2010年7月31日

一足先に・・・。



     晴れ。   またしても暑さが戻ってきました。


新潟県大会を2位で終え、北信越大会に駒を進めた
いさみのK中学校は、今日から別の大会
新潟県U-15リーグ2部の大会のため入広瀬へ泊まりで
出かけました。


トップは今日一試合、明日一試合と、連戦です。
そして、明日帰ってきて、また一日置いて、火曜日に
北信越大会に向けて、福井県まで出かけるという
強行軍です。


その福井県に、私、一足先に、今日、行ってきました。
でも、サッカーの下見ではなく、仕事で。
福井県は、昔からのお取引先があり、もう、
数十年来、毎月、伺っているほど、私にとっては
なじみのある場所なのです。


でも、さすがにサッカー場の知識はなく、
思わず、今日、取引先の上司に聞いてみました。


「あのー、息子がサッカーの試合で来週来るのですが・・・」
「会場は、どこ?」
「うーーーーーん」


「テクノポート?」
「あっ、そう、そこ!です」


そんな会話が続いたところで、
そこの会場は、なんと!数年前の
日韓ワールドカップの時のメキシコの
キャンプ地だったと、教えていただきました。


そんな会場で、中学生がやれるなんて・・・。
それも、我がK中学校、勝ち進んでも、ずーーーと、
このメイン会場での試合なのです。


そして、組み合わせも発表されました。
一回戦は、4日、9:30から
石川県2位のN島中学校との対戦です。


それに勝つと、午後3時から、
地元・福井県1位のH中学校との対戦です。


全く、その中学校の情報が分からないので、
何ともいえませんが、この大会でも、
絶対!決勝進出を狙います。


子供達は、前日3日に出発。
そして、父兄は4日の早朝(?)午前1時出発で
福井へ向かいます。


君たちなら、絶対行ける!
決勝へ!!


行くぞーーーー!
K中!!
決勝へ!!!




2010年7月29日

K中の体力は・・・。



     雨。   久しぶりの雨に、息がつきました・・・。


月、火と行われた、新潟県中学校総合体育大会サッカー大会
我がK中学校は、創部4年目での初の、県大会決勝進出で
県2位、そして、北信越大会進出を決めたのですが、
その激闘を振り返ってみたいです。


まずは、一回戦、二回戦ともに、先制される苦しい
戦いでした。
しかし、先制されるも、そこから追いつき、そして
逆転するという、今までのK中らしからぬ、
シブトイ戦いをしてきたのでした。


そして、準々決勝、準決勝の2試合は、共に
延長戦。
準々決勝のI中戦は、先制され、追いつき、また先制され、
そして追いついての延長戦。


この試合は、本当に常に先を行かれる苦しい試合でしたが
延長に入る前から、相手のI中学の選手たちの足が、
体力が、続かなくなります。


それに対して、K中、全く問題にせず、攻め続けた結果、
延長戦の3ゴールで勝利したのでした。


そして、翌日の準決勝K中戦。
立ち上がりは、相手のM中ペース。
さすがに、昨日の延長戦の影響が?と思いきや、
徐々に互角に戦いに。


そして、前後半で決着が着かず、2日間連続の
延長戦に入ったのですが、ここからも、K中の
タフさが現れました。


延長戦になった途端、今までの動きではないM中に対して、
何事もなく、延長戦に臨むK中。
この炎天下の中、消耗は激しいはずなのに、
まだ、まだやれる雰囲気でした。


K中学校のこの体力はなんだったのでしょうか?
「よく走りますね」とも、「無尽蔵の体力」とも、言われました。


K中の毎日の練習がどんなものか、私にはわかりませんが、
今年の春に卒業した先輩が、高校のサッカー部に入り、
先日、練習試合に胸を借りに行った時、「加茂中の練習の
方がキツイ」といったという・・・。


そして、もう一つ、今年から試合の時の
持ち物の中に、「クエン酸」が入りました。
「オレンジ」、「レモン」などは、疲れを癒しますとの事で、
それからは「レモンの砂糖漬け」を常に持っていった
ことも影響しているかもしれません。


それにしても、ホント、良く走りました。
選手たちの、「次に絶対に行く!」という、超前向きな
モチベーションがそうさせたのでしょう。


しかし、このM中との戦いがいっぱいいっぱいでした。
さすがに中学生、この時とおなじ、精神力と体力が
次の決勝戦まで持つはずはなかったのです。


かくして、北信越大会に駒を進めたわけですが、
ここからは、もっとハイレベルな戦いが待っていることでしょう。


6月の郡市大会から戦いを共にしてきた、同じ中学生の思いも、
すべて北信越大会に持っていきたいと思います。


来週の4日、5日の北信越大会まで、
しばらく三代目奮闘記は、サッカーブログに
なるかもしれません。


どうぞ、今後とも、よろしくお願いいたします。



2010年7月27日

激闘。

県大会ベスト4進出!



    晴れ。  灼熱のピッチでした。


長男いさみのサッカー部の県大会一日目を何とか勝ち、
その晩は、今日に向けて疲れを残さない夕食を考え、
そして、山ほどの洗濯をし、今日の段取りを考え、
県大会二日目の準決勝に望みました。


今日の準決勝(県ベスト4です)の相手は、新潟市内大会を
強豪を抑え、次から次へと強豪を倒してきた、今、最も
乗っているM中学校。


実は、この中学校とは3年前から毎年練習試合を行い、
また、私自身も、お世話になっているご父兄がいる
中学校です。


そんな中学校との対戦が、県大会の準決勝で実現するとは
思いもよりませんでした。
お互いの中学校が、県大会を一戦一戦戦うごとに
力を付け、最後の戦いは、延長戦を制して準決勝までやってきた
似たもの同士。


この試合に勝った方が、決勝進出し、
かつ、北信越大会進出を決めるという、ここ一番、力の入る
戦いなのです。


昨日と違って、朝から太陽の光がカンカンと照りつける日。
私は、昨日も、今日も仕事をお休みさせていただくので、
今日は、午前5時半出勤で、段取りをすることに。
昨日の夜も、出来るだけやって、帰宅したのです。


で、今日の準決勝、対戦相手のM中戦。
まずは、試合前にお世話になっている方とのご挨拶を終え、
マジでガチンコモードの応援に入ります。


そんな中、信じられないことに、我々の応援席に
全く知らない学生の軍団が・・・。
よくよく聞いてみたら、昨日、延長戦を制して勝った、I中学校の
生徒、監督が、K中の応援に来てくれたのです。


これには感動しました。
I中学校は、富山県との県境にあるため、勝っても負けても
宿泊を用意していたらしいのです。
しかし、この応援が、何よりの力になりました。


我が、K中の応援隊は、ベンチに入れなかった1,2年生の数人。
方や、対戦相手のM中は、1,2年生は大多数の応援部隊。
もう、数では全く勝負にならないくらいでした。


でも、そこにI中の応援。もう、感動でした。
そして、試合は、前後半、お互い、決定的な場面も多く、
それでも、決められずに、延長戦へ。
そして、その前半、ゴール前の混戦から、ヘッドで
K中が先制!!


そして、その後、タイムアップを迎え、2試合連続の
延長戦を制し、県大会決勝進出を決めたと同時に、
北信越大会進出も決めたのでした。
でも、この試合、どっちが決勝に行ってもおかしくないくらい
ガチの勝負でした。


しかしこの激戦が、後に後遺症を残します。
数時間後の決勝戦。
今日の気温は、33度を優に超え、灼熱のピッチでした。


そんな中、決勝戦寸前のアップ中に、我がK中の守備の要
AF君が熱中症で倒れます。
選手と、父兄の間に完全に動揺が走りました。


嫁さんは、AF君の元に走り、救護班と関係者の救護の元
AF君は救急搬送されたお陰で、大事に至りませんでした。


これにより、長男いさみは、サイドバックから数年ぶりの
センターバックへ。
そのギクシャクした守備を、さすがに相手チームは
見逃さず、開始早々に失点し、気がついてみれば
1-6という大量失点での敗戦でした。


守備の要、一人がいないだけでこんなにも変わってしまう、
層の薄さは、さすがにどうしようもありません。
新潟市内の部員が大勢いるサッカー部のような層の厚さは
我がK中にはないのです。


しかし、本当にこの暑さの中、頑張ってくれました。
創部4年、昨年まではサッカーゴールもなく、グランドは
狭すぎて、サッカーの試合も出来ず、夕方の練習は
スパイクは使用禁止。


サッカー部が本気で使用できるのは、朝練の7時から8時の
約一時間だけという、環境の中、本当に、ここまで良くやったものです。


普通は、こんな環境では、前向きに練習なんて
出来ないのではないでしょうか。
でも、そこが顧問の監督の指導の素晴らしさでした。


挨拶の徹底、声だし、規律、中学校の部活道としての
指導が、この成果に結びついているのだと思うのです。
北信越大会出場決定!



何はともわれ、新潟県第2位として、北信越大会に
望むことになりました。
8月4日、5日。
福井県での開催です。


こんな経験は、一生にあるかないかの事
出来る限り、一緒に行きたいと思います。


この二日間、お世話になった皆様、関係者の皆様、
ご父兄の皆様、本当にありがとうございました。




2010年7月26日

みんなを信じて。



     晴れのち、曇り。   意外と涼しかったです。


今日から始まった、長男いさみのK中学校サッカー部の
新潟県大会が始まりました。
今日は、午前10時まで、工場で仕事をし、そこから
また、桐の蔵の職人さん達に、無理を言って嫁さんと
応援に向かわさせていただきました。


K中、一戦目は、新潟市内大会を2位で終えた強豪K中との
対戦です。
最初の壁は、ホント大きい壁です。


そんな中、第一戦目。
25分ハーフの中体連のゲームでは最初の得点が大きく
そのゲームを左右するのですが、このゲームも最初の得点は
相手のK中学校。


しかし、そこからが我がK中は違っていました。
少しずつですが、中盤を拾えるようになり、ボールが回ります。
そして、トップ下のS君のキーパーを交わしてのシュートで同点、振り出しに。


その後、さすが新潟市内2位のK中学校。
怒濤のように我がK中に攻め込む時間帯が続きますが、
DFが体を張って防ぎます。
K中DF、今日は、ホント、頑張ってくれました。


そして、前半残りわずか、ペラルティーエリアでファールを受けPKへ。
それをきっちり決めて、前半を2-1とリードで折り返します。


そして、後半早々、FW、R君の素晴らしいヘッドが決まり
3-1と引き離します。
そこからは、一進一退のゲームで、我がK中のDFが
頑張ってくれました。
県大会、初戦を初めて突破してくれました。
感動でした!!


そして二戦目。
同じグループを勝ってきたチーム同士の戦いです。
このチーム、新潟県と富山県の県境から勝ち上がってきたチーム。
ハートと、気持ちの強いチームでした。


で、この試合、またしても先制されます。
その後、攻め続けた結果、相手ペナルティーエリアで、キーパーと
K中FWが倒され、相手キーパーは一発レッドカードで退場です。
こんな事が、中学校のサッカー部の試合で起きるのですね。


そのごのPKをきっちり決めて1-1-の同点でしたが、
どうにも、相手に押され続けます。
そんな中、見方の反則で相手にPkを与え、2-1と
逆転されます。


そのまま試合は進み、後半残すところもうわずか。(3分くらいか)
そこで、ゴール前の混戦からK中、ヘッドで同点に持ち込みます。
これは、ホント、もう、感動でした。


そして何とか同点に追いつき延長戦へ。
そこで、相手I中は、足がつる選手やヘトヘトの選手が相次いで
いる状態。
一方、我がK中は全く問題にせず、延長戦へ。
さすが、我がK中、鍛えられています。


そして延長戦に。
そこからはもう、怒濤の攻撃でした。
終わってみれば、延長前後半合わせて3-0の勝利。


一時は、もう諦めかけた勝利でしたが、
選手は、誰も諦めていませんでした。




「みんなのために」




さあ、明日は、準決勝。
対戦相手は、新潟市内の強豪M中学校。
乗りにのっている相手です。


ここまで来れば、失うものなんてありません。


行けーーーーーー!!加茂中!!
みんなを信じて。


明日は暑くなりそうです。
そして、桐の蔵の職人さん達にも、また、明日も
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


この二日間、休んだ分、明後日からは
鬼のように仕事をしますから・・・・。



2010年7月25日

決戦を前に・・・。



    晴れ。   でも、今日は意外と涼しい(でも30度以上)でした。


さあ、明日は長男いさみの中学校のサッカー部の
県大会。
ここからは、新潟県の中学校サッカー部のベスト16校の
戦いである。


我がK中学校は、ここまでは先輩たちの頑張りのお陰もあり
3年連続での県大会出場です。
でも、県大会1回戦の壁は高く、2年連続で県大会1回戦敗退。
何とか、今年は、一回戦突破を目指したいものです。


で、その前に今日は新潟県U-15リーグの公式戦。
先週は静岡での展示会があったため試合には行けなかったため、
今日、久しぶりに嫁さんと試合の応援に行ってきました。


でも、その会場は、明日、一回戦で戦う新潟市内のK中学校。
最初の試合は、我々K中学校と、同じ中越地域のクラブチーム。
だから、明日の対戦相手のK中学校の生徒たちは、屋上に上がっての
観戦に熱が入ります。


でも、そんな中、K中は3-0で勝利。
今まで、ギクシャクだった、DFが戻ってきました。


そして、その後の試合は、明日の対戦相手K中学校と、
同じ、新潟市内で、同じく県大会を戦うY中学校。
だから、メンバーは全くのイレギュラー。


明日からの県大会を戦うチーム同士ですから、
手の内を見せたくない気持は、分からないではありません。


でも、それは、選手が多く、それだけのチームの層があるから。
我が、K中は、そんな余裕などありません。
明日、戦うチームが徹底的に観察しようと、
K中は、スタメンを全員並べるしかないのです。


明日からの県大会は、各地域を勝ち上がってきた
新潟県内のベスト16のチーム同士の戦いになります。
どの戦いも、楽な戦いなどなく、一戦、一戦がガチンコの
戦いとなるはずです。


その勝敗を分けるとすれば、「勝ちたいという気持」と、
神様から与えられた「運」、かもしれません。


小学校1年生から、ずっと続けてきた大好きなサッカーを
一日でも長く、同じ仲間たちと続けて欲しい。
今は、ただ、ただ、そんな気持です。


頑張れ!っていう言葉は、簡単かもしれません。
明日の炎天下の中、一つのボールを必死に追いつづける
50分間に、精一杯の気持と、思いを込めて応援してきます。


頑張れ!
K中学校!!
絶対、決勝へ行こう!!!



2010年7月24日

暑さを避けながら、東京へ・・・。


 
       暑い!!    夜は雨とか・・・。

 
昨日は、東京へ桐たんすのお届けに行ってきました。
35度以上の天気が続く東京なので、出来るだけ、汗のかかない
涼しいうちにということで、早朝出。
しかし、都内に近づくにつれ、全く関係なし。
クーラーの効いている車内でさえ、暑さが忍び込んできます。

 
練馬から、意外とかからない杉並区の素敵なご自宅でした。
M様、お心遣いまでいただき、本当にありがとうございました。

 
今回、お届けさせていただいた和たんすは、上下開きの別注。
衣装盆が14枚と、たくさんのお着物を収納できるタイプ。
そして、その上に上置きまで作らせていただきました。
何てったって、収納力抜群です!
汗もかかずに何とかお納めできました。

 
帰りも順調でしたが、新潟県に入っても暑い!暑い!!
午後二時過ぎには、工場へ着き、そこから大汗を
かきながら、一仕事できました。

 
猛暑の中の納品は、汗が大変ですね。
私、汗かきなので、とっても気を遣います。

 

 

2010年7月21日

さすがに暑いです・・・。


 
     晴れ!   群馬県ほどではないですが、暑いです!!

 
梅雨が明けてから、新潟県もここ数日真夏日が続いています。
全国ニュースでの群馬県の38度や39度なんてほどでは
ないのですが、ここ数日はさすがに33度ほどの気温が
続き、工場の二階は、38度ほどの気温です。

 
今日、嫁さんが工場の二階に仕事に来て一言、
「息が出来ないくらい、暑いね」と・・・。
確かに、我々が仕事をする場所は、風の通りがあれば
涼しいのですが、ないと、ホント、暑さが襲ってくる、
そんな暑さなのです。

 
全国的にどこもこのような暑さなのですが、
今日、弟が、「仕事、もう少し早く初めて、午後、早めに終わらない?」
と提案。
しばらく考えて、「うーーーん、それもいいかな?」と。

 
平屋の工場だったら、こんなにも気温が上がらないのですが、
桐の蔵の工場の組み立て場は、二階。
それだから、どうしても温度が上がるのです。

 
数年前には、クーラーも入れたのですが、
それでも、この暑さは堪えます。

 
明日も、まだまだ暑さが続くみたいです。
私、意外と暑さには強いのですが、さすがに今年は
暑いですね。

 
でも、まだ、夏は始ったばかり。
こんな事で弱音は吐けません。

 

 

2010年7月20日

大渋滞の中を・・・。


  
   晴れ!   梅雨が明けて、ホント、暑いです。


週末の土・日曜の2日間、久しぶりに静岡県静岡市での
展示会でした。
2日間の展示会は、懐かしい顔に出会へ、嬉しかった
日々でした。
お出かけいただきました、お客様、暑い中、
本当に、ありがとうございました。


静岡県もホント、暑かったのですが、展示会を終えての日曜日、
帰りの道中は、ものすごい渋滞でした。


先回、静岡に伺ったときも、帰りの中央高速は、凄まじい
渋滞だったので、今回もこんなだったら、中央高速を長野方面に
回って帰ろうと思っていた矢先、東名で事故渋滞に・・・。


そして、こんなはずでは?とおもった、富士五湖道路の大渋滞。
多分、この区間は、高速道路の無料区間になったお陰で、
もう!すごい込みようなのです。
(何でも、無料にすればいいってもんじゃ、ないですね)


そんなこんなで、中央高速の大月JCまで行かないうちに
大幅に時間がかかってしまい、そして中央高速東京方面は
この時点で、20数キロの渋滞。


もう、待ったなしで長野方面経由を選択しました。
それでも、結構な距離。
工場に着いたら、午後11時半くらいでした。
静岡を出発したのが、午後3時半頃でしたので、
8時間も運転していました。
あーーー、さすがに疲れました。


静岡って、近そうに見えて、意外と遠いんですよね。
でも、昨日は祝日でしたので、体は休める事が出来ました。


梅雨が明けた新潟県も、今週はずーーーと晴れマークが
並んでいます。
体調に気をつけて、頑張っていきたいものです。



2010年7月15日

静岡での展示会です。



   雨。   梅雨の後半は、ゲリラ的に豪雨になります。


今週末の土・日曜は、静岡市内での展示会のため、
明日の午前中に工場を出発して、静岡に向かいます。


前回は、5月末に地元・三条市で展示会を行ったので
実質、一ヶ月半ぶりの展示会です。
静岡は、2年前だったか?に一回行って以来、
久しぶりに伺います。


どうぞ、静岡市や、近隣、近県の方々、
お時間を作ってお出かけください。
心から、お待ちしています。




静岡と言えば、言わずも知れた「サッカー王国」
私も、毎日、何度となく読ませていただいている、ある高校の
ブログがある。
この高校のコーチや監督の書かれる、文章や一言、
そして思いが、サッカー少年(生徒)だけでなく、読んでいる
私には、大変勉強になる。


こんな思いや、信念で、高校生達を教えていれば、
強くなるはずだ。
是非、静岡まで行くのだから、練習でも見てみたいものですが
それはそれ。


今回も、良い出会いと、ご縁がありますように・・・。




2010年7月14日

雨が続きます・・・。



    雨。   梅雨の後半は大雨が続きます。


全国的に大雨が続いているこの頃、九州、中国地方の
大雨の被害にあった皆様には、お見舞い申し上げます。


今朝のニュースでは、昨年もこの時期に水害で被害を受け、
その被害で立ち直らないのに、また今回の被害。
そんな、やりきれない地域の方々をニュースで放送していました。


水害は一瞬にして、その形を崩します。
数年前の、隣町の大水害もそうでした。
自然の力の恐ろしさをまざまざと感じてしまいます。


桐たんす屋にとって、梅雨の雨は、それでも恵みの雨です。
仕事柄、この時期の暖かい雨が、外に干した桐板の灰汁を
雨で流してくれるのです。
これがないと、桐たんすの材料として満足には使えないのです。


今年は、梅雨前に板を全部干し終えて、梅雨の時期を待ちました。
ここのところの毎日の雨で、桐の板からは灰汁が流れ、桐板も
いい色になってきました。


毎年の事ながら、こうした光景を見ていると、この時期には
雨が降って、灰汁が流れ、板が色づいていく。
これが、例年繰り返されてきた、桐たんす屋の仕来りなのです。


今年も、桐板の灰汁抜きは、大丈夫のようです。


心配なのは、今週末も長男いさみの練習試合の天気。
私は、今週末は、静岡市での展示会で、見ることは出来ませんが、
今週末の2試合と、来週の1試合、県大会前の
大事な試合、ケガなく、天気ももってくれますように。



2010年7月11日

スイッチが入ったかも・・・。



      曇り、時々、雨。     梅雨ですからすっきりしません。


長男いさみのサッカー部の中越大会を終え、
県大会進出を決めてからの初めての週末、
今h数末は、K中学校の監督は、久しぶりに週末の
2日間、練習試合を組んでくれました。


さすがに中越地区大会の姿では、県大会進出を決めての
これからの戦いを踏まえ、このままでは?と思ったのかも
知れません。(やっとスイッチが入ったかも・・・)


昨日は、K中学校の先輩方も多く進学した新潟市のNM高校との
練習試合。
私は、仕事では行けなかったものの、嫁さんに行ってもらった
感想は、ベタ負け。
高校生相手は別にいいんですけれど、どこか収穫があったらと思う
のです。


そして、今日は早朝から、中越地区大会の準決勝で負けた
D中学校で、D中学校と、県大会に駒を進めた上越地方のZ中学校
の練習試合を組んでいただきました。


やはり、何と言っても同じ中学生行うのがいいと思うのです。
でも、K中、開始早々、またもや2分で失点。
オフサイドポジションを気にしすぎるあまり、オフサイドと
思いきや、そうではなかった、いつもの失点です。


これ、ホント、何とかならないのでしょうか?
DFの声かけ、笛が鳴らないのですから、プレーを続けるべきで
止まってはいけないのです。


そんなこんなで、終わってみれば3-0の負け。
ここにはもう、勝てないのでしょうか?


そして、遠く上越地方からきていただいたz中学校。
試合開始直後は、お互いに接戦かな?と思いきや、
終わってみればまたしても、3-0の敗戦。


K中学校の主力3人がケガで試合に出ていないとは言え、
DFは頑張りどころです。
(お願いDF)


最後の監督の挨拶にもあったように、今までの戦いを一回リセットして
立て直さないと、県大会では恥をかくと。顧問は言っておられました。


お願いです、県大会まであと3週間。
怪我人のケアを第一に、何とかDFの建て直しをお願いします。


君たちは。絶対に行ける。
大丈夫だ!!


ここから、もう一度頑張ろう!!
期待しています!!




追伸
   長男いさみのサッカー部が県大会進出のため、ここしばらく
   サッカーブログのような状態になります。
   親ばかで、大変申し訳ございません。
   ご理解をいただければ幸いです。




2010年7月 9日

七夕のお願い。



   曇り。   夕方からは雨。  でも大降りしないみたい・・・。


長男、長女が通う、K中学校の玄関前には、
今の季節、七夕の笹が飾られているらしい。(実際見ていのです)


その七夕の笹には、全校生徒が託す、お願いの短冊が
一つ一つ、飾られているのです。


長男いさみのサッカー部の中越大会を終え、
サッカー部の生徒たちを乗せたバスが、K中学校に到着するため
長男いさみを迎えに行った嫁さんは、同じサッカー部で同級生の
R君のお母さんが見つけた、自分の子(R君)の書いた七夕の
お願いを聞いたのです。


そのR君(いさみと同じDFです)が書いた七夕のお願いは、




「いさみのシュートが入りますように・・・」




それを聞いた嫁さんは、思わず涙・・・・。
感動で、声が出なかったという・・・。


小学校1年生でサッカーを始めながら、なかなか
試合に呼んでもらえなかった、低学年時代。
そして、毎日の練習でやっと出来るようになったリフティング。
そこから彼がサッカーにのめり込んでいった感じがしてきました。


彼は、その性格から、進んで表に出るタイプではなく、
じっと、忍んで待つDFタイプ。
そんな性格からか、小学校のクラブチーム時代でも
シュートなんて記憶がなく、私が知っている公式戦のシュートは
一本だけ。
そのくらい、シュートなんて打たないし、シュートを決めた事もない
選手だったのです。


それは中学に進んでからも同じで、彼の得意なポジション
(左右のサイドバック)を任されることが多くなっても、攻撃的ではない
守備的な彼のポジショニングは、中学校の3年生になっても
未だに、まだ、一本のゴールをも決めていなかったのです。


そのことを同級生のチームメイトは、気にかけていてくれているし
顧問の監督も知っているのです。
未だに、ゴールを決めていない三年生は、長男いさみと、
ゴールキーパーのM君だと言う事を・・・。


キーパーはある意味、しょうがないと思うのですが、
フィールドプレーヤーのいさみがゴールを決めていない
事を、同級生であり、同じDFのR君の書いた、
七夕のお願いは、本当に、私たち親の心を
打ちました。


「ありがとうR君」
いさみを気遣ってくれて。


先日の、中越地区大会の3位決定戦では、珍しくいさみが
シュートを打ったシーンがありました。
シュートは枠を捉えたものの、キーパーに弾かれ、ゴールには
なりませんでしたが、私たちが見ていても、感動した瞬間でした。


「この子がシュートを打つなんて・・・」


自分の事でもなく、チームの事でもなく
チームメイトの「いさみ」のゴールを願ってくれたR君。
本当に、ありがとう!


こんなに優しい友達がいるチームって素晴らしいです。
今回のワールドカップの日本代表が、毎試合ごとに
団結していったように、K中学校サッカー部は、
団結していくでしょう。


こんなに友達思いのチームメートをもって幸せです。
R君、ありがとう!!




是非、長男いさみも、この思いに応えてほしいものです。




2010年7月 8日

現実に戻って。



    晴れ。   今日も暑い、一日でした。


長男いさみのサッカー中越地区大会を終え、
とりあえず、県大会進出の目標も果たした、K中サッカー部は、
今日、一日、久しぶりのオフを満喫したのだろうか?


私は、2日間、桐の蔵の工場をお休みさせていただいたのですが、
さすがに気になって、2日間とも、サッカーに行く前、早朝5時頃に
工場に行き、その場の空気と、進行状況を確認し、
段取りが間に合うのか、足りないものがないのか、そして、
注文が入ってないか?を確認し、自宅に戻ってきました。


全くの貧乏性の性格です。


しかし、2日間の中越地区大会、会場となった新潟県南魚沼地区は
素晴らしい自然と、ゆったり出来る空気が何よりの癒しでした。


初日の塩沢地区は、見渡す限り、山々で、スキー場が
点々とする地域。
そして二日目の湯沢町は、見渡すとお洒落なマンション郡の数々。
あのバブル時期に立てられたお洒落なマンションが、見渡すところに
建てられています。


そんな自然の中、野球場、陸上競技場、プール、グランドゴルフ場など、
避暑地としての立地を最大限に利用した会場の一角で、
試合が出来た事、本当に気持が良かったです。


湯沢の会場の一角には、さすが温泉地「足湯」の場所があり、
嫁さんは、K中のご父兄たちと、一緒に足湯に浸かり、上機嫌。
何しに来たのか?って感じも・・・。


トイレも綺麗で、ホント、避暑地湯沢の環境を、じっくりと
体験させて頂きました。


でも、今日は2日も工場をお休みいただいたので、溜まっている
仕事が山のように・・・。
早朝、出社してから途切れもなく仕事が次から次へと・・・。


でも、ホントありがたいです。
桐の蔵の職人さん達と、多くのお客様からいただけるお仕事に。
そして、家族に。


地区大会から一夜明けて、もうすでに県大会の対戦表を
送っていただき、一喜一憂したり・・・。


長男いさみには、ホント、楽しませて頂きました。
あと数週間、出来る限り、頑張って欲しい物です。


嫁さんは、「あの足湯、気落ち良かった」と、
サッカーとは違った感想のようです・・・。



2010年7月 7日

よく、頑張りました。

がんばれー




     曇り。   なのに、昨日今日と、2日間とも午後から雨です。


行ってきました。
長男いさみ(中学校3年生)の最後(まだあるか)の大会とも言うべき、
新潟県中学校サッカー大会に続く、中越地区大会。
今回の会場は、湯沢町と塩沢町。
高速を使っても1時間ちょっとかかってしまう、遠い会場です。


ここから、県大会に出場できる中学校は4校。
16分の4の確率です。


本当は、仕事で応援も厳しいのでしたが、温かな桐の蔵の
職人さんのお陰で、応援に行ってくることが出来ました。
本当に、桐の蔵の職人の皆さん。
ありがとうございました。


さて、一日目。
一試合目は、地元のS中学校。
1年生らしき姿もチラホラと思える相手校。
さすがに9-0で勝利。
さい先良いスタートでした。


なのに、2試合目。
相手は、長岡地区2位のT中学校。
しかし、試合開始前から、どんどんと雲ゆきが怪しくなり、
開始してからは雨が、そして次第に大降りになっていきます。


でも、そんな中、すかさず先制!
そして、ドンドンと雨脚が強くなる中、次第にボールも止まり
ピッチは、泥沼へと。
そんな中、またしても追いつかれます。


今年のK中。
中盤とトップは最高なのですが、ディフェンスが、どうも安定しません。
得点を取っても、また、取られるのです。
そして、再度、追加点を入れるのですが、前半終了間際、
まさかの同点に。
もう、この時はバケツをひっくり返したような雨、そして
雷が鳴ってきました。


ここで中止が決定。
後半からの再試合は今日。
時間を早めて、午前9時からということに・・・。


今日も職人さんに甘えて、桑原家の小学生を送り出し、すぐに嫁さんと
高速で、一路、湯沢へ。
何とか、午前9時前に到着し、昨日の続きの後半戦25分の開始です。


これに勝てば、県大会進出が決定する大一番。
さすがに両校共に、ガチの戦いです。
K中は、左サイドと中盤の要の選手が怪我のため、満身創痍。
もう、声をからしての必死の応援でした。


そしてK中。
良い時間帯で、1点を先取!!
そこからは、ディフェンスに鬼のような声援を送り続けました。
その甲斐あってか、2日間合計で3-2で勝利し、とりあえず、
県大会進出を決めてくれました。


そして、決勝進出をかけた準決勝。
相手は、隣町のD中学校。
何度も、戦ってきた相手です。


しかし、フリーキックから直接入れられ先制されます。
そして、絶対!誰が見てもオフサイドの判定が、オフサイドなしで、
追加点を入れられ、2-0に。
もう、後がありません。


しかし、そこから盛り返して1点を返し、その後、猛反撃を
試みますが、さすがにD中。堅いディフェンスです。


そして、そのままタイムアップ。
ここで、中越地区2連覇の夢は絶たれました。


そして、最後に迎えた、3位決定戦。
相手ブロックの地元Y中との対戦です。
新人戦の時は、2-1で勝っていた相手。
しかし、今回は違っていました。


そして、またもや空からは大粒の雨が。
状況は、昨日と全く同じ状態です。
ボールは止まり、ピッチは水浸し。
何で、2日間とも、大事な試合がこんなんなのでしょうか。


しかし、そんな中、さすがK中、先制します!
でも、、、、大雨の中、またしても追いつかれ同点に。


そして、大雨の影響で、延長戦はカットされ、すぐにPK戦へ。
ここでも、バケツの水をひっくり返したような雨の中、
PKが始まりました。


まさに勝負は運。
両校共に、4人目までは全て決め、K中の5人目が止められます。
しかし、その後、キーパーM君が2人を止め、7-5(?)で、
K中がPK戦を制し、中越地区3位で、県大会進出を決めてくれました。


昨年のように、優勝とまでは行きませんでしたが、
ホント、良くやってくれたと思います。
怪我をおして、頑張ってくれたT君、A君。
本当に、素晴らしかったです。


長男いさみも、ホント、頑張ってくれました。
さすがに3番目のPKキッカーはハラハラでしたが、
決めてくれました。


本当に、K中学校、おめでとう!!
そして、ありがとうございました。


さあ、次は県大会。
ここでも、絶対に勝つぞ!!




2010年7月 5日

さぁ、決戦です。



      曇り。    さすがに、蒸し暑いです。


一ヶ月前、長男いさみのK中学校サッカー部が
郡市大会で、T中学校との接戦の末、2位となり、
今年に限り、何とか中越地区大会出場を果たしたのは
もう、はるか昔の事のようです。


そして、明日からは、K中学校サッカー部の
中越地区大会が始ります。


小学校1年生からサッカーを始め、運動音痴ながら
ずーーーとサッカーを続けてきた長男いさみ。
時には、涙を流しながら、時には笑顔を見せながら。
そして、私たち夫婦といさみにとっては、忘れる事が出来ない
昨年の大怪我。


そんな事が、走馬灯のように頭を駆け巡り、
明日から始る、中越地区大会は、いろいろな意味で
精一杯、頑張ってほしいと、心からそう、思うのです。


K中学校の監督が4年前に赴任してから、「毎週、練習試合」がいいのか、
「毎週、休みがいいのか」と、生徒たちに聞いたという。


当然のように、毎週練習試合を選択した生徒たちに、
顧問の監督は、それに応えるように、毎週練習試合を組んでくれたのでした。
昨年までは・・・。


昨年までは、送り迎えの我々も、ホントすごいね!と、
言う位、毎週末は、強豪中学校を求めての練習試合が続いたのでした。
しかし、今年に入ってからは、まるで練習試合がなく、
週末は、顧問の都合で試合ではなく、練習。
そんな日々が続きました。


そんな中の、先月の郡市大会は2位。
ライバルのT中学校に、得失点差で負けたのでした。


ここまで来ると、小学校1年生から始めたサッカーを
ずーーーーと続けてきた長男の悔いの残らないような
試合をしてほしい。
ただ、ただ、そんな気持です。


試合をするのは本人。
私たち、夫婦は応援する事しか出来ません。


ここのところ私は、仕事でいろいろと考え、行き詰まる事も
正直あったので、明日は試合には行かずに、仕事を
していようかとも思ったのですが、桐の蔵の職人さん達が
「行ってこいて」、「もう、こんな事はないよ」など、本当に、
私の背中を押してくれました。


そのお言葉に、甘えさせていただき、明日は嫁さんと
応援に行って来ようと思います。
まあ、まかり間違って、明日の2試合、勝ってしまったら
明後日の、準決勝、決勝戦に望むため、明後日も、工場へは、
お休みをいただこうと思います。(それはないか・・・)


もう、高校へ行ったら、応援なんか行けないな!と思うので、
今年いっぱいは、出来る限り、応援してやりたい。
そんな親バカな思い出いっぱいです。


明日は、全県的に中学校の部活動の地区大会が各地で
行われます。
サッカー部で、県大会に進出できるのは16チームのみ。


9年間の思いを全て出して来い!
頑張れ!k中学校!!!!!



2010年7月 1日

梅雨空のような・・・。



     晴れ、のち曇り。    蒸し暑さ全開です。


ちょっと間があいてしまいましたが、サッカー日本代表の
パラグアイ戦。
皆さんも見たことと思います。


私、その日は会議で、帰宅は午後9時
試合開始は11時だったので、余裕でお風呂に入り
晩酌を始めて、ゆっくりと見る予定が・・・。


試合開始直前に、長男いさみが起きてきて、一緒に見るのですが
私、晩酌のペースが進み、というか、いつもの事で
深夜12時を回ると、もう限界なのです。


後ろ髪を引かれながら、後半戦を残し就寝。
翌朝、長男いさみはしっかりと起きていて(偉い!)
聞いたら、「負けたよ」と・・・


すぐにニュースを見たら、何と!PKでの敗戦。
その後、HPでたくさんのコラムを読み漁り、最後となった
試合を知ったのでした。


PKを失敗した駒野選手を励ます姿や、その選手たちの
コメントに、相当な試合と、選手間の団結を改めて、知ったのでした。


私も、ここ数日、新潟の空のように、すっきっりと晴れないような
気持が続いていたのですが、この試合と、その後のコラムや
テレビ、コメントを耳にして、本当に感動しました。


今までで、最もチームがまとまったワールドカップだったと
たくさんの報道で知りました。
サッカーは、チームプレー、いかにチームがまとまるかが
勝敗の鍵になるのですね。


さあ、長男いさみのK中学校も、来週は地区大会。
例年に比べ、全く練習試合もなく、この先、どうなるのか?
本当に、中越地区大会を勝ちあがれるのか?
それが心配ですが、ここまで来ると、
「なるようにしか、ならない」・・・。


息子たちを信じ、試合に臨んでほしいものです。
でも、本当に、日本代表の選手には、勇気と感動をいただきました。
この勇気と感動を、また!
K中学校の選手たち。
頑張れ!!!