2007年3月28日

インフルエンザ。会社にも・・・。

   晴れ。    朝、雷が鳴った・・・。


展示会が終わって、代休を取っていた弟(作業日記担当)が、
代休が終えても会社に来ない。


そして、今日も休んだ。


原因は、インフルエンザ。
大人も、インフルエンザになるんだな~。


でも、さすがに二日休まれると、結構響く。
今日は、新潟市内に桐たんすのお届けに上がる日。
でも、何となく休むのではないか?という、予感は的中。


で、職人・横山さんと桐たんすをお届けに。


だから、私の仕事の範囲が広がる、広がる・・・・。
やっても、やっても終わらないと言う感じ・・・。


だから、健康が一番!!!!


もう、子供じゃないんだから、しっかりしろ!!!と言いたいのだが・・・。

2007年3月27日

一生、現場主義。


  


    晴れのち、曇り。      でも、気温は暖かくなってきたなぁ。


桐たんすの業界に入って、もう、21年になる。
えっ、、、21年だとは・・・。


高校を卒業して、そのまま、祖父の遺言であった、和歌山県の
桐たんす工場に修行に行かせてもらった。
それが18歳のときだ。


そこで2年間お世話になり、その後、桐の蔵の前身である、
桑原たんす店に入り、そこからが修行であり、前途多難の
連続でもあった。


でも、私は、修行時代も含め、ずーーーーと現場が好きだったし
今でも、現場である。


事務所に詰めっぱなしの事務方ではないし、外回りの営業でもない。
ましてや、社長業専門でもない。


その全てをこなしながら、基本は現場である。
今日、現場で久々に、ある仕事をしながらこのことを再確認した。


私にとっても久しぶりにやった、この仕事。
久しぶりでも体は覚えている。
これも、現場で築き上げた証子。


桐の蔵は、ホントに、小さな工場なので
親方も、私も、弟も、自分の事だけやっていたのでは、
工場が成り立ちません。


経営する立場である、私たちが率先していくことで
職人である、みんなが付いて来てくれるし、
士気も上がるのだ。


これって、みんなが一緒に現場で仕事をしているからだと
私は思う。


親方は、もう70歳。
今まで、ずーーーーーと現場だったし、
これからも、現場だと思う。


これが、職人だと思うし、親方の生き方なのだと思う。
当然、私も、一生、現場を貫きたいと思う。


現場は楽しい。


全ては現場にある。
現場は、職人にとっての全てです。


2007年3月25日

必死に、押さえていました・・・。

   雨。     すぐに晴れる予定だったのに・・・。

今日まで、新潟県上越市での展示会。
昨日は、ホント、多くのお客様にお出かけいただき、
お求めいただいた。


でも・・・。

今日、午前9時42分頃、皆さんも報道等で
お知りになったと思います。

私たちは、展示会の準備と、はるばる長野市から
お出かけいただいたお得意様とのお話の最中でした。

突然、グラグラ~~~、と揺れ始め、その後、
地面から突き上げるような揺れが、しばらく続いた。


私、2年前に新潟県で起きた「中越地震」を体験していない。
だから、今回の震度4は、もしかして生まれて初めて
体験した大きな地震だったかもしれない。


揺れが大きくなったとき、私のとった行動は、
すぐさま、桐たんすを押さえていました。


ホント、それ位、すごい揺れだった。(会場の上越市は)


震源地に近い富山県や石川県のお客様は大丈夫だろうか?
今回被害に遭われました、多くの方々に心より、お見舞い
申し上げます。


一日も早く、復旧、快復しますよう、お祈りしています。

頑張って下さい。

2007年3月24日

上越市での展示会。

 

晴れのち、雨。  暖かかったけど雨です。


今日から、新潟県の下のほうの上越市で展示会が始った。
今月は、展示会が多く、これを含めて3会場連続での展示会
だが、これも、また楽しみ。


張り切っていきましょう!!


今日は、朝早くから、展示会に来ていただきました
O様。何度も、足を運んでいただきまして
ありがとうございました。


また、桐たんすと、桐チェストをお求めいただきまして
この場をお借りしまして御礼申し上げます。


今回の展示会は、思っていたよりもお客様の来場が
少ないなーーーーと、感じてしまいました。


出だしは良かったのですが、時間を追うごとに、
えっ、、、、今回は・・・・。


でも、お客様が少なければ少ないなりに、疲れるものです。
明日は日曜日。


いつも、この会場の展示会は、最終日に多くの
お客様が来て頂けます。


明日も、お待ちしています。


2007年3月23日

つっ、、、ついに我が家にも・・・。

  晴れのち、曇り。      今、梅の花がきれいです。


暖冬だったこの冬。
でも、3月に入ってからは本当に、遅い、遅い冬がやって来た。


12月、1月、2がつには全く降らなかった雪が
3月に、少しだが降ったという感じかな・・・。


そのお陰なのか、分からないが、今、地元の小学校では
インフルエンザが真っ盛りだという。


いつも学校から帰ってくると、長女の未帆が、
「今日、10人休んだよ」とか、次女有卯ちゃんが、
「今日、8人休んだ」などと、報告してくれる。


3月になって寒さが増してきて、ウイルスも
増殖してきたのだろうか。


そして、桑原家。
2、3日前から、長男いさみが咳き込みだした。


別に、風邪かなと思っていたが、なんと!、一昨日の晩は、
一晩中咳き込み、終業式という大事な日なのに、そして、
今年度、この日、学校に行けば皆勤賞だったのに、ダウン!


通知表は、未帆ちゃんが先生から預かってきてくれた。


そして、今日は6年生の卒業式。
前日から快復の兆しが見られない、いさみ。


またまた、大事な卒業式も欠席。
様態が一向に快復しない息子に、????だと思い、
また、お医者さんに行って、今度は検査。


「インフルエンザです」と・・・・・・・。

今、この部屋には彼が起きてきていて、インフルエンザ菌を
ばら撒いています。
マスクをしているが、目に見えない菌はそこかしこに・・・。

他の子どもたちと、私と、嫁さんにも移りませんように。
私は明日からは展示会。
そして、この後、3週間連続で展示会。


移すなよ・・・。


で、彼は、今週末のサッカーの試合は無理。
すみません。みんな。


ご迷惑をお掛けします。

やっぱり。
何をおいても、健康第一です。


2007年3月22日

おはぎ作ったか?・・・

   
    晴れのち、雨。     やっと、雪が収まったかも・・・

今日、朝礼の前の雑談の時に、職人横山さんが、
私に「おはぎ作ったか?」って、聞いてきた。

昨日は春分の日。
お彼岸と言えば、おはぎがつき物だ。


私の嫁さんは料理好きだし、お菓子好きなので、
おはぎを作ることに抵抗はないのだが、
今回はおばあちゃんである、私の母の出番。


数日前から、「おはぎするから」って言われていたので、
家族みんなで楽しみにしていた。


そして昨日。
休日の朝ってゆっくりなのに、なぜか長男いさみが起きた
とたんに、おじいちゃんである親方が、待っていたかのように
おはぎを持ってきてくれた。(当然、嫁さんはまだ布団の中。(汗!)


そのおはぎが我々の朝ご飯。
でも、これが、さすがに美味かった。


私にとっては食べなれた味ですが、あんこの甘さも
ちょうど良く、うーーーーん。いくつでも行けそうな・・・。


朝、横山さんが言っていたが、「もう、おはぎを作るなんて
しかくなるな・・・」って言っていた。

そうかもしれないが、でも、自分で作ったものには
絶対かなわない。(おはぎは。)

今日も、我が家には、まだ、おはぎがある。
いっぱい食べたつもりだが、まだ残っている。


明日も、いさみと食べれるな・・・。

2007年3月20日

腰がワナワナと・・・

  雪、のち曇り。    朝は大雪。


3月もお彼岸だと言うのに、なあーーーんで、朝は大雪
なんだ!!。
ホント、3月に入ってからの新潟の天気には、ホトホト、
困ってしまう。


気温が上がらず、寒いって事は、体にも
当然ながら影響が出る。


昨年の桐米びつの仕事で、腰をグキ!!ってやった
影響が、寒いと出てくる。


今日は、久しぶりに桐米びつの仕上を、あぐらをかきながらの
姿勢でやっていたら、腰に違和感が走った。


一旦そうなると、その感覚は、なかなか取れない。


仕事を終え、帰宅して、すぐにお風呂に入る。
すぐにでも腰を温めたかったので、子供を引き連れて
ダッシュで入った。


当然、腰深く入浴。
でも、相変わらず、ワナワナ感は、消えない。


腰って、一回出ると、なかなか治らないんだよね。
これから嫁さんから湿布を張ってもらって就寝。


明日は祝日。
週の真中のお休みって、ホントいいですね。


ハッピーマンデーもいいけど、昔ながらの
祝日って、何だか、ホッとしたお休みでいい。


明日は、ゆっくりと体を休めたいと思います。


2007年3月19日

久しぶりの休日・・・。

   雪のち、曇り。   まだ降っている雪が・・・。


この週末の日曜日は、3週間ぶりの休日だった。
でも、午前中は新潟市内に桐たんすのお届けに。


だから、正しくは、午後からが休日だった。
でも、半日でも良かった。


家族で○○フェアに出かけ、嫁さんに付き合った。
ホント、久しぶりの家族でのお出かけだった。


やっぱり仕事漬けでも、家族と一緒にいると
リフレッシュするね。


半日だって、有意義な時間だった。


でも、今週から4月18日までは、ずーーーーと
休み無しです。


これも大変。


あーーーーーー長男いさみのサッカーの試合も見れないし、
まず、県外ばっかりなので家にも居ない。

益々、母子家庭って言われそうだ・・・。

休みが取れるのは早くて、4月22日かもしれない。
うーーーーーん。


ごめんね。
子どもたち。


2007年3月16日

ほっ、とする、宿題・・・。

   
  晴れ。でも、雪も散らついた・・・。


昨日、夕食を終え、お風呂も入って、和んでいたときだ、
リビング(カッコいい言い方だが、普通の畳の部屋)
で、子供たちがテーブルを置き、その上に可愛い花柄の
テーブルクロスを掛け始めた。


なにするの?と、思わず聞く・・・。


なんでも、長男いさみの担任の先生から出された宿題らしい。
今の、宿題ってこんなこともするのか?


本人であるいさみは、急須でお茶を入れ、みんなに振舞う。
この宿題、嫁さんは「和み」って言っていたが、
なんだか、妙に、癒されるひと時だった。


長男が入れるお茶を飲みながら、次女がもらってきた
クッキーを食べ、テレビも消してみんなでお話をする。


忙しいひと時を、ふと、忘れられる時間だった。


今日も、そんな時間があったが、いさみに。「何の宿題なの?」
って聞いても、・・・。


まあ、いいや。
何にせよ、こんな時間は作れるようで、なかなか作れない。


一日の中で、「ほっと・・・」できる時間って、必要なのかも知れない。


2007年3月15日

思い通りになんて、なかなかいかない・・・。

   晴れ。    雪が続いたが久しぶりに晴れ間。


人間の人生って、ホントにいろいろなことが起こる。
だから、喜びもあるし、悲しみもあるのだと思う。


毎日毎日が、何ともない平凡な毎日であったら、どんなにか
つまらない人生なんだろうと思う。


私も、今現在、昨年から引きずっているちょっと辛い問題が
2つある。
昨日は、この一つの問題の関係者から夜に電話があった。


その後、ドン!!!!っと、暗くなった。
あまりのギャップに嫁さんが心配してくれたくらいだから・・・。


その問題は、ここでは言う事はできないが、
ホント、嫌なことだ。


でも、人生って思い通りになんて行かない。
それは、みんなそうだ。


3歳の「たっくん」でさえ、そうなのだから、
39歳の私が、思い通りにばかり行くはずはないのだ。


だから、人生って面白いのだとも思う。


思い通りに行くときがあれば、
全く行かないときもある。


今、ちょっと落ち込んでいるので、こんな内容になってしまったが
明日からは、復活したい。(きっと、復活している)


前向きに行きたいけど、時には弱音も吐きたい。
だって、人間だもの・・・。

2007年3月12日

風は怖い・・・。


  雪、そして暴風。   すごい!!!

例年の2月と3月が逆転しているような、ここ数日。
2月は、ホント暖かく、全く雪がない月だったのに、
3月になって、どっと!雪が降ってきたし、今朝の最低気温は
この冬、一番ではなかったのだろうか・・・。


なんでなんだろう?


昨日からの風もすごい。
桑原家の家は、築40年は経っている古い家。


外壁は、もうボロボロで、リフォーム屋さんの営業さんが、
頻繁に来る。って嫁さんが言っていた。


で、ここ数日の暴風。
嫁さんは、風が吹くと心配でしょうがない(らしい・・・)


それも、昨年、干しもの場(洗濯を干す場所)の波アタンの屋根に
積もった雪が、風で滑って、隣りの家のお風呂場の
窓を直撃したのだった。


幸いに、お風呂には誰も入っていなく、難を逃れたのだが
その時に、お風呂に人が入っていたら・・・・
考えただけでも、ぞっとするのだ。


それ以来、嫁さん、雪と風には神経ピリピリです。
だから、今晩も、ゆっくり出来ないかも・・・。


自然の力って人間の力ではどうにもならない。
早く、春来ないかな・・・。

2007年3月11日

刺すような寒さ。


   雪(新潟)。   新幹線を降りたら、刺すような寒さ。


今、東京の展示会から帰りました。


新幹線の燕三条駅を降りたら、さすがに辛かった。
東京駅の空っ風も、寒かったが、さすがに、雪国の
寒さは、そんなものではなかった。


3月に入ってからの新潟の雪。
こんな年もホント、珍しい。


でも、東京は今思うと、暖かかったんだな・・
今日、桐たんすをお求め頂きましたI様
本当に、ありがとうございました。


でも、やっぱり雪国ってハンデはあるな。
今日から、サッカースクールが開催された長男いさみは、
喜んで行ったらしいが、さすがに練習は室内。


これも雪国ならではのハンデだ。


でも、雪国は、それをハンデにしない精神がある。
それは、魂であり、スピリッツである。


もの作りも一緒だ。


寒いからと言うのは、言い訳にしか過ぎない。
寒いから、燃えるものもあるのである・・・。

2007年3月10日

東京の風に吹かれて・・・

    晴れ。(東京)   新潟はどうなんだろう・・・。


ただ今、東京・日本橋で展示会中。


昨日の初日は、HPを見て下さっていたお客様が来店。
プチチェストをご購入いただいた。
K様、ありがとうございました。


また、今日は午前中からは資料請求いただいていた、T様や、
s様からお出かけいただきました。
ありがとうございました。


相変わらず、ここ日本橋は人でいっぱい!
この会場は、そんなに広くないので、ちょっと人が入ると
すぐにいっぱいになる。


なんてったって、日本橋三越百貨店のまん前なので、
人は途切れることがない・・・。


でも、この人達、どこから出てくるのだろう。

今回、ショーウインドーには特別に作った新作を飾る。
それに立ち止まって見るお客様が多い。


嫁さんに書いてもらったポップを真剣に読み、
プライスを見て相談しているお客様達。


それを見て、また、お客様が立ち止まる。
うーーーーーん。
さすが東京である。


で、美女も多い。
これも、さすが東京である。

あっ、、、、お客様です。


2007年3月 8日

行ってきます・・・。


  雪。      なんでこの時期に・・・。


明日からは、東京・日本橋での展示会です。
この展示会に向けて、必死に準備した作品の数々を
是非、会場でご覧下さい。


今は、この展示会の準備から解放され、少しの安堵感ですが、
その反面、明日からの展示会の緊張感が・・・・。


また居ないのーーーーーー、という娘たちの声に
後ろ髪を引かれながら、東京へ行ってきます。


週末は、いろいろあるのよねーーーーーーー!!
という嫁さん。


すみません。
行ってきます。

2007年3月 7日

重なるものです・・・。


   雪。  ノーマルタイヤで何と!配達まで行ってきました。

今朝、起きたら屋根には10cmほどの雪が積もり、
道路にも、新雪がたんまりとある・・・。


工場へ行けるのかな?と思いきや、新潟って道路の真中に
消雪パイプと言う、地下水で雪を消すための水が出る
設備がある。
そのお陰で、何とか工場まで行けた。(ありがたい)


で・・・、ここ数日、仕事が充実すぎて、アップアップの
状態。
工場では、走り、顔は必死らしい。


職人さんも心なしか、私に話し掛けてこない。
(必死さが漂っているからかなーーー)


本人は、そんな感じではないのだが、この先、
これをやって、こうして、ここに電話して、明日の展示会の
用意もしてと・・・、先先の段取りが目まぐるしく、私の頭の中で
グルグルと回っている。


こう言う時って、なぜか、重なるものだ。


私に掛かってくる電話にしてもそうだ。
本当に、集中するように重なるし、
仕事の段取りも重なってしまう。


とかく、人生ってそんなものなんだろう。
100匹目のサルの現象のように、次から次へと
つながってしまう。


あーーーー、今日も、充実した日だった。
こう言う日って、一日があっという間。


明日は東京・日本橋での展示会の最終準備の日。
もう今から段取りが目まぐるしい。


新潟は雪。
東京はどうなのだろう?


今回もどんなご縁があるのか、楽しみです。


2007年3月 6日

タイヤ替えたのに・・・。


  


  雨のち、雪。  昨日は20度だったのに。なぜ雪?

昨日は、ホント、暖かく、ジャンパーを脱いでの仕事だったのに、
今日は、雨から一転して雪。
それも、夕方はこの冬(今は春か)一番じゃないかと
思うくらいの雪だった。


日曜日、あまりの暖かさに車のタイヤを替えた。
でも、そのお陰で、今日は帰れないかと思った。
この時期に、これはないぜ!!


今週末は、東京・日本橋での展示会。
ホントは、車で行く予定だったが、新潟は来週まで
雪みたいだから、新幹線で行くことに。


でも、暖冬だった今年。
この時期になって、雪って・・・。


今も、外は大荒れ。
明日の朝、積もっているかな~。


朝、ノーマルタイヤで工場まで行けるんだろうか?


2007年3月 5日

スーパーな70歳。

   晴れのち、雨。     もう、暖かすぎ・・・。


突然、お借りしていた板を干す場所のオーナーさんから、
今月いっぱいで空けて欲しいと言われた。


何でも、その場所にその会社の倉庫を建てるらしい。
工場の隣りでもあり、長い間、使わせていただいた
桐の蔵にとって、都合のいい場所であり、とっても重宝した
場所であっただけに、残念だ。


そういわれると、短気な親方はすぐに動く。
今月いっぱいまでに、空けてくれれば良いっていったのに・・・


で、昨日の日曜日、決行!!
アルバイトさんを1人頼み、親方と私で朝から行う。
(私は休み無し、ホント、休みたかったけど・・・)


でも、この親方の仕事振りには、ホント、頭が下がる。
もう、70歳である。


私と、アルバイトのおじさんに混じって、一緒に重い板をまとめ、
トラックに積む。


私がトラックを運転するのだが、2台で行くときは、
70歳の親方が、トラックを運転する。


おいおい、大丈夫か?と内心思うが、親方、
難なく、やり遂げてしまう。


でも、そこかしこに疲れてるな?と思うところが
見え隠れするので、そこは無理させないのだが・・・


親方の元気の秘訣は、まずは食欲だと思う。
朝はもとより、お昼なんて、私や弟(作業日記)なんかよりも、
もしかすると、食べる。


そして、晩酌も相変わらずだ。
これが、まずは、元気な秘訣だろう。


でも、さすがに今日は疲れが見えたので、
午後は、帰った方がいいよ!と言ったら、そうだな。と、
帰っていった。


そりゃ、そうだ。
70歳が、日曜日も休まず、体力勝負の仕事を
1日続けるのだから・・・。


私がその立場だったら、まずは、出来ないと思う。
桐の蔵・二代目親方は、本当にすごいぜ!!


私の出る幕なんて当分ないかもしれない・・・。


2007年3月 3日

倉庫のお陰で・・・。


   晴れ。     毎日、晴れだ!


昨年末に完成した、桐板をしまうための倉庫。
通称「板小屋」が大活躍している。


数年の間、桐の渋を抜き、乾燥した板を入れる前に、
桐米びつを焼く作業場に取って代わり、
また、その米びつを在庫する倉庫にも、取って代わっている。


肝心な桐板は、まだまだ、入れる時期ではないので
親方は黙っているが、これが、桐板を入れる時期と重なっていたら
どんなに辛いことか・・・。


この倉庫(板小屋)がなかったら、この米びつの行方は
どうなっていたか考えられない。


人生は、うまくいっているなーーーー。
ホント、今までついている。


で、明日の日曜日は、板を倉庫にしまうため仕事です。


あーーーーー、休みがありません。
来週も、日本橋で展示会だし。


でも、私、休んでられない性格ですから・・・。

2007年3月 2日

工場は遊び場。

   晴れ。  暖かい。

一昨日から、嫁さんにも工場で手伝ってもらっている事を
ここでも書かせてもらったが、嫁さんが来るって事は、
4月から保育園に入園する次男の「たっくん」も一緒に
当然ながら来る。


いつも「来たよーーーー!!」って元気にやってくる。
それでも、今日は、すこぶる機嫌が良かったらしい。


晴れているから、広い工場内で走りまくり、職人さんに愛想を振り撒き、
突然、来られたお客様にも、抜群の笑顔で挨拶していた。


さすがである。
でも、工場内は、危険がいっぱい。
のこぎりの機械が回り、鋭利な刃物がいっぱいだ。


だから、そこは、ホント神経を使う。
正直、微笑んではいられないのだ。


おじいちゃんである、親方は、たっくんが来ると、すぐに
機械の電源を切り、機械を止める。
それ位、敏感にならないと、取り返しがつかないことになるから。


でも、本人は、そんなことはおかまえ無しに走る回る。
一番の微笑みは、台車に乗って、一人でウルトラマンごっこを
していた。


彼、結構、一人遊びが得意です。


私も、小さな頃は、工場が遊び場だった。
今思うと、それも、危険だったんだと思う。


でも、たんす屋に生まれた宿命。
この子も、こんな想い出を背負って、成長していくのだろう・・・。