2006年 10月 の投稿一覧

彼は東京、私は新潟。

東京から帰って来たばかりなのに、今週末の木曜日から
東京ドームに隣接する、プリズムホールで新潟県が大々的に行う
「新潟物産展」に桐の蔵も参加するため、明日から、弟が、
再び、東京へ行く。
この物産展は、昨年から始ったのだが、この時期に行う理由が2つかな?
ある。(と、個人的に思う)
一つは、2年前に起こった、中越地震の復興のためのPRとして。
もう一つは、新米の時期、米どころ新潟のPRとしてではないか?と
私自身は、思っている。
この物産展、桐の蔵からのご案内は、遅れてしまい出来なかったが、
もし、このブログをお読みいただいている関東にお住まいの方々。
是非、お出かけください。
期間は、11月2日から、5日まで。
東京・水道橋の東京ドーム・プリズムホールです。
水道橋駅を降りると、すぐに分かると思います。
神戸のH様の御嬢様。
美味しい味覚がいっぱいですので、お待ちしております。
で、私はというと、新潟県の下のほう、上越市で展示会です。
今回は、すでに上越市が決まっていたので、2会場同時という
桐の蔵では考えられない事になってしまいました。
なので、私のほうは、職人今井君と、新人小野塚、そして親方夫婦という
最強のメンバーで臨みます。
上越市の展示会も時間を作って、是非、お出かけください。

東京・日本橋祭り

昨日で、東京・日本橋での展示会が終わった。
今回も、多くのお客様に起こしいただきました。
この場を借りて、御礼申し上げます。
作業日記で、弟も書いているが、以前、購入して頂いた
お客様が来店してくれる。
これって、本当に嬉しいことです。
そして、お気遣いいただき、お土産までいただく。
どうぞ、手ぶらで来て下さい。
今回は、2組のお客様が来店いただいた。
本当にありがとうございました。
開催日、2日半。
その最終日の日曜日は、何と!日本橋祭り。
会場前の大通りは(日本橋三越本店や、日本橋高島屋店の通り)
は、通行止めになり、警察の音楽隊の演奏パレードに始まり、
各団体の踊りや、よさこい。
そして、大学や、高校、中学校のクラブの演奏がずらりと行進する。
その時間は、約3時間。
沿道は、見物の人がわんさか。
展示会って、かんじではない。
だった、その音量のすごさでは、会話なんてままならない。
そのあいだは、開店休業状態だった。
でも、久しぶりに感動したなー。
今週は、弟は、東京ドームプリズムホールで行われる、
新潟県の物産展に、桐の蔵として参加。(少ないですがチェストを
お持ちします)
私は、新潟県の上越市で展示会。
桐の蔵、始って依頼の2会場、同時の展示会です。
東京ドームプリズムホールでの展示会は、新潟県主催なので、
作品は多くは持ち込まれませんが、食品など多くの新潟の
食から、工芸まで、新潟の魅力が満載です。
新米のコシヒカリももらえるイベントです。
お近くの方は、是非、お越しいただければ、楽しく、
美味しいイベントだと思います。
今週の2日(木)から開催です。
是非、東京ドーム、プリズムホールへお出かけください。
(桐の蔵は桐チェストのみ、展示です)

東京へ向けて・・・。

明日からは東京・日本橋での展示会。
しばし、米びつの忙しさを忘れて、お客様とのご縁を
楽しみに、久しぶりの東京へ行ってきます。
展示会自体も、9月の京都での展示会を終えてから、
久しぶりの展示会です。
どうぞ、お時間をお作りいただき、お出かけいただければ
幸いです。
いいご縁がありますように。

冬が来る前に・・・。

今週に入って、新潟は急に気温が下がったような気がする。
昨日は、山沿いでは、雪が降ったような、そんあニュースも
聞こえてきた。
新潟の秋って短い。
この季節のお日様は、ホント、ありがたく、これから
来る、雪の季節に向けて、太陽を充電しておきたいくらいだ。
気象庁の、三ヶ月予報を、ネットで見たが、今年は、暖冬とか・・・。
でも、ホントのところは、冬になってみなければ分からない。
今週末は、東京・日本橋での展示会だ。
週末の東京の天気はどうなのだろう。
私は、寒がりなので、服装は、防寒対策をしっかりした服装で
出かけようと思っている。
「え、、、そこまでは必要ない!」
でも、心配性の私は、しっかりとフリースを着て
上京するつもりです。

桐とお菓子の関係。

昨日は、富山県高岡市のT様まで、桐たんすと、桐チェストを
お届けしてきたことは、昨日も書いたが、その際の、
おもてなしが、とっても嬉しかった。
桐たんす(和たんす)と、桐チェストをお部屋まで運んで、
一通りの説明を終え、そして、お茶をいただく。
そのお茶と一緒に出された、お茶菓子がとっても、気が利いていた。
その名も、「桐紋」(和菓子・美味かった)というお菓子。
桐たんすをお届けして、いただくお菓子が「桐紋」という。
これって、さすが!(すごい!!)って言う位の、おもてなし。
その場では食べなかったので、帰る時に持たされたのだが、
そのお菓子の名前を見て、ホント、ここまでされると、
うれしいを、通り越すくらい、嬉しかった。
帰り際に、持たせてくれたお土産のお菓子も、ホント、
美味しかった。
嫁さんも、「え〜ーー美味しい」と言い、親方も、富山って
お菓子(和菓子)は美味いな!って言っていた。
一人一人のお客様との、深いお付き合いって、ホント、商売を
抜きにして、そのご縁をいただいただけで、財産だと思う。
ありがたいことに、桐の蔵のお客様は、こういったお客様が多い。
私たちは、幸せモノです。
高岡のT様。
ありがとうございました。

吉田拓郎とかぐや姫。

今日は、早朝に起きて富山県の高岡市まで桐たんすと、
桐チェスとのお届け。
高岡市のT様。
ありがとうございました。
思い起こせば、3年前でしょうか。
富山での展示会でご縁をいただいてから、数年でした。
今年の7月に、わざわざ、桐の蔵にお出かけいただき、
お求め頂きました。
その後、福井県まで足を伸ばして、桐たんすをお届けした後、
今、帰りました。
ちょっと一杯やって、テレビを付けると、「吉田拓郎」でした。
私の年代からすると、少し前なのですが、拓郎は良く聞いていました。
そして、みなみこうせつとかぐや姫も、良く聞いていました。
このテレビ(NHK)を、今、見つつ、書いていますが、
懐かしいと共に、新たな、新鮮さに見舞われています。
拓郎のLP(今はCDですが)を買って聞いていた、中学校の頃を
思い出しました。
でも、小学校6年だったかな、かぐや姫の、22歳の別れはその頃の
私にとっても名曲だった想い出がある。
私は、その後の、浜田省吾、尾崎豊にのめり込んでいくのですが、
拓郎と、かぐや姫は、ほんと好きでした。
このテレビ、見てよかった。
いい番組をありがとう。

ごめん、子供たち。

今日は小学校の子供たちの文化祭(今はフェスタと言うらしい)
昨日は、お客様への集金のあと、満足に仕事が出来なかった。
で、今日は、前々から言われていた文化祭。
昨日、嫁さんに、「明日、仕事したいんだけど・・・」と言うと
ねえ、、、「親、やめる・・・・」と一言。
こう言うときの母って、怖い・・・・。
確かに、いつもいなにのに、居るときぐらいはしっかりしてね。と・・
で、三歳のたっくんを引き連れて、小学校へ。
2年生の有卯ちゃんから始った発表は、5年生の功匠(いさみ)の
発表まで2時間半。
三歳のたっくんはじっと見ていられるはずもなく、暴走。
これも、予想の範囲内だ。
私にとって、久しぶりの子守り。
でも、嫁さんのお母さんの助けもあり、何とか無事に終了。
その後は、義母に子供を任せて仕事へ。
午後からは仕事に集中。
子供たちには申し訳ない。
ホント、仕事って、いつでも出来るけど、子供たちって
その時しかいないのだから・・・
今日も、子供たちの発表のとき、デジカメ忘れてしまった。
ホント、すみません。
で、そんな時、弟が買ったばかりのデジイチを持って登場。
助かった・・・。
ここぞとばかり、撮ってもらいました。
アップできる写真がありましたらお願いします。

怒・・・。おまえなーーー。

先日から、捨てられたボールペンのブログに、コメントを
お寄せいただいた東京のN様。
今回も、困ったことが(というか)・・・・
怒りを通り越して、
もう、何とも言えません・・・。
嫁さんが捨てた、私の愛用のボールペン「ドクターグリップ」
その後、新たに買った新しいボールペン「ドクターグリップ」
それなのに、また、、、、、、、ない・・・。
おい、進(弟)おめ、知らねか?・・・・・と聞く。
うーーーーーん。と言うが、どうやら犯人はこいつらしい。
「おめなーーー。買ったばっからぞ。」
「買って返します・・・。」(やっぱりこいつが犯人だった)
と言いつつも、買ってくる兆しは全くない。
もう、今度からは私の筆箱にしまっておくしかない。
明日また、買って来よう。
今度こそは、愛用って言われるまで使い続けたい.

このほうがカッコいい!

桐の蔵の職人さん達は、常に、カッコいいモノを作ろう!
って思っている。
今日も、職人「横山松雄」と親方が、何やら話し合っている。
横山・・・「このほうが、カッコいいですよ」
親方・・・「そうらな、そうせーや」(そうですね。そうしてください)   
      (絶対そんな口調ではありませんが)
という、会話を二人でしていた。
職人さんは、自らが作る作品には、責任を持っている。
それは、当然のことだし、そうでなければ困る。
今日のこの二人の会話は、チェストの引き出しの前の板の
板目の使い方を話していたのだ。
桐の板目っていっても、天然木なので、それ自体は人間の力では
どうすることも出来ないのだが、それを、受け入れて、では、どうすれば
きれいに見えるのか?を二人で話していたのだ。
これも、きちんとした職人の仕事だ。
職人は、カンナやノミを持って作るだけが職人ではない。
作る過程において、どうしたら使いやすくできるか、そうしたらカッコよく
(美しく)見えるか、も考えながら製作する。
それは、時には芸術的なセンスも(時にはですが)必要になる。
いろんな業界で職人さんがいるが、桐たんす職人は、そういう意味では、
センスはとっても必要(だと思う)
常に、カッコよく。(カッコいい作品をお届けしたい。と言う気持)
常に、正確に。(当たり前だが、ながーーーく使えるモノです)
常に、正直に。(これが信用につながると思うのですが)
(これ、今、書いていて思いついた言葉ですが)
でも、50歳前後の職人さんが、カッコよくって言うのも、
カッコいいじゃないですか。
(本人はそういうカラーでなホント、ないです))
これが桐たんす職人ですね。
センスがいい!!
このセンスが、桐の蔵を支えているのです。

9時就寝のはずなのだが・・・。

私の就寝時間は結構長い。
それは子供の頃、両親から9時には寝なさいよ。と
常に言われて育ったあせいもあり、今でも、9時に寝てね。と言われても
全く問題なく寝れるし、出張のときなんかは、間違いなく、9時には寝ている。
それで、起きるのは、午前7時前。
だから、就寝時間は必ずと言ってもいいほど、8時間は寝ている。
そんな親だから、子供たちにも同じ教育をしてしまう。
桑原家の子供たちは、9時になると、「寝る時間だよーー」と
言われつづける。
でも、子供たち。
テレビは止められないし、本も見たい、そして、果物も食べたい。
だから、自ずと、寝る時間は過ぎてしまう。
結局、9時半を過ぎるだろうか。
最後には、嫁さんの「いいかげんにしないとーー」で、寝るのだが。
皆さんの家庭って、どうなんだろう?
さすがに親御さんが9時に寝るってあんまりないかも・・・
でも、9時に寝ると、ホント、疲れがとれるんだよなーー。