2007年 11月 の投稿一覧

明日から師走です。

    晴れ。   朝は、寒かった・・・。

とうとう今年も残すところ、あと、一ヶ月となってしまった。
年を重ねるに連れて、一年はあっという間に過ぎていくと
言われるが、ホント、そのとおりだ。

特に、今年なんて、常にバタバタしていて、つい、この前までは
お正月だったような気さえしてしまう。

毎年、12月は展示会もなくゆっくり過ごせそうなのだが、
今年は、桐たんすのお届けが、関東、関西と年内お届けが
入っていて、年末までは気が抜けない年です。

でも、明日からの週末は、工場には行くものの、
いつもよりは家庭サービスが出来る週末になった。

そんな時には、嫁さんが、「お父さん、これお願いね・・・」と、
休みならでは、仕事が増える。
でも、それは、仕方のないこと。

これから年末に向かって、家庭での仕事量が
増えてきそうな気配です。

茶畑と、みかん畑を抜けて・・・。

   晴れ。    静岡は暖かかった・・・。

今日は、9月に初めて展示会を行った静岡市で、
桐たんすをお求め頂いたY様へ、桐たんすをお届けに伺った。

事前に、到着時間が読めなかったので、午後のお届けと言う事で
こちらの出発を午前7時過ぎに。
でも、朝のラシュと重なり、高速に乗るまでにかなりの時間を
費やしてしまった。

やはり、朝のこの時間帯は避けたほうが良かった。
そのお陰で、高速は全開での走行。
バックミラーを常に意識し、警察のお世話にならないように
注意して走った。

静岡県内に入ると、高速道路の脇の山々が、何だか、
オレンジ色に染まっている。
私は、助手席だったので、よく見て見ると、急な傾斜の山に
みかんの木が植わっている。

へーーーーえ、(10へえ)、みかんの木ってこんな急傾斜の
所に植わっていっるのだ!!!と、初めて知った。
それも、高速道路のすぐそばの急傾斜の山にだ。

そして、結構な数のみかんの木が連なっていた。
さすが、みかんの産地「静岡」だけある。
感心しつつ、お客様のご自宅まで急いだ。

無事に、午後1時過ぎに、Y様宅に到着。
敷地は本当に、広い!!!
玄関までは、かなりの距離がある。
この辺の地主さんといった感じでした。

桐たんすをお部屋に据え付け、お茶を頂き、
失礼させていただいた。
Y様。本当にありがとうございました。

その後、高速を走り、遠路、新潟まで戻る。
来るときには気づかなかったが、高速から見える場所に、
かなりの数の茶畑が見える。
これも、さすが、静岡だ。

私、静岡でお茶って採れるのか疑問だったが、
ホント、ビックリするくらいの広い茶畑が広がっていた。
静岡茶って、ホントなのですね。

でも、茶畑はきれいな形を整えて、美しい緑色をしていた。
そして、みかん畑もまた、緑とオレンジ色のコンストラクトが
新鮮でした。

ただ、唯一、残念だったのが、今回も「富士山」が
見れなかったこと。

展示会で伺ったときも、重い雲にかかって全く見えなかったが、
今回も、それと同じでした。
多分ここが、富士山なんだな・・・?という感じ。

それだけが、ちょっと心残り。
でも、何よりも、無事に桐たんすをお届けできたこと。
そして、何事もなく帰って来れました。

Y様。本当に、ありがとうございました。

応援している。

晴れ。   ここ数日は暖かく、いい天気です。

人間は誰でも、失敗はある。
当然ながら、私も今だに、失敗するし、
ベテラン職人の小池さんや、横山さんでさえも
失敗する事だってある。

だから、入社一ヶ月の新人君に「失敗するな!」と
言っても、無理なのだと思う。

人って、失敗によって経験し、それを糧に成長していくもの
だと思うから。

でも、失敗したときは、当然ながら怒る。
私の性格からして短気だから、思わず、言ってしまうのだが・・・。

でも、短期的には、失敗し、怒られても
長期的にみれば、失敗も経験の一つだし、
失敗しないで成長するなんて考えられない。

だから、失敗するしないに関わらず、「応援している」
本心は、そこにある。

だから、怒られようが、実は「応援している」・・・。
私も、そうして怒られながら今に至っているから。

まあ、修行の時って、怒られるのが仕事みたいなものですから。

追伸
    
長男、いさみのサッカーも、そろそろ小学校6年間の
集大成の頃を迎えている。
この季節、外でのサッカーは出来ないので、室内での
フットサルの大会が、来週末に予定されている。
それも「応援している」

特に、嫁さんは・・・・・。
頑張ってねと・・・・。

四本目、五本目のお客様です。

   晴れ。  今日も暖かかった・・・。

先週末の仙台での展示会から帰って、一息つく間もなく
今日は、桐チェストと特注の、桐とガラスのショーケースの
お届け。

午前中は、新人君の段取りと、嫁さんの段取りを大急ぎで
済ませ、お届けの準備をして、終えた。

一軒目は、隣町のY様
今までに御嬢様のお嫁入りに際して「桐チェスト」を3本
買っていただいたお客様だ。

今回は、奥様のたってのご注文で、前面がガラスで
帯などを飾れる、桐とガラスのショーケースをお作りさせえて
頂いた。

ご自宅の床の間には、「利休」の書が飾られ、いい雰囲気。
そこに、このショーケースを飾る。
どんな感じになるのか、楽しみです。

その後、高速道路を走り、新潟県の下のほう、上越市まで。
2軒目のお客様も、なんと!!、桐の蔵のチェストと桐たんす
を計、4本もお求め頂いている、大切なお客様です。

今回は、五本目となる、桐チェスト。
本当に、ありがたいものです。

今週の予定をカレンダーで見ると、明後日は静岡、
翌週は、神奈川県の逗子市までの、配達が続く。

裏を返せば、買っていただいたお客様のもとへ、
桐たんすをお届けしにいくので、反面、楽しみでもある。

展示会以降、お会いしていないお客様。
どんなご自宅なのか?
桐たんすを喜んでくれるのか・・・・?

不安と、期待をもって、大事に桐たんすをお届けさせていただきます。

終わりよければ全て良し。

   晴れ。   いい天気、暖かかったし・・・。

週末は、今年最後の展示会となる宮城県仙台市での展示会。
勤労感謝の日となる23日の夕方に出発し、その日は、
何もせずに、現地泊。

そして、翌24日の土曜日の朝に搬入と準備、その後
展示会の本番と、慌しい一日でした。
展示会場の都合で、当日搬入、当日準備と、
心臓に悪い出だしでしたが、この展示会、本当に、
多くの方々にお出かけいただき、今年最後と展示会にしては、
上出来と言ってもいい、最高のエンディングでした。

最初にお求め頂いS様。
そして、桐チェスト3本をお求め下さったK様。
その後、桐チェストをお求め頂いたT様。
そして、2日間とも、お出かけいただき、大阪に嫁ぐ
御嬢様のお嫁入り道具の、「総桐たんす」をお求めいただいた
O様。本当にありがとうございました。

久しぶりでした。
こんな感覚を味わえたのは・・・。

来場する人、する人が、みんな買ってくれるのか?・・・と
思うほどの勢いでした。

仙台という土地柄は、私にはわかりませんが、
確か、数年前もそんな売れ方だった記憶があります。
でも、その後は、数年、我慢の年が続いたのでした。

そして、今回、本当に多くのお客様にお求め頂きました。
良く言うものです。
「終わりよければ、全て良し」でした。

いつも、この日記でも書かせていただきますが、
展示会の結果なんて、全く予測不可能です。

どんなに事前準備をしても、どんなにマーケティングを
しても、必ず成功する確信なんてないも同然なのです。

それは、事前準備をするに越したことはないし、
マーケティングもしないよりは、したほうが良いに決まっている。
(と、思う・・・)

でも、日程や、天候や、その他、色々な条件が絡み合って
いろいろな結果が出る。

良く言われているが、「明日、どうなるか?」が分からないから
面白いし、楽しいのであって、全てが全て、望み通りに行ったら、
楽しみなんて、ないのだと思う・・・。

でも、今回は、成功だったから、その成功した原因は
何だったのか?を失敗した時よりも、真剣に考える。

この一年間、20回以上、各地での展示会を通して、
たくさんのお客様と出会えたし、ご縁を頂いた。
成功した展示会もあったし、売上0円の展示会も正直、あった。

でも、その全てを通して、私たちが作った結果だ。
だから、その全てを受け入れて、また、翌年の展示会の
糧にしていければ良いと思っている。

まだ、今年の総括をするのは早すぎるが、
今年一年間、ご縁をいただきました多くの方々、
本当に、ありがとうございました。

桐たんすをお求め頂いたお客様へのご恩返しは、
最高の作品をお届けする事だと思っています。

常に、技術を磨き、向上する心を持って、
努力していきます。

今後とも、お付き合いいただきますよう、
宜しくお願いいたします。

ほぞ引きと胴付鋸(ノコ)。

    雨のち、雪。     今日もとっても寒い!!!

いつも私が使っているノコギリ。
たんす業界では、ノコギリなんて言わない。
胴付(どうずき)っていう。

これが、目(ノコの刃)が飛んで、使い物にならなくなってきた。
そこで、職人・小池さんに相談したところ、小池さん御用達の
ノコを紹介してくれた。

それは、なんと!!替え刃式の胴付だった。
いつもの金物屋さんがやってきたのが今日。
そして、小池さんが頼んでおいてくれた、胴付を
試しに使ってみた。

軽い切れ味。
黙っていても、切れていく感覚。
これ、すごい!!

当然ながら、頂戴した。
そして、ほぞ引き(縦引き、木目を縦に切るのこ)も
思わず試したら、これもすごい!!
黙っていても、真っ直ぐに切れていく感覚。

今までのノコよりも数段使いやすかった。
替え刃式なんてバカに出来ない。

すぐに、ほぞ引き(縦引き)と、胴付き(横引き)を購入し、
早速、使う。
新しいだけあって、いい切れ味だ。
新人君にも使わせてみたら、「これ、マジ、切れます」だって。

職人の技を支えているのは、まぎれもなくその「道具」達。
道具が悪かったら、その技術の半分も発揮されないだろう。
最高の道具と、最高の技術で、最高の桐たんすが作られるのである。

追伸 
    今週末の、土、日は仙台での展示会です。
    どうぞ、お時間を作って、仙台市の展示会場
    青年文化センターにお出かけ下さい。
    お待ちしています。

念には念を・・・。

   雨のち、雪。    今日も寒いかった。

ここ数日は、大荒れの天気。
昨日の日記にも書かせていただいたが、今年は、雪が
早いみたい。

今日も、仕事中に大きな雷が鳴り、雨からみぞれ、そして
大きなあられも降ってきた。

今週末は仙台での展示会。
新潟から仙台に向かうには、福島県の峠を越えていく。
そこは、雪も多いので、当然ながらトラックのタイヤは、冬用の
スタッドレスタイヤに交換した。

いざと言うときのためにも・・・。

で、週明けは、桐たんすのお届けが相次いでいる。
そのどれもが雪深いところを通ってのお届けなので、
早くも、私のワゴン車のタイヤも、冬用タイヤに交換した。

この辺だけで走っているだけなら、普通タイヤで、何ら
問題はないのだが、桐たんすのお届けとなると、
必ず、県境を走る。

新潟県の県境は、どこを走っても雪が多い地域だ。
だから、冬用タイヤは必ず必要になる。

例え、道路に雪がなくても、冬の天候はいつ変わるか
分からない。
「念には、念を入れてだ・・・」

昨年の冬は、全くといっていいほど、雪は降らなかった。
でも、今年はどうやら違うみたい・・・。

雪国での生活は、「念には、念を入れて・・・」が
基本のです。

もう、そんな季節です・・・。

雪のち、曇り。    初雪です。今日は寒かった・・・。

とうとう、この季節がやって来た。
昨日からの大荒れの天気は、「雪」を持ってくる
前ぶれだったのだろう。

天気予報では、今日は雪のマークが出ていたので、
準備はしていたが、朝のニュースを見て驚いた。

私の住む「加茂市」は、雪がちらほら舞った程度だったが、
雪国の名を知らしめた「新潟県・湯沢町」は、20数センチの
降雪があったとか・・・。

今年の雪は早い。
これが続くとは思わないが、今年は何だか、
雪が多いような、そんな気さえする。

自宅でも、工場でも、もう、ストーブは朝から晩まで
点けている。
ここからが新潟県の季節ですから・・・。

今週末は、仙台市での展示会。
今年最後となる展示会ですから、心配をしつつ、
頑張るだけです。

「終わり良ければ全て良し」
こんな報告が出来るように、今週末は頑張ります。

山は超えたか・・・。

   大雨。   今晩からは雪みたい・・・。

週末は、長男いさみのサッカー(フットサル)の試合で
家族全員が、忙殺された。

土日の2日間、家から約100km余り離れている会場には
高速を使い、時間厳守で行くために、毎朝、5時半起きだった。
日中は何をするわけでもなく、ひたすら応援に熱を入れるのだが
疲れが、じわじわと効いて来た。

昨日は、嫁さんの実家で夕飯をご馳走になり、帰宅したお陰で
嫁さんの負担は少なかった。

しかし、今日は桐たんすのお届けがあり、
何とか、9時までに新潟市まで行かなければならず、
嫁と長男を、会場まで送り届け、ダッシュで、大雨の中、
高速を飛ばして、何とか、S様のお宅まで、桐たんすを
お届けできた。

S様。本当にありがとうございました。

そしてすぐにまた、高速に乗り、試合会場までひたすら走る。
昨日から2日間に渡って行われた「少年フットサル大会」は、
全国大会の予選もかねた新潟県予選。
全県下から、各地域の予選を勝ち進んだチームが
この県大会に来るのですが、さすがに素晴らしかった。

長男いさみのチームは、順調に勝ち進み何と!!4位。
このチームでは、当然ベンチ。
2日間で数分しか試合には出場していないが、
いい経験になったと思う。

それでも、嫁さんの応援には頭が下がる。
自慢の声で、その応援の熱はボルテージが上がりっぱなしだった。
数分間のみ出場した長男にも、大声で応援していた。
ホント、母親って強いです。

出張のときでも経験がなかった、2日連続の早朝5時半起き。
帰ってきて、やっと、緊張感から解放された感じです。

でも、この2日間。
コンビニにお世話になりっぱなしだった。
やはり、こんな時って、コンビニの存在なくしては
成り立たない、今なのですね・・・。

この週末で、忙しい山場は、何とか越えたみたい。
でも、年末の忙しさが、また、やってきます・・・。

出張じゃないのに・・・。

  曇り一時、雨。   明後日は雪っていう予報も・・・。

この週末、桐の蔵は土、日とお休み。
でも、明日は「午前5時半には起きてね!」と嫁さんに
言われている。

今週の火曜日は福井県まで出張で行ったので、
その時は、午前5時起きの、5時半出発だった。

でも、明日は仕事ではなく、長男いさみのサッカーの試合。
それで、5時半起きって・・・。

午前6時には出発しなければ間に合わない会場らしく、
嫁さんは、午前4時半には起きたいらしい・・・。

何だか、出張よりも緊張してきたし、私以外のみんなは、
気合が入っているみたい・・・。

私は、本音は、せっかくのお休みだから、ゆっくりしていたいと
思うのですが、展示会もない、こんな時に限って、こういう
スケジュールになるものです。

明日に備えて、長女と次女は、嫁さんの実家にお泊りにいき、
我々の負担を軽くしてくれました。
ホント、いい子達です。

こうして日記を書いている時も、「お父さん、今晩は飲みすぎダメよ!!」
と、釘を刺される始末です。

早朝5時半は、ホント、真っ暗です。
でも、これだけするのですから、試合は頑張ってもらいたいものです。