今年は、良い年でした。


個人的にも、家庭的にも、そして桐の蔵でも。
その単純な、普通の日常が過ごせることが
ありがたいと思います。


新しい年を迎える準備の日々。
残された数日を、一所懸命、頑張ります。




2011年12月25日

メリークリスマス。



    雪。   ホワイトクリスマスです。


クリスマス寒波と予報で言っていた通り、昨日の
クリスマスイブから、ドンドンと雪が降ってきました。


23日の天皇誕生日は、工場はお休みでしたが、私は
一日、工場でずーーーとお仕事。
この日の仕事の出来が、相当進んだお陰で、昨日の
クリスマスイブの、次男たっくんのKfcの練習試合に
応援に行くことが出来ました。


さすがに雪国のこの時期は、体育館でのフットサルです。
で、クリスマスイブでもサッカーの練習試合です。
この日は、一年生から五年生までの交流戦でした。


で、2年生のたっくんは、1,2年生の組で出場です。
午後1時から5時までという、真冬なのに地獄のような
試合時間に、親も子もホトホト、大変・・・。


でも、子供達は、生き生きしながら試合に望んでいくのですね。
ホント、たいしたものです。
観戦している、我々、親は、寒さとの戦いですが・・・。


で、たっくんですが、私から見ると、細かいところは
いろいろあるのですが、全然、良いと思うのですが、
嫁さんは、「もっと行けるのに!」、何で!もっと行かないのかな?
と、ちょっと不満モードでした。


私自身は、サッカー経験者ではないので偉そうなことは言えませんが、
個人的には(あくまでも個人的ですが)、今流行のパスサッカーよりは、
個人で状況を突破していく、ドリブルサッカーが好きですし、
たっくんにも、そんなスタイルで行ってほしいと思っていますが・・・。


嫁さんの、もっと、ドンドン行ってほしいと言う気持ちも
分かるのですが、私自身は、ドンドン行きながらも、コントロール
と言うか、細かく抜いていってほしいと言うか・・・。


まあ、でも、まだ二年生ですから、そこまで求めていないというか・・・。
いろいろ、あるでしょうが、とりあえず、たっくんがサッカーを好きで
楽しんでくれること。
それが一番ですね。


今日は、メリークリスマス。
明日からは、年末モードです。




2011年12月21日

自分の地図



    曇り。  雪が少しずつ消えています。


昨日は、先輩の主催する勉強会に仕事が終わってから出かけてきました。
これは後輩から「桑原さん来ませんか?」と誘われたもので
昨日で2回目。


昨日は、何でも女性の先生をお迎えするとのこと。
しかし、午後7時からだと思って出かけたらすでに始まっていました。
(午後6時半開始でした・・・)


で、話の内容はと言うと、NLP(神経言語プリグラミング)
何だかめんどくさそうなのですが、講師の先生がとってもわかりやすく
説明してくれたので、私にも理解できました。


その話の中で、私の中にすとん入っていた言葉が
「自分の地図」
話の流れはどんなんだか忘れましたが、自分の地図と言う言葉が
何となく、心の中に入ってきたのでした。


自分の地図を変える一つのスキルがこのNLPというらしいの
ですが、それに気づくのも自分次第みたいな・・・。
うーーーん、何を言ってるのかよく分かりませんが、
昨日、体験した私としては、何となく感じたのでした。


久しぶりに、有意義な時間でしたし、
少人数の勉強会ですが、とってもわかりやすく良い講師でした。


ここのところ、会社にこもって仕事ばかりでしたから
たまには、こういう時間も大事ですね。
ありがとうございました。




2011年12月20日

伝統工芸士・合格!



    曇り。  寒いです!!


昨日、たんす組合の事務局さんから電話があり、
「小池さん、伝統工芸士の試験、合格しましたよ!」と
嬉しい、電話ををいただきました。


昨年、実技試験を合格しており、今回の筆記試験の合格で
晴れて、伝統工芸士の仲間入りです。


実力は、もう十分にありました。
でも、前にいた会社では工芸士の試験は必要なかったらしく
受験できなかったと言います。


昨年、久しぶりにあった伝統工芸士の試験に、
私から「受けて下さいね。」とお願いしていました。


これで、桐の蔵は、横山さん、鈴木、そして小池さんと
3人の伝統工芸士が誕生です。


もう、3人とも実力は十分ですから、その力を
いかんなく発揮して欲しいですね。
小池さん、おめでとうございました。




2011年12月16日

やはり、降ってきました・・・。



   雪。   積もっています。


今日からは、天気予報でも雪のマークが並んでいた新潟ですが、
朝起きても、この辺りは全く積もっていませんでしたし、
雪も降っていませんでした。


で、会社に行き掃除をしていたら、雪らしきものがチラチラと。
そうしたら石山君の車が、雪を積んで来るではないですか。
なんと!新潟市内は、10cm位の雪が積もっていたそうです。


そうこうしていたら、雪がシンシンと降ってきます。
今日は一日中降っていましたので、私の車の屋根には、
もうすでに、15cm以上の雪が積もっています。


初雪なのに、ちょっと降りすぎかも?
これから、車の雪を下ろして早めに帰宅します。
明日は、富山県まで行くのですが、高速道路は大丈夫なのだろうか?
気をつけて行ってきます。




2011年12月14日

名古屋まで・・・。



   晴れ。   今日は暖かな日でした。


昨日は、今年最後の長距離であろう「名古屋」まで
桐たんすのお届けでした。


それも、4尺という大きなサイズの洋服たんす。
それも桐の蔵オリジナルの漆金具を付けた別注の
「春・洋服たんす」でした。


名古屋は年に何度も行くので、大まかな時間などは
把握出来るのですが、昨日は新潟県と長野県の県境は
雪。


そして、その後、長野県に入ってからはその安心からか、
・・・でした。


その後は、順調に行き、無事にK様のご自宅まで
総桐・洋服たんすをお届けすることが出来ました。
K様、ありがとうございました。


しかし、今年からか長距離での桐たんすのお届けでは、
弟と二人で行くのですが、運転を代わって助手席に移ると
すぐに眠くなってしまし、寝てしまうのです。


これって、昔にはなかったことなので
さすがに年をとってきたんだな。と思うのです。


確かに、ここのところあーーー、年だな。と
思ってしまいますね。
こうして、段々と、年をとっていくんでしょうね。




2011年12月11日

小山 卓冶



     群馬は快晴!、新潟は雪でした。


昨日の夜から、今日の群馬県までの桐たんすのお届けが
気になって、何度も夜中に目が覚めてしまった。


時折降る、あられが気になり、雪が積もっているのか
どうなるのか?
そして、少々、風邪気味の体も気になってはいました。


群馬県なので、出発は午前6時半。
でも、5時半には起きて、ネットで」道路状況を確かめ、
大丈夫だと確認して出かけました。


が、途中、長岡までの高速は積雪があり、ちょっと不安。
でも、それ以降は、全く問題なく、高崎まで行くことが
出来ました。
Y様、ありがとうございました。


そして、帰ってきて夕方からは、幼馴染が企画した
ライブに行って来ました。


私、コンサートには何度も行ったことはあるのですが
ライブは初めて。
それも、友人が企画した小さな小さな会場でしたので、
ホント、手に取るような距離にアーティストがいました。


「小山 卓冶」
幼馴染から「隆、頼むから来てくれ」と言われた時は
誰だっけ?っという感じでしたが、今日、ライブで聞いて
思い出しました。


我々の青春のひと時が。
次から次へと、その時代に聞いた歌が・・・。


ホント、久しぶりに、良い時間でした。


とっても趣のある会場での小さなライブでしたが
私にとっては、20歳の頃を思い出す、素晴らしい時間でした。


雄一郎、ありがとう!
怪我が治ったら、快気祝いやろう!!




2011年12月10日

とうとう、雪の季節です。



   曇り時々、雨。


昨日の夕方、工場の仕事を終え、車を自宅に向けて
走らせているとき、何だか、空から降ってくるものが・・・。
ついに来たか!と言う感じで、雪が降ってきました。


それまでは、例年になく暖かな日が続いていたのですが、
とうとうやってきたという感じです。
車のタイヤを交換していてよかったです。


そんな中、今日は、午前中は工場で一人仕事をし、
午後からは、次男たっくんがKFcの3,4年生のフットサルの
試合に呼ばれたので、嫁さんと応援に行ってきました。


先週の2年生の試合は、同学年同志でしたので、結構、
行くことができたのですが、さあ、今回は上の学年の子供たちとです。
どこまで出来るのか、不安でした。


外はみぞれ交じり、体育館も極寒でした。
そんな中、3,4年生に交じった2年生のたっくん。
人一倍小さく、まるで赤ちゃんです。


4年生の試合が先に始まったのですが、先週の
2年生の試合とは全く違い(当たり前ですが)、
こんな中で、本当にたっくん、出来るのか正直不安でした。


で、たっくんが出た試合は、3年生の試合。
そのスタメンとしてMコーチは出してくれました。
試合が始まり、どうなるかと思ってみていたのですが、
意外と行けるような気がしてきた時、たっくんのシュートで
得点できました。


最初は、攻撃のポジションで、前で待っていただけなのですが、
それが運よく入ってくれました。
そこで、気分良くしたか、次の試合でも1得点。
何とか貢献できてよかったです。


実は、前日のお風呂の中で、明日は3年生たちとの試合だけど
何点行ける?と聞いたら、「俺、3点!」と言っていたのです。
この時点で、目標まであと、1点。


その後、気温は段々と下がり、見ている方も、
足先が冷たくなってくる天気。
そんな中、3点目は、K君の素晴らしいアシストから
足に当てるだけのごっつぁんゴールで、3点目でした。


その後は、なかなかやれずに、最終試合。
出てきたときは、寒さと疲れからか、体がぶるぶる震え、
いかにも寒そうで、全く動けませんでした。


そんな中、右の守備から、ドリで仕掛け、
得意な位置からのシュートで4点目でした。
もう、寒さで動けなかったようですが・・・。


その試合を終えて、すぐに帰宅し、
熱いお風呂に一緒に入り、今日を振り返りました。


まだまだ、2年生ですから、いっぱいいっぱいでしょう。
でも、楽しかったと言ってました。


明日の日曜日は、ゆっくり休んで下さいね。
私は、明日は、群馬県まで桐たんすのお届けです。
雪が心配ですが、事故もけ怪我もなく、無事にお届けできますように
気を付けて行って来ます。




2011年12月 7日

久しぶりの大阪でした。



    関西は快晴!  気持ちのいい天気でした。


今朝は、大阪まで桐たんすのお届のため、
相変わらずの早朝4時起きで、4時半出発。
たまに会う、新聞配達のおばさんと、玄関先で鉢合わせでした。


先月からは、神戸、西宮までは、しょっちゅう行っていたのですが、
大阪市内は、実は、ホント、久しぶり。


今回は、おしゃれなマンションへ、和たんすと、帯たんすの
セットをお届けさせていただきました。
T様、ありがとうございました。


桐たんすと帯たんすを設置後、写真を撮ろうとしたのですが、
カメラについていたレンズは、何と望遠。
私が、週末に次男たっくんの試合の写真をとろうとして
付けていたレンズそのまま付けていたのでした。


弟に怒られ、写真はちょっと無理に・・・。
今回、それ2回目です。
また、3回目もあったりしたて・・・。


でも、早朝、新潟から関西に向けて高速を走っていると
鉛色の空から快晴に!


帰りも、快晴の空から、鉛色、そして雨の天気に。
この時期の新潟は、ホント、晴れた空なんて拝めません。


関東に行っても、関西に行っても、「いいなぁ~」って感じです。
明日からは、天気も本格的に冬に向かうみたい。
週末は雪マーク。


日曜日は、群馬県まで桐たんすのお届けなのに・・・。
ホント、これからの季節、新潟県は、ちょっと辛いですね。
でも、毎年の事ですから、楽しんで迎えたいと思います。




2011年12月 5日

県央サッカーフェスティバル



    曇り    暖かな日でした。


昨日は、次男たっくんの久しぶりのサッカーの試合(室内のフットサル)
に嫁さんと二人で応援に出かけてきました。


たっくん達、小学校二年生だけの試合は、意外と少なく
今年の夏にあったアルビスマイルカップだけかな?
で、今回は、二年生5人と一年生3人の計8人で試合に臨んできました。


新潟県の県央地区から9チームの参加。
試合は午前中がU-6,午後からがたっくん達U-8でした。
会場に到着したのは、正午だったためにUー6の試合は見れず、
そこで昼食を食べ、午後1時半からの試合に臨みました。


試合前、O監督が「キーパーやりたい人!」と聞くのですが
誰一人、反応せず。
中には、目を背ける子も・・・・。


試合開始となって分かったのですが、キーパーはなんと!
「たっくん」でした。
まあ、なんとかなるでしょう?と思いつつ、試合を見ていたら
監督から、「たく、上がっていいぞ!」の声が・・・。


そしたら、たっくん、なんと!キーパーなのに、フィールドに
上がって行くではありませんか・・・・。
大丈夫かな?と思っていたら、パスまでしだして、結局は
前半に、2得点してしまいました。


相手のS田さんが、あまり来なかったので良かったですが
見ている方がドキドキでした。


で、後半もキーパー。
キーパーなにのフィールドに慣れてきたのか、ドリブルまで
し出す始末。
隣で見ていたチームの子が、「あのキーパー上がって2点入れた!」と
騒いでしました。
結局、チームメートの追加点もあって勝利しました。


そして最後となる二試合目。
今度はフィールドでの出場です。
相手はB水さん。


試合開始いきなり、たっくんドリブルで駆け上がり良い位置からの
シュートが決まりKfc先制しました。
その後は、接戦のシーソーゲームで、白熱した戦いが繰り広げられました。


嫁さんは、相変わらずのヒートアップ。
後半は、1,2年生なのにパスが回って、おーーっというプレーも。
同点に追いつかれるなど、接戦でしたが、最後はドリで駆け上がった
たっくんのシュートが入り、接戦をものにしました。


久しぶりのたっくんのサッカーの試合でしたが、
ホント、楽しかったです。
試合が始まる前に「Oさんに5点だな」って言われたと
たっくんが話してくれましたが、どうやらそれもクリアしたようです。


1,2年生のみんなで掴んだ2勝でした。
お疲れさまでした。