2009年 11月 の投稿一覧

素敵なご自宅へ・・・。

   晴れの曇り。   何でこんなに暖かいんでしょうか。 
              明日から12月です。

今日は、午前中、新潟市内まで桐チェストのお届けに
行って来ました。

到着したご自宅は、外見からホントお洒落な一軒家です。
それも、どうやら2世帯住宅のようです。

玄関のドアが2個あって、最初はどちらかな?と迷いましたが、
それぞれにきちんと表札があり、無事にチャイムを鳴らす事ができました。

お邪魔させて頂いたら、そこは素敵な空間が・・・。
お求め頂きました桐チェストは、ここ最近人気の「温故創新シリーズ」の
別注バージョン。
でも、この作品が和室にピッタリと合ったのでした。

S様。
本当にありがとうございました。

新潟市内といえども、意外と近く、往復、1時間ちょっとで
帰って来れました。
S様。
本当にありがとうございました。

今年最後の戦いです。

      雨。    週末はいつも雨です。

今日もサッカーネタで申し訳ありません。

ここ3週間に渡って行われた、長男いさみの
新潟県新人U-14リーグサッカー大会の最終の順位決定戦が
今日、行われた。

今日臨むのは、13位、14位決定戦。
それも、宿敵である地元のクラブチーム。
昨年の1年生大会で戦い、やっと、やっとで勝利した
チームとの再戦です。

会場であるサッカー場は、高速道路を走る事、約一時間半。
近いとは言えない、人工芝のサッカー場です。
嫁さんと一緒に向かうため、下の子供達3人を義理の母に預け、
今年、最後の公式戦に嫁さん共々、望みました。

到着し、相手チームと共に、K中が試合前のアップをしています。
しかし、相手チームのメンバーがどうもおかしい。

ここのところのインフルエンザの影響で、2年生の主力の
多くが来ていなかったのです。

そして試合が始まり、前半のいい時間帯で先制!!
しかし、その後、ほとんどの時間帯で拮抗した戦いが続きます。
主力がいない相手チームなのに、なかなか得点が奪えないのです。

長男いさみも、見ていてストレスのたまる働きでした。
来年は最高学年です。
中学生活、悔いの無いように、部活動も頑張って欲しいものです。

結果としては、2-1で何とか勝利したものの、
まったくと言って良いほど、喜べない試合でした。(辛口ですみません)

外での試合は今年はこれで終了です。
5月に怪我をして、何とか試合に出れたのが10月。
でも、やっとやれるようになったと、感じたのはここ数週間でした。

そんな状態で、厳しいかも知れないのですが、
サッカーはチームプレー、一人、一人がチームとして
機能しなければ、勝つ事は難しいのです。

正直言って、ここまでは強運と、ツキでこれたこともあったと思います。
来年は、強豪のBリーグ(2部リーグ)での戦いが始りますが、
そこの経験を、何とか、県大会進出につなげていただきたいと思います。

今年一年間、本当にご苦労様でした。
いさみの怪我で、本当に辛い一年間でしたが、
そんなことも含めて、来年につなげていきたいと思います。

私たち夫婦も、今年はいろいろな経験をさせていただきました。
それも勉強でした。
心から、お礼を言わせて頂きます。
ありがとうございました。

早朝から・・・。

     晴れ。  もう12月になるのに、何でこんなに暖かいんだろう。

今朝、2階の寝室から起きてきたら、何だか嫁さんが慌しい!
「お父さん、ちょっと!!」
って、動きをさえぎられた。

「いさみのコンタクトが落ちたって・・・」

実は、彼は私と嫁さんのこんなところが似てしまい、
視力が悪かったのです。

小学校1年生から地元のクラブチームで始めたサッカーも、
徐々にボールが見えなくなってきたという。
さすがに、何とかサッカーできるようになってきたかな?と
思った小学校3、4年生になった時のこと、
ある雑誌の広告に目が留まった。

それは通常のコンタクトレンズではなく、
寝ている間にするコンタクト(オルソケイレンズ)だったかな?でした。

通常のコンタクトレンズは、まだ年齢が小さすぎて無理でしたが、
このオルソケイレンズは、小さな小学生でも出来たのでした。

寝る前に目に入れて、起きたら外す。
そうすると角膜が通常の時に戻り、夜まで見えるようになるのでした。

それから毎晩、レンズを入れて寝る習慣が、
もう、5年ほど経過した頃でした。
最近は、どうも視力がいつものように戻ってこない感じでした。

それで再度、眼科を受診し、新たなレンズを作る事に。
その間、レンタルのレンズをお借りし、2週間後の
新しいレンズが来るまでのとりあえずの日々だ他のですが、
そのレンズが、今日、行方不明になってしまったのでした。

明日は、今年最後になるであろう、サッカーの試合。
嫁さんは、自身もコンタクト経験者ですから、
見えないことの不自由さは手にとるように分かるのでしょう。

長男の部屋から洗面所。
階段から廊下まで必死探すのですが、出てきません。
しかし・・・、工場での仕事から帰って、もう一度探したのでしょう。
メールで、「あったよーーー」との連絡がありました。

いやーーー、良かった。
このレンズ、高いんですよね〜。

明日は、今年最後の最後の公式戦。
視力もこれで大丈夫(かもしれない)
怪我しないように、頑張って下さい!!!

晴れの日を待って。

    雨のち、晴れ。    朝は雨から始りました。

ここのところ、ずーーーと天気予報を気にしていた。
その理由は、桐板(柾板)の板干しを行おうと思っていたのですが、
ここ数週間、全く、すっきりと晴れた日が一日となかった。

桐丸太を購入し、製材も終わっているのに、なかなか干す事が
出来ないまま数週間が経ったので、もう、気が気ではなっかたのです。

そして昨日、ようやくお日様が顔を出したので、急遽、
石山君にお願いして、桐板を干してもらった。
で、天気予報を見たら、今日も晴れの予報!
こりゃ、明日、板を干すしかないな!と思い、今日、決行したのでした。

でも、朝、起きたら雨!
おいおい、そりゃないだろう!!!
と、の思いでしたが、次第に晴れ間がのぞいて来たので
決行できたのですが・・・。

いざ!板干しの作業を開始すると、それまでの雨で
板はびしょ濡れ。
そして、水分を含んだ板は、超!重い!!

しかし、男5人の力を合わせた仕事で、次から次へと
各作業を分担し、それぞれがその仕事を完璧にこなしたお陰で、
何と!!、今日一日かかるかな?と、思っていたのに、
午前中で終える素晴らしい仕事でした。

板干し場から帰ったら、ちょうどお昼。
親方は、「もう終わったの!」と、ちょっとビックリ!!

でも,ホンと、この時をずーーーと待っていましたから
一安心な日でした。

でも、もう一日、板干しの日を設けなければ
ならないんですよね。
寒くならないうちに、早く、干したいものです。

みんな!、今日一日、お疲れ様でした!!!

「京都・奈良」まで。

    曇り。    関西は曇っていましたが、暖かな一日でした。

サッカー三昧の週末から一転、今朝は早朝4時に起床。
そして、まだまだ真っ暗な午前4時半に工場に行き、
準備をしてから、「京都・奈良」に向かい、高速道路を
西へ、西へ向かいます。

「京都・奈良」当然、観光ではありません。
一軒目は、奈良県生駒市のF様
京都での展示会にお越しいただき、ご結婚の桐たんすとして
弊社の和たんすをお求め頂いたのでした。

でも、奈良って何だか時間がゆっくりと流れているような
気がしているのです。
以前にも、奈良県には何度か行っているのですが、
その時も今日と同じようなゆっくりとした感覚だったような・・・。

F様。
本当に、ありがとうございました。

そして、次に目指したのは京都市内。
そこからは近畿道、阪神高速、名神を経由して
約一時間ほど。

しかし、京都市内に入ってからの渋滞はいつもの事。
多分、私が経験した中では、京都市内の交通渋滞が
一番かな?

到着時間の予定が着かない中、目的地のY様の
ご自宅を目指して午後1時前に到着。
市内の中心部に佇む、小さいながらも新しい素敵な
一軒家でした。

設置する場所は2階へ。
階段が回れるかな?と思いましたが、別注で製作させて頂きました
和たんすは、少し、背の低い和たんすだったので、難なく、
2階に設置する事が出来ました。

Y様。
本当にありがとうございました。

桐の蔵のお客様は、関西にお住まいの方々が
本当に多くいらしゃいます。
今年も、もう少し関西にお邪魔させていただく事になりますが、
何卒、よろしくお願いいたします。

声をからして・・・。

   曇り、時々雨。     すっきりと晴れません。

今日も、長男いさみのサッカーの試合。
一昨日のリーグ戦に続き、今日は、2位同士リーグの試合。

私は午前中に、長岡市まで桐たんすのお届けがあったので
すぐには行けず、何とか試合開始までに到着でした。

一試合目は、新潟市内のM中学校。
伝統校の一つで、何とか勝って欲しいと思ったものの、
試合開始数分で、先制され、その後、何とか頑張ってくれたものの
後半、追加点を入れられ、2-0で敗戦でした。

そして、2試合目。
一敗同士の戦いは、新潟県の県央の雄Yサッカークラブ。
しかし、このチーム主力の6人が、ケガやインフルエンザで
欠場。
でも、そんなチームにもK中は、中々、得点が出来ません。

シビレを切らしながら、後半、何とか流れに乗ってきた
K中は、H君のシュートで一点を加える事ができました。

ホント、この試合相手のYサッカークラブに勝てること自体が
奇跡なのですが、こんな事になったのも、K中の強運
なのかもしれません。

そして、来週28日は、一勝一敗同士の戦い。
その相手は、地元のクラブチームである某Jチーム。
ここは、絶対に負けられません。

私はというと、最後の試合で、思いっきり応援したお陰で
声が枯れてしまいました。
やっと勝てたという安堵感で、もう、脱力でした。

ホンと、ここまで来たK中、運も手伝ったのかもしれませんが、
たいしたものです。

でも、明日からは、期末テストが始ります。
全く、勉強していない長男いさみは、どうなるんでしょう。
テスト期間中なのに、サッカーの試合一辺倒。
明日からのテストは、どうなるのでしょうか?

「復活」

     晴れ。   昨日とは打って変わっての晴天です。

長男いさみのK中サッカー部の新人戦・県大会の
予選リーグが先週から始まりました。

先週は、私は展示会のため送迎と応援は嫁さんが。
そこには、5月のあの腰の怪我以来、ずーーーと、長引いていた
怪我から、かろうじて復帰した長男がいました。

先週は、強豪クラブチームに1-0の敗戦。
応援していた嫁さんの話によれば、ホント、残念な試合だったらしい。
そして、長男いさみは?というと、走れなかった頃からすればだいぶ
復活しました。との事でしたが、やはりまだまだ筋肉は戻っていないようでした。

そして昨日。
大雨と強風の中、今度は私が送迎と応援。
予選リーグの2試合が行われたのですが、一試合目の新潟U中とは、
2-0で敗戦。
そんなに力の差はなかったように思うのですが、完全にボールは
回されていました。

そして2試合目は、Sサッカークラブ。
この試合、風上をとった前半からさい先の良いゴールが決まり先制!
そして、その後もゴールが決まり終わってみれば6-0の勝利!

まあ何とか1勝出来たね!とご父兄さん達と話し合い、
リーグ3位で、明日の3位リーグ進出か?と思ったのもつかの間、
何と、3チームが1勝2敗で並び、得失点差で
K中が2位リーグへ進むことに。

昨年の1年生大会(プレミア)といい、今年の中越地区大会優勝といい、
このチーム、何か持っている!(みたい)

確実に、引退した3年生チームよりも戦力はお呼びもしないのですが、
その分、運があるような・・・。

長男いさみはというと、一見すればもう普通なのでしょうが、
確かにまだまだ筋力が戻っていないし、動きはもうちょっと?っていう感じでした。
でも、あの走れなかった頃の事を思えば、チームに迷惑がかからないところまで
戻ってくれただけでも・・・。

明日は、午前中は桐たんすのお届け。
その後、会場であるアルビレッジまで応援に行きたいと思います。

ホント、長かった6ヶ月間でしたが、こうして元気に
サッカーが出来るようになって本当に良かったです。
明日もいい試合が出来るように願っています。

中学生がやって来た。

    雨のち、曇り。     久しぶりに雨が止みました。

今日は、私の母校であり、長男いさみも通う中学校の
3年生の生徒たちが、職業体験ということで、桐の蔵にやってきました。

今日は、市内の3軒の桐たんす工場と、1軒の酒蔵に
職業体験に行くとのこと。
その一つに、桐の蔵も選ばれたのでした。

午後2時を過ぎた頃、K中の3年生7名が到着。
桐の蔵の工房は、小さく、狭いので、7名でもちょっと辛い。

でも、さすが!母校。
本当に、みんな良い子達で、行儀もよく、質問もしっかりとし、
受け答えも素晴らしい子供達でした。

その前兆は、事前の子供達からの電話でも感じていました。
班長である子供からの電話だったのですが、その電話の
話し方は、本当にしっかりとした話し方でした。

そして今日、実際に子供達に会って、納得しました。
皆さんが、本当にいい子達で、そして、職業体験と言う
意欲も、それぞれの生徒たちから感じ取る事ができました。

で、何と言っても盛り上がったのは、実際に組み立て職人の
「小池さん」と「横山さん」の実演と、カンナ掛けや、ノコギリの
体験でした。

初めてのカンナ掛けに四苦八苦しながら、カンナを引く生徒たち。
それをカメラに収める同級生。
そして、次から次へと体験させてくれる職人さんに、
子供達は遠慮しながらも、その目は生き生きと輝いていました。

思わず、盛り上がってしまい時間も忘れるほどでしたが、
まとめの時間になって、慌てて現場を離れ質問に移ったくらいでした。

最後の質問では、それぞれが思い思いの質問を頂き、
終了時間の午後4時になってもまだ、終わらないほどでした。

桐の蔵には、いろいろな学校さんからの職業体験のご依頼を
頂きますが、そんな中でもホント、素晴らしい子供達でした。

私自身は、どこまで説明できたか、どこまで伝えられたかは
分かりませんが、あっという間の1時間半でした。

K中三年生の皆さん。
ありがとうございました。
そして、これからの受験、頑張って下さいね〜。
桐の蔵から応援しています。

「お父さん、サッカーやろう!」

     雨。    今日は寒い一日でした。

特に!ここ数週間、桑原家の次男たっくん(年長6歳)がサッカーに
気合が入っている。

長男いさみ(中2)が小学校から、ずーーーとサッカーをやっている
姿を見ている影響もあって、気づいたらサッカーボールが
身近にあった影響もあるのかもしれないが・・。

少し前までは、サッカーに連れて行っても恥ずかしがって
中に入れなかった次男ですが、熱狂的な嫁さんのお陰もあって
秋にU-6の大会に出てから、どうやら彼のサッカーのスイッチが
入ったらしい。

私が帰宅すれば、「お父さん、サッカーやろう!」と
毎日のように言ってくる。
少しでも帰りが遅いと、工場にまで電話が掛かってくる事も・・・。

先週までは、3週間連続で週末は展示会でしたから、
私は留守。
そんな時でも、保育園の年中さんのご父兄さんが、サッカー経験者で
現在もクラブでプレーするお父さんと一緒に、連絡を取り合って
体育館で練習するなど、もう、保育園児の枠を越えてしまっている。

最近は、心なしか、キックの威力が増してきているような・・・。
でも、毎日誘われると、私のランニングが出来ないのですが・・・。

これも、一生懸命に尽くす嫁さんのお陰。
あまりにも一生懸命なたっくんの姿を見て、またアディダスの
サッカージャージを新調したりしています。

好きな事を、一生懸命。
それを続けてもらえれば、それで良いと思うのです。
でも、サッカーって面白いですよね。

「楽しみにしています」と・・・。

     雨。   ここのところ、ずーーーと雨です。

数日前、富山県に住むお客様から、お問い合わせを
いただいた。(実は、それが後にご注文になったのですが)

来年の1月に結婚するための、お嫁入りたんすなのですが、
そのご注文いただいた桐たんすは、伝統的な婚礼桐たんすではなく、
桐の蔵のお客様(広島県のS様)の温故創新シリーズを見て、
「こんな桐たんすが欲しい!!」とのことで、その桐たんすを参考に
新たにデザインを加えて、ご注文をいただいたのでした。

この桐たんす、ちょっと違う!
桐の蔵の「温故創新シリーズ」が、そもそも他とは
大きく違うのですが、それに輪を掛けて、大きさも
デザインも、一回り違った作品なのです。

先日、ご注文を頂いたH様ご家族にお会いしたのですが、
お嬢様もお母様も、本当に良い方で、桐の蔵のもの作りを
実際に見ていただき、納得していただけました。

その時の帰り際の一言がこれでした。
「出来上がりを楽しみにしています」

この言葉って、職人冥利に尽きると言うか、
気合を入れ直してくれると言うか、真剣になる。

これからこの桐たんすの木取りを始めていきます。
楽しみに待っているお客様の顔を思い浮かべながら
しっかりと仕事をしていきたいと思います。