2006年 9月 の投稿一覧

三時のおやつは、かりんとう。

先日、親方がお寺さん(檀家の集まりかな?禅宗です)に行って、
お菓子をもらってきた。
そのお菓子は、地元はもとより、県内のお菓子マニアの方なら
必ず一度は食べたことはあるという、「たなべのかりんとう」
(ホント!美味い、HPあるのかな?)
をもらってきた。
一袋は、我々の子供たちに、一袋は、職人さん達に、そして残った
一袋を事務所で、三時の休憩で食べた。
このかりんとう、一本がとっても大きい。
大げさに言うと、小さな鰹節くらいの大きさはある。
でも、大きさが売りではない。
当然、味で勝負だ。
私は、子供の頃から食べているので、こんなものか?
なんて、思っているが、初めて食べた人は、結構、ぐっ!!とくるらしい。
新潟の物産展なんかで、たまに、見かけることもあるが、必ず、売り切れ。
それは、懐かしい味であり、後を引き味だ。
三時の休憩に親方が食べていたときに、いつもくる、クロネコヤマトさんが、
桐の米びつの集荷に来た。
いつも、結構な数を出すので、思わずお袋が、
「ヤマトさん、かりんとうどうぞ」と差し出していた。
思わず、微笑む・・・。
かりんとうって、駄菓子なのだが、休憩の時に食べるお茶菓子として
ピッタリのような気がする。
ホント、小さなお菓子屋さん(商品は「かりんとう」だけ、マジです)
HPは、まずない思う。
気になる方は、コメントいただければお教えします。
ホント!、素晴らしく、懐かしい、かりんとうです。
(多分、日本一のかりんとうだと思います)

お給料日。

米びつの注文が入ってから、ずっと、手が足らず、
嫁さんにも工場に来て、手伝ってもらっている。
今日は28日。
桐の蔵の給料日の日だ。
前にも書いたが、桐の蔵のお給料は、銀行振込ではなく、
いまどき珍しい、現金支給だ。
でも、私は、直接もらうわけではなく、母が、帰ってから
嫁さんに渡すので、給料日というワクワク度は全くといっていいほど
ない。
今日、工場で、何気なしに、嫁さんから、「今日はお給料日」だね。
って、言われた。
今月は、お給料日を待っていたと言う。
自分に支払われるお給料の総額は当然ながら、把握しているとはいえ、
その使い道は、嫁さんに全て任せているので、どうなっているのかは、
さっぱり分からない。
知っていることと言えば、毎月のお小遣いの3万円がもらえる
事くらいだ。
後は、嫁さんの計画どおりに使われるらしい。
でも、家計や、子供たちのことなど、全てをやりくりする
嫁さんも、それはそれで、大変だろう。
だから、旦那のお給料日が待ち遠しかった訳か・・・。
でも、現金支給って、今、どれくらいあるんだろうか?
今の時代、ほとんどなかったりして・・・。

湿布とサロンパス。

今回の「桐・米びつ」のご注文で、とっても、たくさん
ご注文をいただいた米びつは、「焼き仕上げ」という、
表面を焼いて、焼色を付けた仕上げのものが大半。
これは、ホームページで詳しく書いているが、桐の木地を
トーチと呼ぶバーナーで一個一個、手で焼いていく、とっても
手間の掛かる仕上げです。
なんて言っても、ご注文をいただいた約、9割はこの焼き仕上げ
なものだから、毎日が、焼く作業に追われている。
いつもの私の仕事のペーストしては、午前中は桐たんすの段取りと
その作業。
午後からは、米びつを焼く作業に入る。
午後からの半日で精一杯焼いても、20個が精一杯だ。
焼くだけではなく、焼いた後、すすを落とし、きれいにお湯で拭き、
その後、乾かして、ロウを塗って仕上げる。
ここまでやって、もう終業時間いっぱいだ。
それからは、当然ながら残業(私たちに残業なんてないのだが・・・)
この作業で一番くるのが、焼きの作業。
結構、重さのあるトーチ(バーナー)を持ちながら、焦げないように
手作業で焼いていると、右肩ではなく、左肩に負担がかかってる。
10個も焼けば、左肩には電流が走るくらいの痛さだ。
それを、倍の20個焼くとなると、もう、コチコチを通り越して、
左腕がもげそうな(取れそうな)感じになる。
昨日は20個焼いて、今日も20個焼いたのだが、
多分、昨日の、疲れが取れていなかったのだろうか、
今日は、もう限界って感じ。
思わず、事務所にあった「サロンパス」を母から貼ってもらう。
スーーーーーっとして気持ちいい。
その後、だましだまし続けたが、私も生身の人間ですから・・・。
先回も、書いたのですが、先は長いので、ゆっくり。
なんて、表面上は思うのですが、何せ、まだ、○○○人ほどの
お客様が、首を長くして待っていてくださる現実を見ると、
どうしても・・・。
サロンパスよりも、湿布の方が良いかもしれない。
これから、嫁さんに湿布を貼ってもらいます。
サロンパスは、思いのほか、匂いがきつくて
子供たちには、ヒンシュクでした。
あんまり、無理しないと思うのですが・・・・

スポーツの秋。

今日は、市内の小学校5.6年生が集まっての陸上競技大会が
あったらしい。
以前から、長男の勇みは、なんと!1500mmの選手に選ばれて、
毎日、ヘトヘトになりながら放課後まで練習していたみたい。
(嫁さんから聞いた話)
その成果が今日出ると言う。
昔から、運動神経なんてあるのか?というくらいの
男の子だった。
それが、サッカーのチームに入るようになってから
少しずつ変わってきたかな・・・。
でも、小学生ってやはり、まだ、生まれ持った運動神経が
大きく左右するみたい。
だから、練習はしても、だいたいの結果は予測はついた。
夕方、嫁さんからのメールが来た。
結果は、10位。
思ったよりは良かったかもしれない
(すみません、今回は親バカな内容で)
でも、昨日の夜は、夜の9時までサッカーをやり、
今日は午後から、陸上競技大会。
それが終わったら、また、サッカーの練習。
これった、大人よりハードかも?
でも、この時期はスポーツをやるには最高!
私も、たまには体を動かしたほうがいいかもしれない。

お彼岸とおはぎ。

週末は、お彼岸の入り。
普段だったら、お袋がおはぎを手作りするのが恒例なのですが、
こんなところにも、米びつパニックの影響が出て、今回はなし。
でも、それもさみしいので、私が仕事帰りにコンビニで4個入りの
おはぎを買って帰宅。
でも、お袋からは手作りではないが、買ってきたおはぎが
届いていた。(すみません)
やはり、お彼岸はおはぎだ。
桑原家は、3月と9月のお彼岸は、必ずと言っていいほど
おはぎを手作りしてきた。
これは、桑原家に嫁いで来た嫁さんの義務とも言うべき
しきたりだ。(と思う)
私も、そんな環境で育ってきたので、お彼岸にはおはぎと
思ってしまう。
私は、お酒も好きなのだが、甘いものも好き。
昨日は、子供たちの残した一個のおはぎを
食べたのだが、うーーーん、美味しかった。
やっぱり、日本人の嗜好は「あんこ」かな・・・
私は、こしあん派。
でも、嫁さんはつぶあん派だとか・・・。
あーーー、食べたくなってきた。
甘いものが。

秋桜と、きんもくせいの香り。

昨日の夜は、久しぶりに青年部という異業種の方々と会議をした後に、
懇親会に出席し、遅くまでお酒を楽しんだ。
ここ数日の米びつのご注文に追われ、少しばかりのストレスもあり、
ホント、楽しい宴席だった。
で、今朝は、ゆっくり寝てればいいのに、こんな時に限って
目覚めはいい。
祝日なので、目覚めても家族は誰も起きていない。
もっと寝ていてもいいのだが、体が言う事を聞かない。
前日の帰宅は、12時前後だったのに、起床は・・・。
何で、休日なのに、こんなに早く起きるんだろうか・・。
でも、このお陰で、朝ご飯も勝手に済ませ、8時には工場に着いた。
ここからは、もう、米びつに集中です。
今日は、何個の米びつが出来ただろうか。
午後からは、弟も来てくれて、週明けには、お待ちいただいている
お客様の方には(少なくて申し訳ありませんが)、届くだろう。
今日は、お彼岸。
嫁さんも、宅急便の伝票書きで、ヘトヘトだと思う。
家族みんながそんな感じなんで、休日だけは、少しは長く
寝ていてもいい。
明日は、ホント、久しぶりのオフ。
嫁さんは、買い物に出かけ、私は、相変わらず工場へ向かう。
年内は、もう、ずっとこんな感じかもしれない。
休日の仕事を終え、帰り際の風の香りは、ほのかに
きんもくせいの香りが・・・。
思わず、秋だなあーーーー。と思う。
そうしたら、その隣りには秋桜(コスモス)が。
いいなーー。秋は。
疲れていた体だが、きんもくせいの香りと、コスモスの花の色が
癒してくれた。
新潟の秋がやって来た。
短いけれど、この季節はいい。
雪が降るまでの、短い新潟の秋です。

くしゃみが止まりません。

つい先日まで、暑い暑いと言っていたのがウソのように、
ここ数日、朝晩は涼しいを通り越して、寒い。
でも、出勤時は、何となくTシャツで行ってしまう。
で、帰りは寒い。
そんな気温の変化と、米びつパニックのお陰で
体がついて行かないみたい。
今朝から、ものすごいクシャミに見舞われている。
嫁さんも、クシャミが続いているので、風邪?って聞いたら
花粉症だって。
秋に、花粉症なんてあるんだろうか。
昨日、ここに、体が大事って書いたばかりなのに、
この状態は情けない。
今日は、あったかい焼酎でも飲んで、早く寝よう。
明日も、頑張らないといけないので。

先は長いから。

毎日、米びつネタで申し訳ありませんが、今日もまた、
その話題から。
今日も、まだまだ、電話とメールでどんどん、米びつの注文が入ってくる。
本当にありがたいが、今、ご注文いただくお客様には年明け後のお届け
(でも、決まっていません)と、お伝えしている。
毎日が、米びつと、桐たんすの両方のバランスをとりながらの仕事だ。
米びつばかりに偏ると、桐たんすと、桐チェストのお客様に
ご迷惑がかかってしまう。
だから、このバランスがとっても微妙。
私なんかは、時間帯で、自分に言い聞かせながら、桐たんすと、
桐チェストの仕事、そして、何時から何時までは米びつと、割り切って
仕事をすることにしている。
そうしないと、どちらの仕事も、兼ねることは出来ない。
でも、こうなった以上は、これは仕方がない。
今年いっぱいは、こんな状態が続くと思う。
だから、体だけは、無理しないようにしたい。
ここ数日、余りの注文で、皆が、かなりのペースで仕事を
している。
気持ちは分かるのだが、このペースって、そんなに長くは
続かないのは明らか。
どこかで、無理が出てくると思う。
そうすると、体に支障がくるってもの。
これだけは、何としても避けたい。
仕事が出来るのは、なんて言っても体が資本ですから・・・。
久しぶりに、自宅に帰るのが遅くなってしまうくらいの充実度
ですから、これを楽しもう・・・・。
なんて気分ではありませんが・・・。
まあ、先は長いですから、焦らず、じっくりと作らせていただきます。

本当に多くのお客様に、ありがとう。

連休明けの今日も、始業と同時に、電話が鳴る。
ここ数日、このブログで書いてきた、桐・米びつの注文の電話です。
もうすぐテレビ放送から一週間が経つのに、どうやら、
この勢いは止まりそうもない。
京都から深夜に帰ってきて、ホントは、ゆっくりしたいのだが、
そうも言っていられず、昨日は、一日仕事。
夕方、帰ったら、子供たちが、「ちちんぷいぷい」のビデオを
見ていた。
実は、以前、桐たんすをお求め頂いた神戸のH様が、ビデオを
撮っていてくれて、わざわざ、京都の展示会まで持ってきてくれたのです。
(H様。ホント、ありがとうございました)
この番組、私も始めてみたのだが、ホント、良く出来ていた。
さすが、人気番組だけのことはある。
だから、いまだに、ご注文の電話が来るのだと思う。
コメントを寄せていただいた、M・K様。
ホント、すみません。
工場は、いっぱいいっぱいですが、何とか、早くお届けしたい
気持ちで、みんなで頑張っています。
どうか、お待いただきたいと思います。
「桐の蔵・作業日記」で、工場で製造中の山積みされている、米びつの
写真を、アップさせていただきます。(弟に言ってみます)
米びつをご注文いただきました、多くのお客様。
本当にありがとございます。
職人一同、頑張っていますので、どうか、ご理解いただければ
幸いです。

京都でも、「ちちんぷいぷい」の影響が・・・。

週末の京都での展示会は、今回の「米びつ」の影響で、
いつもは2人で行く展示会の準備もその日は、私一人で出かけた。
弟は、展示会当日の朝に夜行電車で京都入りという強行郡だ。
前日の夜から、どうやったら一人でトラックから桐たんすを降ろせるのか、
寝れずに考えていた。
会場の警備員さんに手伝ってもらうとか、同じ、会場の人に助けてもらおう
とか、いろいろ考えながら休憩もそこそこに、京都に入った。
人生、何とかなるものだ。
考えた結果もあるのだが、ある程度、一通り、一人でトラックから
たんすを降ろせた。(汗だく・・・)
その後は、台車にたんすを乗せて、会場へ。
そして、展示の準備と、ほんと!、何とかなるものだ。(ヘトヘト・・・)
で、今回の京都での展示会、初日。
午前十時に、扉を開けて・・・・・・・・・。
うそーーーーーーーーーーーーーー!
ほんとですかーーーーーーーーーーーーーーー!
そこには、何と!行列が!!!!!!!!!
初、行列でした。
でも、肝心の、「桐・米びつ」はすぐに完売。
ほんと、遠くから、電車賃をお支払いいただき、お出かけいただきました
多くのお客様。
大変申し訳ありませんでした。
多くのお叱りを頂きました。
申し訳ありません。
私どもは、小さな工房です。
いつもは、お客様からご注文いただいた桐たんすと、桐チェストを、
こつこつ、作っている、ホントに零細な工場です。
それが、お客様のご要望で作り始めた「桐の米びつ」がテレビで取り上げられた
お陰で、今は、少し(だいぶ、いや、とても)バランスが・・・。
昨日、京都から深夜に帰ってメールを空けたら、もう・・・・
桐の蔵のトップページと、桐・米びつのページでもお伝えさせて頂いて
おりますが、現在、製造の限界をはるかに超えており、今、ご注文いただいても、
お届けは、来年の春に鳴ります。
それを、ご理解いただき、ご注文いただければ幸いです。
また、遅ればせながら、京都での展示会にお出かけいただき、お求め
頂きました京都のO様。
そして、春から、弊社とのご縁を頂き、今回、お求め頂きました敦賀市の
T様。
そして、先回、名古屋で桐たんすをお求めいただき、東京の御嬢様へ
お届けさせて頂きました、神戸のH様。(お弁当とっても美味しかったです)
本当に、ありがとうございました。
展示会って、本当に、ご縁がありがたいと感じています。
今回、敦賀からお出かけいただいた、T様は、本当にご縁を感じましたし、
神戸からお出かけいただいたH様は、ありがたい。というしか言葉はありません。
毎日放送の「ちちんぷいぷい」に出てから、このブログを読んでいただける方も、
うなぎのぼりに増えています。
「テレビの力ってすごい!」
これも、ご縁を頂いた、方々のお陰です。
本当にありがとうございました。
京都から帰った、祝日の今日も、私も、弟も「米びつ関連」で、一日、
仕事でした。
ありがたいことに、、これは、今年いっぱい続きそうです。
米びつを、お申し込みいただいたお客様。
どうか、気長にお待ちいただければ幸いです。