2007年 4月 の投稿一覧

5月の日差しの代償は・・・。

    快晴。   この時期の紫外線はすごい!!
 
実質、昨日からの大型連休は、毎年恒例の
29日、桐を植える運動から始った。
毎年の事ながら、本当に、多くの方にご参加いただき
頭の下がる思いでいっぱいです。
遠くから、足を運んでいただきました方々を始め、
会のメンバーの方々の協力なくしては、
この活動は始りません。
この場をお借りしまして、御礼申し上げます。
で、今日は先にも書いたとおり、長男いさみのサッカーの
試合の地区予選第2ラウンド。
昨日の第一ラウンドは、ひやひやしながらの勝利だったらしいが
今日はどうなることやら・・・。
久しぶりに、次男のたっくを一緒につれて行く。
朝は、風が寒かったが、天気は最高!
絶好の、サッカー日和だ。
一次予選を勝ち抜いたチームが、決勝に向けて火花を
散らす戦いだ。
親ってバカだから、息子の動きに一喜一憂してしまう。
ほんとは、チーム優先なのだが、チームが勝てば息子の動きが気になり
チームが負ければ、またまた、息子の動きが原因かと思ってしまう。
結果は、2次予選敗退だった。
嫁は、必死の応援で貢献していたし、同級生のお母さん方も
最後は泣いていた。
私も、思わず、ぐっと来てしまった。
これで、最上級生としての大きな大会は幕を閉じた・・・。
でも、彼のサッカー人生は(サッカー人生かどうかも分からないが)
まだまだ、始ったばかりといってもいいだろう。
なんていっても、まだ小学生だから。
でも息子は、多くのミスや決定的な失点をしてしまった。
だから、チームには迷惑をかけてしまったのは言うまでもない。
でも、今日、プレーした全員、ホント!!!、よく頑張った。
全員が、よくやったと思う。
これからは、また次の目標に向かって頑張ってもらいたい!!
私も、この子達に負けないように、頑張りだけです・・・。

ゴールデンウィーク目前・・・。

雨のち、曇り。      夕方から寒い。

世間では、ゴールデンウィークの話題がもちきり。
桐の蔵のお休みは、カレンダー通りだが、なぜか、
毎年、この連休は桐たんすの配達に費やされる。

案の定、明日も、東京まで桐たんすのお届け。
そして、連休初日も新潟県の長岡市まで、桐チェストのお届け。
そして、追い討ちを掛けるように、後半の連休の前日
5月2日は、神奈川まで桐たんすのお届けが待っている。
毎年、5月の連休は、前年以上の人手とか、
過去最高の、海外旅行などという報道で、
多くの方々が、旅行を楽しむ。
でもその反面、そういった方々を受け入れる仕事の
方もそれは多いはずだ。
私たちは、それとはまた違うが、みんなが休むときに
仕事をするって言うのは、辛いが、以外といいこともある。
私は、どちらかというと後者の方で、みんなが休んでいる時に
仕事をすることって結構、好きだったりする。
なぜか?
それは、仕事がはかどるから。
誰にも邪魔されず、ホント、仕事が進むから。
でも、連休が続くと、そりゃ、少しくらいは休みたいと思うが・・・。
で、明日の配達が終わっても、配達が続きます。
この連休中、長男のサッカーの試合が見れれば本望。
欲を言えば、一日くらいは家族でお出かけできれば最高だな。

総盆の年。

  曇りのち、雨。      週末は晴れるかな?
今日は、朝、工場で2時間ほど仕事をしてから、
弟と2人で、金沢まで、桐たんすをお届けに。
昨年の、新潟県上越市での展示会に、わざわざ金沢市から
お出かけいただいたO様。
今日は、本当にありがとうございました。
御嬢様のご結婚に際して、お着物専用の総盆(全て衣装盆のタイプ)
の別注品。
それも、お母様の思い入れもあった作品でした。
(後日、作業日記にて)
そして、御嬢様の総盆のたんすとは別に、奥様用に
小袖たんすもご注文いただきました。
重ね重ね、御礼申し上げます。
しかし、昨年の秋頃から、総盆と呼ぶ、きもの専用の
衣装盆ばかりのたんすのご注文が多い。
今月だけでも、今回の金沢のO様を始め、神奈川県のF様、
そして、東京都のI様と、なぜか続く。
職人・小池さんも、総盆多いね、と・・・。
このタイプの桐たんす、観音開きの長い柾目が必要なので、
とっても大変。
桐たんすの仕上がりは、ほとんどが材料の良し悪しで決まるが、
この総盆のタイプは、それが顕著なくらい、素材の材料選びに
神経を使う。
作る方の職人にとっても、気の抜けない作業と、技術が
続く作品の一つだ。
でも、ご注文いただくってことは、信用されている証。
これを裏切らないよう、精一杯、心を込めて
お作りさせていただきます。

決戦は日曜日。

   晴れ。  明日は金沢まで桐たんすのお届けです。
桑原家の長男いさみは、今年、小学校6年生。
明日からは、修学旅行で東京(ディズニーランドと浅草らしい)
へ。
初めての遠出で、何だかソワソワ。
親も、心配だが・・・。
で、帰ってきたその週末がもっと気がかりだ。
小学校1年生からやって来た、地元のサッカークラブの
公式戦である、全日本少年サッカー大会の予選が
29日にある。
この大会は、少年サッカーの甲子園とも言われる
全国のサッカー少年が目指す、最大の大会だ。
この大会を目指して、最高学年である六年生を中心と
したチームは、練習を重ねてきた。
先週も、大雨の中、びしょびしょになりながら試合をしていた。
毎日、学校から帰っても、「夕練」と題して、小学校の
グランドに出かけては、ボールを蹴っていた。
はっきり言って、運動音痴のわが息子である。
サッカーを始めた頃は、はたから見ていても、どうにも
ならなかった。
サッカーを辞めようと思ったことは、一度や二度ではなかったはずだ。
でも、いい友達に恵まれたのが幸いだった。
親の目から見ても、いまだに上手いとは、とても言えない。
でも、本人なりに、一生懸命、必死にやっている姿は、
何となく感じ取れる。
我々、両親にも、自分の事はほとんど言わない子。
だから、どうなのかも、あえて聞かないが、
サッカーを続けてきた六年間の集大成が、この週末からの
予選だ。
サッカーはチームプレー。
一人だけ上手くても、一人だけ目立っても、チームは
機能しない。
全員が、一つになって頑張って欲しい。
予選初日の29日。
私は行けないが(私がいないほうが勝つと言う
嫁さんに応援を託して、陰ながら応援しています。
決戦は日曜日。
それを勝てば、30日の月曜日が勝負どころです。
頑張れ。
加茂Fcj、15人。

自然との戦い・・・。

   
   晴れ。        今週は晴れかも・・・。
10数年前から、桐たんすの町にちなんで、子供が
生まれた記念に、桐を植えるという運動を始めてきた。
毎年、数本ずつだが、植樹していただく方があり、
ずーーーと続いてきた。
でも、新たな植樹は今年で終了する。
植樹場所の確保が難しくなってきたのが、直接の原因だ。
毎年4月29日の旧みどりの日に植樹を行ってきた。
その準備のために、先週、植樹場所に向かった。
でも、・・・・・・。
今年は暖冬で雪もなかったのに
3本もの桐の木が倒れていた。
ホント、ショックだった。
で、今日、その植樹者の方にお詫びの連絡を入れた。
当然ながら、その反応は厳しいものだった。
こんなところで言い訳は出来ない。
そんなつもりもないし、私は、正直に伝えるしかないから。
自然界のものは本当に難しい。
年間の管理費をいただいているので、私たちの管理
ミスといわれても仕方がない。
私が、植樹者だったら、今日、お電話した
方々と、同じ反応をしたと思う。
どう考えても、ショックだから。
木という生き物を、傷つかせづ、枯れさせず、何事もなく
成長させるのは、言い訳ではないが、難しい。
でも、それをやった以上、責任は私にある。
木がダメになった方々と、植樹祭の日にお話させていただく。
私としては、精一杯のお詫びと、償いはさせていただきます。
でも、それでダメだったら。
覚悟します。
私が始めたことですから。

僕、ほーくえん、行かない!!

   
曇り、時々、雨。   桜が散り始めています・・・
三歳になった、桑原家の次男たっくんは、4月から保育園。
入園式は、お母さん同伴なのでなんなく、パス。
でも、そこからが大変だった。
たっくんを含め、桑原家の4人の子供たちは、保育園の
入園からの馴染み方も、それぞれで面白い。
今でも思い出されるが、一番大変だったのは、長男いさみ。
長男と言う事もあるし、嫁さんが長女の出産で、いさみの入園式に
行けなかった事もあると思うが、ずーーーと、泣いていた。
私が入園式に一緒に行ったのだが、それは、それは大変だった。
その後、長女、次女と続き、今回が4回目。
私は、出張続きで、たっくんの入園式からの
様子は分からなかったが、大阪から帰って初めて、気が付いた。
朝のたっくんの様子が明らかにおかしい。
漫画でいう、「ダーーーーーンって、落ち込んだ時の顔そっくりだから」
そして、最近は、「たち、ほーーーーく園行かない!!」って。
幼いながら気持は伝わってくる。
みんなが必ずと言っていいほど経験することだからって、
嫁さんは結構、厳しい。
でも、ここ数日、何となく慣れてきたみたい。
この子、保育園に慣れたのは、結果として、一番早かったみたい・・・。
週末は、保育園お休みだからもう、元気!!!
休み明けって・・・。
がんばってね。
たっくん!!!

振り出しに戻る。

   晴れ。     暖かい。桜は散り始めた・・・。
こんなところで発表しないほうがいいと思ったのだが、
とっても残念だっったので、言わずにはいえなかった。
昨年の5月に、新人君として入社(?)してくれた、O君が
昨日、退職した。
若干、24歳。
入社してから、これは筋がいいな!と思い、
ずーーーと、期待していただけにとっても残念だった。
きっかけは、ケガだった。
就業中のケガ。
それが結構、本人にとっては重かった。のだろう。
私は、このO君に、一年間、技術と段取りを教え、
ある程度の作業は、任せてもきた。
そんな時の出来事だったので、とっても残念だったし、
本人にとっても、考えたのだと思うが・・・。
やっと、任せられるようになったのに・・・。
これが、私の正直な気持なのだが・・・。
でも、それは本人が決めたことなのだから、
どうしようもない。
「また、振り出しに戻ったな・・・」
と、職人、横山さんがつぶやいた。
「慌てないで、行こう!」とも、言ってくれた。
みんなにも助けられます。
よし、また、新たな新人君を探します。
この業界の課題は、この先をどうしていくか?
これに尽きると思います。

完売 御礼。

  
    くもり。      風は寒かった。
一週間に及ぶ、大阪・阪急百貨店での
「ちちんぷいぷい」物産展が終わった。
ほんと、本当に、多くのお客様が来店し、
私の人生経験で、これほど多くのお客様に接した
物産展は、初めてでした。
そのお陰もあり、1月から作りためていた、数百個の
米びつは、最終日の終業時間3時間前の午後3時に
「完売」。
それは、それは本当に、お求めいただいた多くのお客様に
この場をお借りして、お礼を言わせていただきます。
「ありがとうございました」
土曜日には、「加藤」様、そして、神戸からは「濱田」様。
お土産までいただきましてありがとうございました。
大阪・初体験の百貨店での物産展。
それは、それは、楽しさあり、冷や汗ありでした。
でも、大阪のおばちゃんは、ホントすごい!!!
「兄ちゃん、まけてえな!!」
「いくらになるん?」
毎回の接客がこんなふうです。
でも、そんな中、最終日には、感動がありました。
「鈴木さん(作業日記担当)いない?」と、
あるご夫婦。
話を聞くと、物産展2日目に米びつをお求めいただいた
ご夫婦でした。
最終日にもう一度、鈴木に会いに来たとのこと。
これだけでも、嬉しいことですが、
その後も、私と一緒に、米びつを他のお客様にも
すすめていただき、売ってくださったのです。
大阪のおばちゃんって、ホントすごい!!!
で、それからもすごかった!!!
あんた、お昼食べたん!!
鈴木は、食べてないって言ったから、お菓子あげたん(大阪弁あってるかな)
そして、極めつけは、地下の食料品売り場まで行って、
私に「これ、お子さんに食べさせな」って言って、
お土産まで買ってきてくれた。
ホント、大阪のおばちゃんの人情に触れた。
お土産を持ってきてくれる、お客様。
そして、米びつを買ってくれ、再度、わざわざ来てくれて
気にかけてくれ、お土産までいただいた。
こんな事、本当にありがたい。
行く前に、「いいご縁がありますように」と、
言っていたことが、実現しました。
今回は、売上と共に、
出会いと、ご縁が、とっても感じられた一週間でした。
出会いって、お金では買えないし、
これ以上の財産は、ない様な気がする。
一緒の売り場で出会った、業者の方々にも、
ホント、助けられました。
ひとと、人との出会い。
そして、素晴らしいご縁を得た、素晴らしい
一週間でした。

満開の桜を後に・・・。

    晴れ。      明日は雨です。
気になって気になって、仕方がない、大阪阪急百貨店での
「ちちんぷいぷい」物産展。
弟が明日まで行ってくれるのだが、明日からは週末ということで、
朝一番の飛行機で、大阪に向かいます。
それからは、今度は、私が一人なのですが・・・・。
頑張ってくると言うよりも、いいご縁がありますように。
今の心境・・・。
楽しみであり、不安でもあります・・・・。

12時間戦い。

    
    晴れ。   でも、明日は雨かも・・・・。
昨日の大阪から帰って、今日は工場の現場。
次から次へと、仕事に追われ、またまた、土曜日から
大阪に行くので、その段取りにも追われる始末。
でも、思いは、大阪・梅田での「ちちんぷいぷい」物産展が
気になってしょうがない。
行っているのは、弟(作業日記)一人。
ほとんどの出展業者は、最低でも二人で来ている。
でも、少数精鋭(言い方は素晴らしい)の桐の蔵は、
初日でこそ二人だが、今日からは一人で。
だから、昼食はおろか、トイレや配送の受付などで
売り場を離れることも多い。
でも、そこはダッシュと根性で乗り切る。
朝は、午前9時に売り場に行き、
仕事が終わるのは午後9時だと言う。
大阪の百貨店は、なんと!!!午後9時までの営業なのだ。
だから、一人で行っている弟は、ずーーーーと12時間労働だ。
それも、立ちっぱなしだ。
そりゃ、疲れる。
あまりに心配なので、終業の午後9時過ぎに電話したが
繋がらなかった。
後で、電話が着たが、声はヘトヘト。
あーーーーー、疲れてるな。って感じだ。
明日、一日だけ頑張って下さい。
その後は、私が行きますから。
でも、大阪ってすごい。
東京の百貨店でさえ、終業は午後7時30分だったと思う。
さすが、大阪商人。
私も、腹をくくって土曜日から行ってきます。
新潟県人は、大阪商人にはない、って言うか
負けないくらいの、地道な忍耐力があるような気がする。
よーーーーーし。
頑張ってくるぜ。