2011年11月24日

今年最後の展示会です。



    雨。   これから先も雨の予報です。


明日からは、新潟県・上越市で今年最後の展示会を
開催します。


どうぞ、上越市近郊の皆様、近隣、隣県の皆様、お時間を作って
お出かけいただければ幸いです。


天候は、この季節独特の雨模様ですが、
新作を始め、お買い得作品も取り揃え、お待ちしています。


あなた様のご来場をお待ちしています。




2011年11月23日

十人十色・四者四様・・・。



    晴れ。   久しぶりの快晴でした。


桑原家の子供達は、4人。
長男いさみを先頭に、長女みほ(中二)、次女ゆう(中一)
そしてたっくん(小二)の子供達。


今週は、中学校に通う女子二人がテスト期間だったため
みんなが集まる居間が勉強部屋になってしまった。


各々の部屋はちゃんとあるのですが、なぜか
子供達は、テレビのある、みんながいつもいる居間に
集まり、テレビを見ながら勉強するのです。


私、その光景を晩酌をしながら見ていたのですが、
ホント、子供達の一人一人の様々な個性が見て取れたのでした。


長男いさみは、ホント、高校生にしては出来すぎで、
落ち着いているのですが、長女みほは、今は、中二病で、
思春期真っ最中。


次女ゆうちゃんは、4月1日生まれということもあり、
ホントはまだ、小学校6年生なので、可愛い真っ盛りです。


最後に次男たっくんは、生意気ですがまだまだ、赤ちゃん。
そんな4人の子供達で、桑原家の嫁さんはてんてこ舞いですが、
子供が多いって事は、ホント、楽しいものです。


テレビ番組の「ビッグダディー」ではないですが、
子供達って、様々な個性で楽しいって感じた日々でした。


でも、ここ最近の嫁さんの口癖は、「節約(セツヤク・・・・)」
子供達が大きくなるにつれて、出費が重なるのも無理はないみたいです。


そこからは、嫁さんのやりくりか、私の給料のせいなのか・・・。


でも、子供ってホント、楽しいですね。



2011年11月 9日

職場体験でした。



   晴れ、のち曇り。   立冬も過ぎました。


今日は、私の母校でもあり子供たちもお世話になっている
K中学校の1年生が、桐の蔵に職場体験に来てくれました。


昨年に引き続き、今年で2回目の職場体験なのですが、
昨年は、初めてということで段取りもなく、職人さん達に
結構、大変な感じだったのですが、今年は、事前に
段取りをきっちり作って望みました。


体験に来てくれた1年生は、2人なのですが、それでも
小さな工場の桐の蔵では、これが受け入れ精一杯の人数です。


それでも、来ていただいたからには、普通体験できない
事を、経験していってもらいたいので、次から次へと
簡単な仕事を用意させていただきました。


でも、今の中学生って、ホント、良い子たちですね。
思わず、感心しました。
そして、仕事も難なく、やり遂げてれます。


板貼りなんかは、嫁さんよりも上手かったりして。


桐の蔵で中学生を受け入れた一方で、我が家の
次女、同じく中学校1年生のゆうちゃんは、
地元の小学校に職場体験でした。


帰宅してから、「ゆうちゃん、どうだった?」と
聞いたら、「うん、楽しかったよ」と・・・。


我々の頃なんて、なかった職場体験。
これ、総合学習の一環なのでしょうが、とっても
いい事だと思います。


でも、担当した嫁さんは、もう、クタクタ。
目には見えない、気を使うんですよね・・・。


中学生の皆さん、ご苦労様でした。